ガンバ大阪2019J1リーグ第22節の試合結果

試合結果
1 対 1
 引き分け
  
観客数30,476人
        
Panasonic Stadium Suita吹スタバナー01

試合開催日 令和元年 8月10日(土)19:00~ 

0810広島 (1)_s

0810広島 (2)_s

0810広島 (4)_s

0810広島 (5)_s

得点者

ガンバ大阪

倉田秋選手 89 '

サンフレッチェ広島

レアンドロ ペレイラ選手 90 +2 '

フラッグ

10_倉田(笑顔)

倉田秋選手

試合概要

 2019明治安田生命J1リーグ第22節 J1リーグ1か月ぶりのホームでの開催となるサンフレッチェ広島戦

試合のメンバーには、8月5日に加入した井手口陽介選手(背番号15)がメンバー入り。

試合が開始9分、宇佐美貴史選手(背番号33)がペナルティエリア右から右足を振り抜くが、広島にブロックされ、そのこぼれ球に反応したアデミウソン背番号(背番号9)がシュートするも得点には至らない。30分、広島のペナルティエリア内でアデミウソン選手が走り込んできた宇佐美選手にパスを出し、宇佐美選手がダイレクトでシュートするが広島DFに当たり得点ならず。42分、三浦弦太選手(背番号5)のロングフィードのこぼれ球を拾った矢島慎也選手(背番号21)がミドルシュートを放つがボールはわずかに枠外。ガンバペースで試合は進むが、00で試合を折り返す。

  後半は両チーム交代無くスタート。80分には、アタッキングサード内で小野瀬選手が広島MFにボールを奪われピンチを迎えるが、ガンバGK東口順昭選手(背番号1)が体を張ってピンチを防ぐ。高江麗央選手(背番号29)に代えて1年半ぶりにガンバに復帰した井手口選手が投入される。89分。広島ペナルティエリア外左サイドから倉田選手が右サイドへサイドチェンジ。パスを受けた小野瀬選手がペナルティエリア右からカットインし左足を振り抜く。シュートは広島GKにはじかれるも、ゴール前に詰めていた倉田選手がこぼれ球を押し込み先制点。しかし、90分+2。広島の右サイドからのクロスに広島FWが頭で合わせられ失点。1-1で試合終了し、リーグ戦3試合連続の引き分けのガンバ大阪。

次の試合は、天皇杯3回戦814日(水)アウェイで法政大学と対戦!2019明治安田生命J1リーグは第23818日(日)ホームでジュビロ磐田戦!

勝利を目指して!!GAMBAれガンバ大阪!

0810広島 (6)_s

 

Panasonic Stadium Suita(市立吹田サッカースタジアム)・エキスポシティ・万博記念公園へお越しの方へ

試合開催日及び行楽シーズンは、万博記念公園周辺道路と各駐車場が大変混雑し、出庫に2~3時間かかることが予想されます。

ご来場の際は、公共交通機関のご利用をお勧めいたします。

皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。


自転車でお越しの方は、スタジアム横の駐輪場をご利用ください!

 Panasonic Stadium Suita観戦におけるお車での来場について

市立吹田サッカースタジアムには、スタジアム専用駐車場がありません。

ガンバ大阪が主管する試合にお車でご来場を希望される方につきましては、事前に万博記念公園の各駐車場の駐車券を専用ホームページ等にて、購入していただくことが必要となります。

駐車券を事前に購入していないお車は、各駐車場へ入庫することは出来ません。
駐車場のご利用方法や駐車券の事前購入については、ガンバ大阪オフィシャルホームページ(外部リンク)でご確認ください。

 

エキスポシティの駐車場について

隣接するエキスポシティでは、サッカー試合開催日に、館内の「ゼロシステム端末」にて解除しない場合、特別駐車料金の6,000円が追加課金されます。

詳しく はサッカー開催日駐車場特別料金(エキスポシティオフィシャルホームページ外部リンク)

 

その他情報に関しましては、下記ホームページにてご確認ください。

ガンバ大阪オフィシャルホームページ(外部リンク)

エキスポシティ オフィシャルホームページ(外部リンク)

万博記念公園オフィシャルホームページ(外部リンク)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟3階)

Tel:

文化関係

【文化・交流】06-6384-1305

スポーツ関係

【施設管理・オーパス】 06-6384-2394

【推進事業】 06-6384-2431

【スタジアム】06-6384-2100

Fax:06-6368-9908

mail:

【文化・交流】

  s_bunka@city.suita.osaka.jp

【スポーツ】

  spo-suishin@city.suita.osaka.jp