Q:水道水の使用量が減っているのはなぜですか。

A:答え

主な原因としては、節水意識の定着、トイレや食器洗い機といった節水型機器の普及のほか、一部の大口使用者(企業など)が自ら水道水を造ることができる設備を設置し、その水源として地下水などを使うことで、市の水道水をほとんど使用しなくなることなどが挙げられます。なお、吹田市では人口は増加していますが、水道水の使用量(有収水量)は平成3年度の約4,800万㎥をピークに約30年間減り続け、近年では約4,000万㎥となっています。

〒564-8551 大阪府吹田市南吹田3丁目3番60号

経営・経理グループ

Tel: 06-6384-1253

Fax: 06-6384-1902 

mail: w-keiri@city.suita.osaka.jp