ゆいぴあは10周年を迎えます

 子育て青少年拠点夢つながり未来館(以下、ゆいぴあ)は、3月26日(金曜日)で開館10周年を迎えます。ゆいぴあは、「であう場・はじまる場・ひろがる場」を基本コンセプトとした、子育て支援・青少年支援・図書館の3つの機能がひとつになった複合施設です。この3つの機能が一体となり、子供が生まれてから子育て・子育ちを経て青少年となり自立するまでをトータルで支援する施設が、ゆいぴあです。阪急山田駅前という立地の良さもあり、貸室の利用も多く、開館から10年間の来館者は300万人を超えました。3月27日(土曜日)に、開館10周年を記念したイベントを開催します。

◆問い合わせ/青少年活動サポートプラザ(電話6816-8552 ファックス6816-8554)、のびのび子育てプラザ(電話6816-8585)、山田駅前図書館(電話6816-7722)

開館10周年記念事業 ゆいぴあとみんなの10周年

3月27日(土曜日)午後1時~3時30分

 人形劇やイベントブースをはじめ、全館でさまざまな催しを開催。受け付けはイベント当日、1階か3階で行います。

6階

多目的ホール

人形劇「ピッピとポッポ」ほか。◆とき/午後2時30分~3時15分。30分前開場。

4階

多目的会議室

・手形アート

・ミニゲームコーナー

工作室

水道部による「すいすいくん缶マグネット作り」

3階

交流ロビー

・10周年記念プラ板作り

・クイズラリー ゆいぴあに関するクイズに答えてスタンプを集めます。

1階

エントランスロビー

10周年記念作品展示

※新型コロナウイルスの感染状況により、規模の縮小、開催を中止することがあります。イベントの詳細、最新情報はゆいぴあのホームページを確認してください。

子育て青少年拠点 夢つながり未来館 前田隆男館長のコメント

 赤ちゃんの元気な泣き声。年齢を超え、一緒に遊ぶ子供たちのにぎやかな声。学習室で静かに勉強する中高生。ギターを抱えた高校生。受験の結果報告に来る高校生。勉強を教え合う中高生、大学生。成人祭の帰りに晴れ着姿を見せに来る新成人。小学生に折り紙を教えたり、中庭からの日差しを浴びながら図書館でゆったりと新聞を読んだりする高齢者の姿。

 私がこれまで見てきた、夢つながり未来館(ゆいぴあ)の風景です。昨年3月からは残念ながらコロナ禍で、冒頭のような景色を見ることはできませんでしたが、規模を縮小して相談業務などできる範囲で事業を行ってきました。これからも市民のみなさんと共に、未来を担う宝である子供たちの日々の暮らしや、健やかな育ちを未来館職員全員で支えて参ります。