証明申請書-課税所得証明書・納税証明書

手数料と発行可能窓口

手数料

1件につき200円(令和2年4月1日発行分から250円になります。詳細はこちら)。ただし、酒類販売業等免許申請用証明書は400円(令和2年4月1日発行分から500円になります。詳細はこちら)。また、車検用(継続検査用)納税証明書は無料。

※詳しくは、各証明書の説明をご覧ください。


発行可能窓口

税制課(吹田市役所中層棟2階201番窓口)、山田出張所、千里丘出張所、千里出張所。

ただし、収入(所得)の申告をされていない場合は、各出張所では発行できません。また、その他証明書(酒類販売業等免許申請用・公益法人移行認定等申請用など)は、税制課のみでの受付になります。


受付時間は、月曜日~金曜日(祝日・12月29日~1月3日を除く)午前9時~午後5時30分


税の証明書の種類と内容及び申請に必要なもの

税の証明書の種類

税制課で発行している証明書は次の4種類です。(お知りになりたい証明書をクリックしてください)

  1. 課税所得証明書
  2. 納税証明書
  3. 車検用(継続検査用)納税証明書
  4. その他証明書(酒類販売業等免許申請用・公益法人移行認定等申請用など)


固定資産評価(公課)証明書・住宅用家屋証明書などについては、資産税課をご確認ください。

大阪府税(法人事業税・自動車税など)に関する証明書については、府税事務所へご請求ください。

国税(所得税・法人税・酒税・消費税など)に関する証明書については、税務署へご請求ください。


税の証明書の内容と申請に必要なもの

1.課税所得証明書


証明書の内容と説明

(非)課税証明書、所得証明書をひとまとめにした証明書です。

記載内容は、当年度の市・府民税額と、前年中の所得額、所得控除額の内訳、扶養親族の人数等です。(所得控除額の内訳、扶養親族の人数等を省略した証明書もあります。)

証明書の年度や、発行できる市町村については注意が必要です。詳しくは、「証明書の年度について」をご覧ください。


発行可能窓口

税制課(吹田市役所中層棟2階201番窓口)

山田出張所、千里丘出張所、千里出張所※収入(所得)の申告をされていない場合は、各出張所では受付できません。

受付時間は、月曜日~金曜日(祝日・12月29日~1月3日を除く)午前9時~午後5時30分


手数料

1年度につき1通200円(令和2年4月1日発行分から250円になります。詳細はこちら


申請に必要なもの
申請者が本人の場合(現在同居の親族を含む)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら

手数料
※収入(所得)申告の有無が不明な場合は、税制課にお問い合わせください。

申請者が代理人の場合(本人または現在同居の親族以外の方)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら
手数料
備考

※収入(所得)申告をされていない場合は、源泉徴収票など収入(所得)のわかるものをお持ちください。

※税務署で確定申告をされて間もない場合は、税務署の受付印が押された確定申告書の控えをお持ちください。

(→上記のいずれの場合も、先に市民税課での申告が必要ですので、出張所では受付できません。なお、申告に必要なものなどご不明な点がございましたら、市民税課にお問い合わせください。)


2.納税証明書


証明書の内容と説明

記載内容は、市税の課税額、納付済額、未納税額、納期未到来税額です。

対象の税目は、個人の市・府民税、法人市民税、固定資産税・都市計画税、固定資産税(償却資産分)、軽自動車税、事業所税、入湯税、市たばこ税です。いずれも課税がある場合に限ります。


発行可能窓口

税制課(吹田市役所中層棟2階201番窓口)

山田出張所、千里丘出張所、千里出張所

受付時間は、月曜日~金曜日(祝日・12月29日~1月3日を除く)午前9時~午後5時30分



手数料

1年度1税目につき1通200円(令和2年4月1日発行分から250円になります。詳細はこちら

申請に必要なもの
納税証明書(個人用)を申請する場合 納税証明書(法人用)を申請する場合

申請者が本人の場合(現在同居の親族を含む)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード。その他の本人確認書類の例はこちら

手数料

その他必要なもの

※最近、市税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方はこちら

法人の代表者印または法人の代表者印の押された委任状(→委任状の様式はこちら

※申請書に直接押印いただく場合は、委任状は不要です。

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら

手数料

その他必要なもの

※最近、市税を納めていただいた場合は領収書(領収書が発行されなかった場合はこちら

申請者が代理人の場合(本人または現在同居の親族以外の方)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード。その他の本人確認書類の例はこちら

手数料

委任状(→委任状の様式はこちら

その他必要なもの

※最近、市税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方はこちら

申請者が本人の場合(現在同居の親族を含む)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)

手数料

その他必要なもの

※最近、市税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方は、こちらをクリックしてください。)

申請者が本人の場合(現在同居の親族を含む)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)

手数料

その他必要なもの

※最近、市税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方は、こちらをクリックしてください。)

申請者が本人の場合(現在同居の親族を含む)
申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)
申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)

手数料

その他必要なもの

※最近、市税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方は、こちらをクリックしてください。)

申請者が代理人の場合(本人または現在同居の親族以外の方)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)

手数料

委任状

その他必要なもの

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)

※最近、市税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方は、こちらをクリックしてください。)

※最近、市税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方は、こちら)

法人の代表者印または法人の代表者印の押された委任状

本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)

手数料

その他必要なもの

※最近、市税を納めていただいた場合は領収書(領収書が発行されなかった方は、こちらをクリックしてください。)

領収書が発行されなかった場合

・口座振替で市税を納めていただいた方は、通帳または通帳のコピー(口座の名義人と振替日と金額が分かるもの)をご持参ください。

・クレジットカードを利用して納付された場合、納税証明書を発行できるまでに1か月ほどかかります。

3.車検用(継続検査用)納税証明書


証明書の内容と説明

軽自動車等の車検の際に必要な書類です。

対象車両は、吹田市内に主たる定置場のある4輪の軽自動車、250CC超の2輪車です。(主たる定置場は、車検証の「使用の本拠の位置」をご確認ください。)


発行可能窓口

税制課(吹田市役所中層棟2階201番窓口)

山田出張所、千里丘出張所、千里出張所

受付時間は、月曜日~金曜日(祝日・12月29日~1月3日を除く)午前9時~午後5時30分


手数料

無料


申請に必要なもの

車検証または車検証のコピー

その他必要なもの

※最近、軽自動車税を納めていただいた方は領収書(領収書が発行されなかった方はこちら


4.その他証明書(酒類販売業等免許申請用・公益法人移行認定等申請用など)


証明書の種類

酒類販売業等免許申請用証明書、公益法人移行認定等申請用証明書、認定特定非営利活動法人申請用証明書、条例指定(市民公益税制4号指定)特定非営利活動法人申請用証明書


発行可能窓口

税制課(吹田市役所中層棟2階201番窓口)のみ

受付時間は、月曜日~金曜日(祝日・12月29日~1月3日を除く)午前9時~午後5時30分

手数料

1通200円(令和2年4月1日発行分から250円になります。詳細はこちら

酒類販売業等免許申請用証明書は、1通400円(令和2年4月1日発行分から500円になります。詳細はこちら

申請に必要なもの
その他証明書(個人用)を申請する場合 その他証明書(法人用)を申請する場合
申請者が本人の場合(現在同居の親族を含む)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら)

手数料

法人の証明書を申請する場合

証明願(法人の代表者印を必ず押印してください)証明願の様式はこちら

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら

手数料

その他必要なもの

※法人設立・開設届をまだ提出されていない場合は、証明申請の際に必ず提出してください。→法人設立・開設届用紙のダウンロード

申請者が代理人の場合(本人または現在同居の親族以外の方)

申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど。その他の本人確認書類の例はこちら

手数料

委任状委任状の様式はこちら

郵送での申請方法

郵送で申請できる証明書

各証明書の内容などは、それぞれの証明書をクリックしてください。

  1. 課税所得証明書
  2. 納税証明書(個人の市・府民税、法人市民税、固定資産税・都市計画税など)
  3. 車検用(継続検査用)納税証明書
  4. その他証明書(酒類販売業等免許申請用・公益法人移行認定等申請用など)


送付先

〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 

吹田市役所 税制課 宛

(「郵便番号」と「吹田市役所 税制課 宛」と記入いただければ、住所は省略しても届きます。)


郵送で証明書を請求する際に必要なもの

課税所得証明書・納税証明書の場合

下の表のものをそろえて、上記の宛先まで送付してください。申請内容に不備や不足がある場合、証明書の発行ができす、申請書等をお返しする場合があります。

また、証明書が発行可能な状態にあるかを、事前に税制課へお問い合わせください。


1.証明申請書

(→証明申請書の様式はこちら

  • 記入例をよく読んで記入してください。
  • 電話番号欄には、昼間に連絡のとれる電話番号を記入してください。
  • 現在、吹田市外に住所のある方は、備考欄に吹田市での住所を記入してください。
  • 現在、吹田市在住時より、名字が変わっておられる方は、備考欄に吹田市での名字(旧姓)も記入してください。
  • 便せんやコピー用紙などに、申請者の氏名、生年月日、現住所、電話番号と必要な方の氏名、生年月日、現住所、吹田市での住所、必要な証明書の種類と年度、(納税証明書の場合は税目)、使用目的、必要枚数を記入していただいても受け付けます。
2.委任状
  • 申請者が本人及び現在同居の親族以外の場合は、必ず必要です。(→委任状の様式はこちらです。)
  • 法人の納税証明書を申請される場合は、申請書に法人の代表者印を押印していただくか、法人の代表者印の押された委任状を添付してください。
3.手数料分の郵便定額小為替
  • 郵便局で購入できます。
  • 郵便定額小為替には、何も記入せず、そのままお送りください。
  • 証明書1通あたり200円令和2年4月1日発行分から1通あたり250円になります。詳細はこちら)です。お釣りの無いようにお願いします。

4.申請者の本人確認書類のコピー

(→本人確認について詳しくはこちら

  • 運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの法令により交付された顔写真付きの公的証明書の場合は、いずれか1点
  • 健康保険証、国民年金手帳、国民年金・厚生年金の年金証書、介護保険証、後期高齢者医療証などの顔写真の無い公的証明書の場合は、いずれか2点。
5.切手を貼り、宛先を記入した返信用封筒
  • 郵便料金は定型封筒で重さ25gまでの場合、普通84円、速達374円です。それを超える場合は、郵便料金が異なりますのでご注意ください。
  • 宛先は、原則申請者ご本人の現住所をお書きください。やむを得ず別の住所を希望される場合は、申請書備考欄にその旨をお書きください。
6.その他
  • 課税所得証明書を申請される方で、収入(所得)申告をされていない方や、税務署で確定(修正)申告をされて間もない方は、税制課までご連絡ください。
  • 納税証明書を申請される方で、最近、市税を納めていただいた方は、領収書を同封してください。



車検用(継続検査用)納税証明書の場合

下の表のものをそろえて、上記の送付先まで送付してください。

1.(車検用)軽自動車税納税証明申請書(→申請書の様式はこちら)

便せんやコピー用紙に、申請者の住所と氏名、電話番号、納税義務者の住所と氏名、対象車両の標識番号と車名を記入していただいても受け付けます。

2.車検証のコピー
3.切手を貼り、宛先を記入した返信用封筒

郵便料金は定型封筒で重さ25gまでの場合、普通84円、速達374円です。それを超える場合は、郵便料金が異なりますのでご注意ください。

4.その他
最近、軽自動車税を納めていただいた方は領収書を同封してください。(領収書が発行されなかった方は、こちらをクリックしてください。)



その他証明書(酒類販売業等免許申請用・公益法人移行認定等申請用など)

下の表のものをそろえて、上記の送付先まで送付してください。

1.証明申請書

(→証明申請書の様式はこちら

電話番号欄には、昼間に連絡の取れる電話番号を記入してください。

備考欄に、証明書の必要枚数を「必要枚数○枚」とご記入ください。(ご記入がない場合は、1枚と判断します。)

2.証明願

(→証明願の様式はこちら

証明願の用紙に、住所(所在地)、氏名(名称、代表者名)、生年月日をご記入ください。(法人の場合は、法人の代表者印を必ず押印してください。)※証明願の様式は、使用目的ごとで異なります。必ず使用目的に合った様式をお使いください。

3.手数料分の郵便定額小為替

郵便局で購入できます。

郵便定額小為替には、何も記入せず、そのままお送りください。

お釣りの無いようにお願いします。

酒類販売業等免許申請用証明書は1通あたり400円です。(令和2年4月1日発行分から1通あたり500円になります。詳細はこちら)。

それ以外の証明書は1通あたり200円です。(令和2年4月1日発行分から1通あたり250円になります。詳細はこちら)。

4.申請者の本人確認書類のコピー

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの法令により交付された顔写真付きの公的証明書の場合は、いずれか1点。

健康保険証、国民年金手帳、国民年金・厚生年金の年金証書、介護保険証、後期高齢者医療証などの顔写真のない公的証明書の場合は、いずれか2点。

5.切手を貼り、宛先を記入した返信用封筒

郵便料金は定型封筒で重さ25gまでの場合、普通84円、速達374円です。それを超える場合は、郵便料金が異なりますのでご注意ください。

6.その他

法人設立・開設届をまだ提出されていない場合は、事前に税制課までご連絡ください。



証明書の年度について

課税所得証明書の年度は、住民税(市民税・府民税)の課税年度を表します。

例えば、平成30年中(1月~12月)の収入(所得)の内容の証明が必要な場合は、「令和元年度(平成31年度)」を申請してください。

また、課税所得証明書の発行は、通常、その年度の初日の属する年の1月1日に居住していた市町村になります。

例えば、令和元年度(平成31年度)の課税所得証明書は、平成31年1月1日に居住していた市町村になります。

さらに、新たな年度の課税所得証明書が発行できるのは、毎年5月中旬~6月中旬です。

ご自身の証明書が発行可能な状態にあるか、吹田市で発行可能であるかについては、個別に税制課にお問い合わせください。

また、証明書の必要な年度がご不明な場合は、証明書の提出先にご確認ください。


申請書ダウンロード

証明申請書
証明申請書 (PDFファイル; 93KB)

証明申請書記入例(郵送用)  (PDFファイル; 266KB)

証明申請書記入例(窓口用) (PDFファイル; 299KB)

車検用(継続検査用)納税証明申請書 (PDFファイル; 31KB)

車検用(継続検査用)納税証明申請書記入例 (PDFファイル; 35KB)

証明書見本



課税所得証明書見本 (PDFファイル; 237KB)

納税証明書見本 (PDFファイル; 127KB)

車検用(継続検査用)納税証明書見本 (PDFファイル; 60KB)

最終更新日:令和2年(2020年)1月24日

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (中層棟2階)

Tel:

【税制】 06-6384-1243

【諸税】 06-6384-1244


Fax:06-6368-7344

mail:zeisei@city.suita.osaka.jp