ガンバ大阪2019ルヴァンカッププレーオフステージ第1戦の試合結果

試合結果
4 対 1
勝利
 
観客数 6,480

 

 トランス
コスモス
スタジアム長崎
吹スタバナー01

試合開催日 令和元年6月19日(水)19:00~ 

0619LC長崎 (1)_s

0619LC長崎 (2)_s

0619LC長崎 (4)_s

0619LC長崎 (5)_s

得点者

ガンバ大阪

田中達也選手 31 '
倉田秋選手 54 '
アデミウソン選手 58 '
中村敬斗選手 82 '
V・ファーレン長崎
大本選手 90 +1

ガンバ星付きエンブレム

06_田中(笑顔)

田中達也選手

10_倉田(笑顔)

倉田秋選手

09_アデミウソン(笑顔)

アデミウソン選手

38_中村(笑顔)

中村敬斗選手

試合概要

  2019YBCルヴァンカッププレーオフステージ第1戦!グループD首位通過を果たしたガンバ大阪。対戦相手は、グループA2位で突破したV・ファーレン長崎。

試合開始し15分、ガンバのFK。キッカーの遠藤保仁選手(背番号7)が蹴ったボールを今野泰幸選手(背番号15)が頭であわせるも長崎GKの正面。31分、右サイドからオ・ジェソク選手(背番号22)が長崎ゴール前にクロスをいれる。長崎DFが頭で触れ、ペナルティエリア内左へ。そのボールを田中達也選手(背番号6)が後ろに下がりながら右足でボレーシュートを放ち、ゴール右へ決まる。前半はガンバ大阪が1点リードし折り返す。

 後半に入り、54分、アデミウソン選手(背番号9)が長崎ペナルティエリア右奥までドリブルで切れ込み折り返す。フリーでニアに入った倉田秋選手(背番号10)が右足で合わせ追加点!2対0に。58分には、米倉恒貴選手(背番号14)が長崎ゴール前に速いクロスを入れると、ニアに走り込んだアデミウソン選手(背番号9)が右胸付近で合わせゴールし3点目を奪う。

さらに82分、途中出場の藤本淳吾選手(背番号25)が左サイドからクロスを入れ、ファーサイドにいた米倉選手がワンタッチで折り返し、中村敬斗選手(背番号38)が左足で押し込みゴール。

アディショナルタイムには、長崎のクロスボールを倉田選手がヘディングでクリアするが、クリアボールを長崎MFに拾われシュートを許し、4対1で試合終了。

次の試合は、6月22日(土)明治安田生命J1リーグ16節で湘南ベルマーレ戦

  勝利を目指して!!GAMBAれガンバ大阪!

0619LC長崎 (3)_s

 

Panasonic Stadium Suita(市立吹田サッカースタジアム)・エキスポシティ・万博記念公園へお越しの方へ

試合開催日及び行楽シーズンは、万博記念公園周辺道路と各駐車場が大変混雑し、出庫に2~3時間かかることが予想されます。

ご来場の際は、公共交通機関のご利用をお勧めいたします。

皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。


自転車でお越しの方は、スタジアム横の駐輪場をご利用ください!

 Panasonic Stadium Suita観戦におけるお車での来場について

市立吹田サッカースタジアムには、スタジアム専用駐車場がありません。

ガンバ大阪が主管する試合にお車でご来場を希望される方につきましては、事前に万博記念公園の各駐車場の駐車券を専用ホームページ等にて、購入していただくことが必要となります。

駐車券を事前に購入していないお車は、各駐車場へ入庫することは出来ません。
駐車場のご利用方法や駐車券の事前購入については、ガンバ大阪オフィシャルホームページ(外部リンク)でご確認ください。

 

エキスポシティの駐車場について

隣接するエキスポシティでは、サッカー試合開催日に、館内の「ゼロシステム端末」にて解除しない場合、特別駐車料金の6,000円が追加課金されます。

詳しく はサッカー開催日駐車場特別料金(エキスポシティオフィシャルホームページ外部リンク)

 

その他情報に関しましては、下記ホームページにてご確認ください。

ガンバ大阪オフィシャルホームページ(外部リンク)

エキスポシティ オフィシャルホームページ(外部リンク)

万博記念公園オフィシャルホームページ(外部リンク)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟3階)

Tel:

文化関係

【文化・交流】06-6384-1305

スポーツ関係

【施設管理・オーパス】 06-6384-2394

【推進事業】 06-6384-2431

【スタジアム】06-6384-2100

Fax:06-6368-9908

mail:

【文化・交流】

  s_bunka@city.suita.osaka.jp

【スポーツ】

  spo-suishin@city.suita.osaka.jp