住まい・環境

費用の記載がないものは参加無料。申し込みの記載がないものは当日直接会場へ。

メールアドレスの記載がないものは、市ホームページに問い合わせ一覧があります。

◆新型コロナウイルス感染症の影響で掲載内容が中止・延期・変更になる場合があります。イベント等の開催の有無は市ホームページか各室課への問い合わせなどで確認してください。

アライグマを見かけたら

 市内全域でアライグマが目撃されています。屋根裏などへの侵入も確認されているので、見かけたら環境政策室へ連絡を。気性が荒く、餌をあげたり頭をなでたりしようとして近づくと危険です。絶対にしないでください。同室では捕獲器を貸し出しています。捕獲器を持っている人は、登録申請をすれば、捕獲後、市が回収を行います。◆問い合わせ/同室(電話6384-1361 ファックス6368-9900)。

景観・緑化

ルールを守って公園の利用を

◆問い合わせ/公園みどり室(佐竹台1 電話6834-5366 ファックス6834-5486)。

池で釣りをしないで

 千里南公園の牛ヶ首池を除き、公園の池での釣りは利用者に釣りざおや釣り針が当たる危険性があるので、禁止しています。釣りをしている人を見かけたら、同室へ連絡してください。また、水難事故の危険性があるので、柵を乗り越えて池に入らないでください。

危険なボール遊びはやめましょう

 硬いボールやバットの使用は、周りの人のけがや事故につながる危険性があるため禁止です。野球やサッカー、硬式テニスなどは専用施設があるスポーツグラウンドで行ってください。やわらかいボールなどで遊ぶときは、家や道路に向かってボールを飛ばさないように注意してください。

景観まちづくり活動を支援

 市民が市内で行う継続的な活動の経費を補助します。事業費の2分の1以内で上限10万円。選考あり。◆申し込み/5月10日(月曜日)までに都市計画室(電話6384-1968 ファックス6368-9901)へ。

吹田のまちなみ 作品募集

 市の魅力的な風景や町並み、昔の風景などの写真や絵画を募集。10月に市役所正面玄関ロビーなどに展示し、市ホームページに掲載します。◆申し込み/催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号とタイトル、撮影・描写年月と場所、場所への思いを書いて直接か郵送で都市計画室(〒564-8550住所不要 電話6384-1968 ファックス6368-9901)へ。9月6日(月曜日)消印有効。

公園の魅力向上事業説明会

 公園のめざすべき姿や事業手法、スケジュールなどについて。

(1)桃山公園

◆とき/4月10日(土曜日)午前10時~11時30分、午後6時30分~8時。◆ところ/千里市民センター大ホール。◆定員/各先着70人。

(2)江坂公園

◆とき/4月10日(土曜日)午後2時30分~4時。◆ところ/豊一市民センター。◆定員/先着80人。

 いずれも◆申し込み/直接か電話、ファックス、メールに催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号と(1)は参加時間を書いて公園みどり室(佐竹台1 電話6834-5364 ファックス6834-5486)へ。

建物・住宅

建築物の耐震化に補助

 昭和56年5月31日以前に建築確認を受けた建築物の耐震化に費用の一部を補助しています。(1)耐震診断=地震に対する安全性を数値で示します。(2)耐震設計=補強工事の具体的な計画を立て、工事費の見積もりを取ります。(3)耐震改修=耐震設計に基づいて実際に補強工事を行います。

木造住宅

(1)上限5万円。(2)上限10万円。(3)上限70万円、所得の低い世帯には90万円。耐震シェルターも可。また、建て替えに伴う除却工事は上限40万円、資産要件あり。◆対象/住宅の所有者で、(2)と(3)は課税所得金額が507万円未満の人。

分譲マンション

(1)上限200万円。(2)上限300万円。(3)上限2800万円。◆対象/区分所有のマンション管理組合。

特定既存耐震不適格建築物

(1)上限100万円。◆対象/建築物の所有者など。

 いずれも契約前に申請が必要です。◆申し込み/所定の用紙を開発審査室(電話6384-1910 ファックス6368-9901)へ。用紙は市ホームページからダウンロードできます。

危険なブロック塀の撤去に補助

 道路などに面した高さ60㎝を超える危険な塀の撤去工事を対象に費用の一部を補助します。1m当たり1万5000円、上限40万円。生垣設置事業助成金等交付制度との併用可。契約前に申請が必要。◆対象/ブロック塀などの所有者。◆申し込み/所定の用紙を開発審査室(電話6384-1910 ファックス6368-9901)へ。用紙は市ホームページからダウンロードできます。

アスベスト含有調査に補助

 上限25万円。調査の前に申請が必要。◆対象/吹き付けアスベストなどが施工されているおそれがあり、建築確認を受けている建築物の所有者。同調査に対し、ほかの補助を受けた建築物は除く。◆申し込み/所定の用紙を開発審査室(電話6384-1994 ファックス6368-9901)へ。用紙は市ホームページからダウンロードできます。

府営住宅入居者募集

 新婚・子育て世帯向け、一般世帯向け、福祉世帯向け、車いす乗用者世帯向けなど。収入基準などの条件あり。◆申し込み/市役所正面玄関付近や住宅政策室、大阪府営住宅千里管理センターなどで配布する所定の用紙を郵送で大阪府担当窓口(電話6833-6942)へ。同センターホームページでも申し込み可。応募期間は4月1日(木曜日)~15日(木曜日)、6月1日(火曜日)~15日(火曜日)、8月2日(月曜日)~16日(月曜日)、10月1日(金曜日)~15日(金曜日)、12月1日(水曜日)~15日(水曜日)、2月1日(火曜日)~15日(火曜日)。消印有効。

土地・家屋の帳簿の縦覧

 土地や家屋の固定資産税の評価額などを記載しています。自己所有資産の課税内容を記載した名寄帳兼課税台帳の交付は通年実施しています。運転免許証などの本人確認書類、代理人や法人は委任状も必要。◆とき/4月1日(木曜日)~5月31日(月曜日)。◆対象/令和3年度の固定資産税の納税者。◆問い合わせ/資産税課(電話6384-1245 ファックス6368-7344)。

分譲マンション管理相談

 管理組合の運営やマンションの維持・管理について、マンション管理士などが応じます。◆とき/4月26日(月曜日)午後1時30分~4時30分。1組55分。◆ところ/住宅政策室。◆対象/マンション管理組合役員や区分所有者。◆定員/先着3組。◆申し込み/4月1日(木曜日)から直接か電話、ファックス、メールに催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号を書いて住宅政策室(電話6384-1928 ファックス6368-9902)へ。

建築相談

 新築・増改築やリフォーム、耐震改修工事などについて、一級建築士が応じます。◆とき/6月、9月、12月、3月の第1木曜日午後1時30分~4時30分。◆ところ/市役所中層棟1階の市民総務室。◆申し込み/電話で開発審査室(電話6384-1910 ファックス6368-9901)へ。

道路・交通

私道の舗装工事を助成

 公道か公道に準ずる道路につながり、沿道の利用者が5世帯以上などの一定の条件を満たす私道の舗装工事費の4分の3を助成します。上限50万円。◆申し込み/道路室(佐竹台1 電話6872-6114 ファックス6831-9674)へ。

ごみ・環境

オオキンケイギク駆除に協力を

 5月~7月にかけて鮮やかな黄色の花をつけるオオキンケイギクは、在来種の生態系に影響を及ぼすおそれがあります。駆除は4月下旬~5月の結実前が効果的です。詳しくは市ホームページを確認してください。◆問い合わせ/環境政策室(電話6384-1782 ファックス6368-9900)。

水道・下水道

水道について一緒に考えよう

 水道の未来について一緒に考えてみませんか。おおむね10人以上のグループから依頼があれば水道部の職員が出向き、水道事業の現状や課題、将来像などについて話し合います。DVDの上映、地域の水道の話など60分程度。◆問い合わせ/水道部企画室(南吹田3 電話6384-1253 ファックス6384-1902)。

水道の検針と料金請求

 2か月に1度検針を行い、使用水量・料金などのお知らせ票をポストに投かんします。お知らせ票には使用水量や下水道使用料を含む請求予定額、口座振替済み額などを表示しています。支払い用の納入通知書は後日郵送します。お知らせ票で集金を行うことはありません。◆問い合わせ/水道部総務室(南吹田3 電話6384-1255 ファックス6384-1534)。

料金は口座振替・自動払込を

 水道料金を納入通知書で支払うより、1回当たり100円安くなります。◆申し込み/水道料金の領収書など、お客さま番号が分かる書類と通帳、届け出印を持って、取り扱い金融機関か水道部総務室(南吹田3 電話6384-1255 ファックス6384-1534)へ。水道部から口座振替用紙の郵送もしています。

鉛製給水管の布設替工事を助成

 市所有の水道管からメーターまでの鉛製給水管を利用者の費用で布設替する場合、条件を満たせば助成を受けられます。助成額は工事の内容によって異なります。1水栓につき上限30万円。◆問い合わせ/水道部工務室(南吹田3 電話6384-1371 ファックス6384-1837)。

市職員を装った悪質業者に注意

 下水道部に関連があるかのような紛らわしい営業活動で、宅内排水設備の調査や有料清掃、工事などを勧誘する業者がいます。不審に思ったときは職員証の提示を求めるなど、十分に注意してください。◆問い合わせ/管路保全室(電話6384-2054 ファックス6368-9903)。

下水道に問題が生じたら

 公共汚水桝から下流は市が管理しています。詰まりなどのトラブルは、市委託先の吹田下水道メンテナンス(電話6381-1959)へ連絡してください。宅内設備業者に依頼した場合、費用は自己負担になります。◆問い合わせ/管路保全室(電話6384-2073 ファックス6368-9903。休日・夜間は、電話6384-1231)。