平成25年3月定例会報告分

  

    3月1日に行った中間報告の内容は、以下のとおりです。

 

  グリーンニューディール基金に係る随意契約及び関連業務等に関する調査特別委員会の活動経過について中間報告をいたします。

  本委員会は、平成24年(2012年)10月31日以降に新聞等で報じられた吹田市の単独随意契約等に係る事項について調査することを目的に、平成24年11月臨時会において設置されました。

  本委員会は、1、地方自治法第100条第1項の規定により、選挙人その他の関係人の出頭及び証言並びに記録の提出を請求する権限、2、同法第100条第10項の規定により、団体等に対し照会をし、または記録の送付を求める権限、3、同法第98条第1項の規定により、調査事項に関する書類及び計算書を検閲し、市長その他の執行機関の報告を請求し、事務の管理、議決の執行及び出納を検査する権限の三つの権限を議会から委任されており、今回の問題が生じた原因を徹底的に調査し、真相を明らかにするとともに、再発防止に向けた検討を行っています。

   委員会設置後、委員会開催のための作業を行う準備会を本日まで18回にわたり開催するとともに、委員会を平成24年12月3日、平成25年1月8日、25日、2月6日、12日、18日、19日、21日、27日の9回にわたり開催をいたしました。

   まず、平成24年12月3日に開催した第1回委員会では、委員会開催のための作業を行う会議として準備会を設置し、その中で調査対象とする市の事務やそれに対する尋問項目の作成、証人喚問や参考人招致などについて協議していくことを決定しました。

   また、12月定例会の開催が直前に迫っていたことから、12月定例会と本委員会の開催等について協議を行い、その結果、12月定例会については、予定どおり12月4日に提案説明を受けることとし、その旨を議会運営委員会に報告することを決定をいたしました。

   次に、平成25年1月8日に開催した第2回委員会では、今後、調査を進めていく上で必要な資料については、市長を初め関係者に対し、地方自治法第100条に基づかない任意の提出依頼を行いました。

   また、1月24日には、今回の問題について職員からも情報を得るため、非常勤職員やアルバイトを含む全職員、約5,100名を対象にアンケート調査を実施しました。

   次に、1月25日に開催した第3回委員会では、市長を初め関係者に対し、追加の資料要求を行いました。

   また、井上市長を初め11人の関係者を次回開催の委員会へ参考人として出席を求め、質問を行うことを決定しました。

   次に、2月6日に開催した第4回委員会では、参考人に対する質問に入る前に、本委員会が全職員を対象に実施したアンケート調査に関して、事前に市長に説明を行った上で実施したにもかかわらず、総務部長名で各部局長宛てにアンケートを実質的に妨害する内容の文書が配付されていたことに対し、委員長から市長に抗議文を直接手渡し、厳重に抗議を行いました。

   なお、アンケートについては全員に提出を求めておりましたが、協力的でない部署もあったため、全体の回収率は約28%になっており、このような職場風土自体が問題ではないかと考えています。

   その後、井上市長を初め11人の参考人に質問を行いました。井上市長に対しましては、太陽光発電設備設置工事に関する決裁について、随意契約の見直しについて、後援会関係企業との契約について、元私設秘書の業務について、井上哲也後援会について、川下地域教育部長(前総務部長)に対しては、グリーンニューディール基金事業に関する決裁及びその経過について、全員協議会及び本会議での答弁について、山中副市長に対しては、決裁における市長への説明要件について、グリーンニューディール基金事業への関与について、松本総務部次長、吉井総務室参事の2名に対しては、グリーンニューディール基金事業に関する決裁及びその経過について、青木総務室主幹に対しては、グリーンニューディール基金事業に関する起案及びその経過について、前村総務室参事に対しては、吹田市役所における法解釈及び事務処理について、川畑資産経営室係員(前都市整備部総括参事)、山辺資産経営室参事(前建築住宅室参事)、阿部資産経営室主幹(前建築課主査)、乾資産経営室長の4名に対しては、グリーンニューディール基金事業の経過について、それぞれ質問を行いました。

   また、質問終了後に、環境部長を初め13人の関係者に参考人として、次回開催の委員会へ出席要請を行いました。

   次に、2月12日に開催した第5回委員会では、出席要請をしていた西野環境政策室主査(前環境政策課主査)の招致を取りやめ、冨田前副市長を初め12人の参考人に質問を行いました。羽間環境部長、後藤環境政策室長、柚山環境部次長、畑澤総務室長(前環境部総括参事)、中嶋企画政策室参事(前環境政策課長)、竹原福祉指導監査室主幹(前環境政策課長代理)、石井環境政策室主幹(前地球環境課長代理)の7名に対しては、グリーンニューディール基金事業の経過について、それぞれ質問を行いました。

   また、冨田前副市長に対しましては、決裁における市長への説明要件について、グリーンニューディール基金事業への関与について、同事業の経過について質問を行いました。

   また、薬師川環境政策室主査(前地球環境課主査)、中川財政室長、大竹契約検査室長、大矢根契約検査室参事の4名に対しては、グリーンニューディール基金事業の経過について、それぞれ質問を行いました。

   また、質問終了後に、市長を初め関係者に対し追加の資料要求を行うとともに、摂津電気工事株式会社代表取締役を初め8人の関係者に参考人として2月18日、19日開催の委員会へ出席要請を行いました。

   次に、2月18日に開催した第6回委員会では、出席要請をしていた株式会社平和工業代表取締役の今川様の招致を取りやめ、かわって同社取締役の今川様を参考人として同日開催の委員会へ出席要請を行い、合計4人の参考人に質問を行いました。

   摂津電気工事株式会社代表取締役の髙津様に対しては、グリーンニューディール基金事業について、井上哲也後援会について、井上哲也氏の元私設秘書について、摂津電気工事株式会社の小笠原様に対しては、グリーンニューディール基金事業(本庁舎照明設備改修(LED化)工事、太陽光発電設備設置工事)について、議員出退表示盤工事について、エヌティ工業株式会社元代表取締役の中野様には、井上哲也氏及び同氏の元私設秘書との関係について、摂津電気工事株式会社との関係について、株式会社平和工業取締役の今川様に対しては、グリーンニューディール基金事業(本庁舎仮設棟高遮熱性塗装工事)について、それぞれ質問を行いました。

   次に、2月19日に開催した第7回委員会では、4人の参考人に質問を行いました。株式会社入谷住研の中川様に対しては、グリーンニューディール基金事業(議員控室窓改修工事)について、加茂川啓明電機株式会社の佐藤様に対しては、グリーンニューディール基金事業(本庁舎照明設備改修(LED化)工事、太陽光発電設備設置工事)について、井上哲也後援会の影山様に対しては、井上哲也後援会について、日本設備工業株式会社代表取締役の松本様に対しては、グリーンニューディール基金事業(本庁舎照明設備改修(LED化)工事)について、太陽光発電設備設置工事について、それぞれ質問を行いました。

   また、質問終了後に、井上市長の元私設秘書に参考人として2月27日開催の委員会へ出席要請を行いました。

   次に、2月21日に開催した第8回委員会では、市長を初め関係者に対し追加の資料要求を行うとともに、エヌティ工業株式会社専務取締役に参考人として次回開催の委員会へ出席要請を行いました。

   また、2月25日には、2月12日開催の委員会で参考人としての招致を取りやめた西野環境政策室主査(前環境政策課主査)に副委員長と池渕委員が委員会を代表して、グリーンニューディール基金事業の経過について聞き取り調査を行いました。

   次に、2月27日に開催した第9回委員会では、二人の参考人に質問を行いました。井上市長の元私設秘書の家城様に対しては、グリーンニューディール基金事業について、井上哲也後援会について、井上哲也氏の私設秘書業務について、エヌティ工業株式会社での勤務実態について、エヌティ工業株式会社専務取締役の髙津様に対しては、井上哲也氏及び同氏の元私設秘書との関係について、摂津電気工事株式会社との関係について、エヌティ工業株式会社について、それぞれ質問を行いました。

   以上が、本委員会がこれまで調査を行ってきた経過の概要であります。

   今回の問題に関しましては、市民の方々の関心が非常に高く、この間、多くの方々が議会に足を運ばれ、審査の様子を傍聴していただきました。傍聴できなかった市民の皆様方にもこの間の調査、審査の経過をお伝えするべく、本日、中間報告をさせていただきました。

   現在、委員会では提出をいただいた資料や参考人の発言をもとに、事実関係などについて整理を行っており、証人喚問等も見据えながら調査を進めています。市長にも協力をお願いしたにもかかわらず、井上哲也後援会に求めている資料が、2月末現在、いまだに提出をされていないこと、また日程調整が整わず、参考人として出席をいただけない方もいることなど、調査すべき点もまだ残っておりますが、可能な限り早期に真相が解明できるように全力で取り組んでいきたいと考えています。

   報告を終えるに当たり、調査に積極的に取り組んでこられた委員各位に対しまして心から御礼を申し上げるとともに、参考人として出席をいただいた方、資料の提出をいただいた方々、また本委員会のアンケート調査に御協力をいただいた職員の皆様方に対しまして厚く御礼を申し上げます。

   以上、簡単ではありますが、報告を終わります。

このページに関するお問い合わせ
議会事務局
〒564-8550 吹田市泉町1丁目3番40号 吹田市役所中層棟3階
TELTEL06-6384-2674(議事グループ) 06-6384-2696(調査グループ)
ファックスファックス06-6338-0920
メールメールgikaigiji@city.suita.osaka.jp メールでの回答をご希望の場合、迷惑メール対策等でドメイン指定受信、拒否設定をされている方は、本市のドメイン @city.suita.osaka.jp からのメールを受信できるよう設定してください。


ページTOP

吹田市議会事務局

〒564-8550
大阪府吹田市泉町1丁目3番40号

電話 06-6384-1231(代表) 内線2307、2305

FAX06-6338-0920


©Copyright 2013 Suita City Council, all rights reserved.