子育て・教育

費用の記載がないものは参加無料。申し込みの記載がないものは当日直接会場へ。

メールアドレスの記載がないものは、市ホームページに問い合わせ一覧があります。

◆新型コロナウイルス感染症の影響でイベントなどが中止・延期になる場合があります

障がいのある小中学生の就学

 教育委員会は「ともに学び、ともに育つ」の教育理念のもと、来年度の就学準備を進めています。障がいの有無にかかわらず、地域社会の一員として、ともに生き、生活していくため、校区の学校でともに教育を受けるよう取り組みを進めています。◆問い合わせ/学校教育室(朝日町電話6155-8229ファックス6155-8872)。

さまざまな学びの場

通常学級

 子供たちがお互いを理解し、学び合い、育ち合う教育の実施。集団での指導とともに、実態に応じて指導内容や指導方法を工夫しています。

支援学級

 支援が必要な子供のための学級です。実態に応じて、通常学級での学習も実施。難聴学級センター校と肢体不自由学級センター校は、校区にかかわらず通学可。

府立支援学校

 視覚、聴覚、知的障がい、肢体不自由、病弱児を対象とした学校。詳しくは同室へ。

就学先決定の流れ

(1)見学・体験・相談

4月~7月に複数回見学し、具体的な支援を相談してください。◆申し込み/通っている園、小中学校を通して同室か就学希望校へ。

(2)就学先の決定

11月末までに、同室か就学希望校へ連絡してください。

(3)就学通知書の受け取り

公立小学校は市教育委員会から、府立支援学校は府教育委員会から就学通知書などが届きます。

 転居などの場合は、時期に関係なく同室へ相談してください。詳しくは市ホームページへ。

ひとり親家庭相談窓口の変更

 総合福祉会館・母子福祉センターで行っていた同相談を、4月から子育て給付課で行います。◆申し込み/子育て給付課(電話6384-1471ファックス6368-7349)へ。

留守家庭児童育成室 保育料を改定

 7月から同室の保育料を改定し、通常保育料は3700円から4000円に、延長保育料は2000円から1500円になります。2人目以降の児童は半額。◆問い合わせ/放課後子ども育成課(電話6384-1599ファックス6368-7349)。

すいたん鉛筆 新入生にプレゼント

 今年市内の小学校に入学する1年生に、すいたんの鉛筆1本を学校を通してプレゼントします。

4月10日(金曜日)から販売も ◆ところ/シティプロモーション推進室とInforestすいた。◆費用/3本150円。無くなりしだい終了。◆問い合わせ/同室(電話6318-6371ファックス6384-1292)。

ペアレント・プログラム

 子育てを楽しく、より良い親子関係にするためのプログラム。講師は大阪大学准教授の望月直人さん。連続で参加が必要。◆とき/5月27日~8月の隔週水曜日、9月30日(水曜日)午前10時15分~11時30分。7回。◆ところ/地域支援センター。◆対象/3歳~小学2年生の保護者。◆定員/12人。多数抽選。◆保育/あり。事前に問い合わせてください。◆申し込み/4月1日(水曜日)から電話で同センター(電話6339-6103ファックス6387-5734)へ。