水道事業会計 予算の概要(平成28年度)

平成28年度(2016年度)当初予算
 

 ◎給水量では、節水意識の定着や節水機器の普及、大量使用者における地下水等の他水源利用の影響などにより、水需要の減少傾向が続いており、本年度においても総給水量は減少する見込みですが、給水収益においては平成28年4月からの料金改定(平均改定率5.5%)により前年度に比して増収となる見込みです。


◎事業運営にあたっては、平成28年4月からの新たな水道料金のもと、予定している大規模な水道施設の再構築事業を着実に進めるとともに「すいすいビジョン2020」(計画期間:平成22年度~平成32年度)に基づき、各事業の計画的な推進を図ります。また経営の一層の効率化とサービス向上を図り、安定した安心・安全の水道事業運営に努めるとともに、地域の水道としてみなさんに親しんでいただけるよう積極的なPR活動の取組も進めます。

 

 
 1 業務予定量

 ◎年間総給水量は対前年度比0.8%の減少、給水戸数は増減なしと見込んでいます。

 

平成28年度

当初予算

平成27年度

当初予算

増減
総給水量(m3) 39,570,000 39,880,000 △0.8%
給水戸数 (戸) 166,000 166,000

 
 2 収益的収支(経営成績)

 ◎収益面では、総収益の約8割以上を占める水道料金等の給水収益において、対前年度比で4.0%増、金額にして2億3,258万3千円増額の60億4,708万7千円とし、総収益では対前年度比5.8%増、3億8,922万4千円増額の70億7,429万円を計上しました。

 

◎費用面では、職員給与費(人件費)で対前年度比2.9%増、3,070万3千円の増額とし、総費用のおよそ3分の1を占める受水費については、対前年度比0.7%減、1,483万8千円の減額となり、総費用は対前年度比1.7%減、1億534万9千円減となる61億8,096万6千円を計上しました。
この結果、単年度の収支としては、8億9,332万4千円の黒字(税込)を見込んでいます。

収益的収支予算 対前年度比較表
                                             (消費税を含む。単位:千円)
科目

平成28年度

当初予算

平成27年度

当初予算

増減(%)
水道事業収益 7,074,290 6,685,066 5.8

給水収益 6,047,087 5,814,504 4.0
加入金 425,520 226,800 87.6
特別利益 94,237 23,743 296.9
その他 507,446 620,019 △18.2
水道事業費用 6,180,966 6,286,315 △1.7


職員給与費 1,084,263 1,053,560 2.9
受水費 2,043,497 2,058,335 △0.7
動力費 243,081 258,120 △5.8
修繕費 135,096 168,285 △19.7
委託料 550,754 551,105 △0.1
材料費 21,134 21,497 △1.7
工事請負費 190,889 209,157 △8.7
路面復旧費 128,304 124,546 3.0
賃借料 146,695 147,353 △0.4
負担金 7,812 8,387 △6.9
減価償却費等 975,286 1,065,069 △8.4
支払利息 212,581 224,895 △5.5
その他 379,574 396,006 △4.1
消費税 62,000 0 皆増
差引 893,324 398,751

 
3 資本的収支
◎建設改良事業については、片山浄水所水処理施設の更新工事をはじめとする浄配水施設の更新・改良工事や片山・泉両浄水所を結ぶ連絡管の布設工事をはじめとする基幹管路整備、経年管更新などの送配水管布設工事を予定し、工事費総額として、対前年度比0.8%増の26億6,921万円を計上し、企業債償還金等を加えた資本的支出の総額は34億5,820万4千円を計上しました。

◎これらの財源となる資本的収入については、企業債11億円、工事負担金3,720万円など総額で11億7,696万3千円を計上しました。なお、収支の差引不足額22億8,124万1千円は積立金などの自己資金で補います。
 
 資本的収支予算 対前年度比較表
 
                                                              (消費税を含む。単位:千円)
科目 平成28年度当初予算 平成27年度当初予算 増減(%)
資本的収入 1,176,963 1,092,152 7.8
内訳

企業債

1,100,000 900,000 22.2
工事負担金 37,200 50,522 △26.4
開発負担金  30,000 140,000 △78.6
固定資産売却代金 9,763 1,630 499.0
資本的支出 3,458,204 3,431,955

0.8

内訳 事務費 174,056 167,916 3.7
工事費 2,669,210 2,647,651 0.8
量水器 17,069 18,434

△7.4

工具器具備品 14,126 21,383 △33.9
企業債償還金 583,743 576,571

1.2

差引不足額(△) △2,281,241 △2,339,803 2.5

 

4 予定キャッシュ・フロー

◎平成28年度予算における予定キャッシュ・フローの概要は次のとおりで、3億8,769万2千円の資金が減少

する見込みです。

                                            (消費税を含む。単位:千円)
平成27年度末資金残高 44億9,320万2千円

業務活動による

キャッシュ・フロー

14億4,425万1千円

投資活動による

キャッシュ・フロー

△23億4,820万円

財務活動による

キャッシュ・フロー

5億1,625万7千円
平成28年度末資金残高

41億551万円