福祉

費用の記載がないものは参加無料。申し込みの記載がないものは当日直接会場へ。

メールアドレスの記載がないものは、市ホームページに問い合わせ一覧があります。

◆新型コロナウイルス感染症の影響でイベントなどが中止・延期になる場合があります

発達障がいへの理解を深めよう

 4月2日は世界自閉症啓発デー、4月2日~8日は発達障がい啓発週間です。自閉症などの発達障がいは、脳機能の発達が関係する生まれつきの障がいです。この障がいのある人はコミュニケーションや対人関係を築くことが苦手です。発達障がいの人たちが社会で自立できるよう、市民一人ひとりが理解を深めましょう。

ブルーライトアップ

 太陽の塔、大阪城天守閣、通天閣などを世界自閉症啓発デーのシンボルカラーであるブルーにライトアップします。◆とき/4月2日(木曜日)午後6時30分ごろ~11時。◆問い合わせ/府民お問合せセンター(電話6910-8001)か障がい福祉室(電話6384-1346ファックス6385-1031)。

介護保険料 コールセンターを設置

 4月の仮算定と7月の本算定の各介護保険料額決定通知書を発送した翌日から約2週間、介護保険料に関するコールセンターを設置します。詳しくは通知書に同封するパンフレットを確認してください。◆問い合わせ/高齢福祉室介護保険担当(電話6384-1343ファックス6368-7348)。

従業員の資格取得を支援

 障害福祉サービスなどに必要な資格取得のための従業員の研修受講費や代替職員の人件費の一部を助成します。◆対象/市内の障がい福祉サービス事業者など。詳しくは市ホームページを確認してください。◆問い合わせ/障がい福祉室(電話6384-1348ファックス6385-1031)。

福祉ボランティアに助成金

◆対象/昨年3月末までに吹田市社会福祉協議会ボランティアセンターに登録し、1年以上継続して活動している5人以上の団体。◆申し込み/4月1日(水曜日)~13日(月曜日)に所定の用紙を同センター(電話6339-1210ファックス6339-1202)へ。

手話講習会・会話コース

連続で参加が必要。◆とき/5月~11月。◇昼の部=水曜日午前10時~正午。◇夜の部=金曜日午後7時~9時。◆ところ/総合福祉会館。◆対象/手話で日常会話ができる人。◆定員/各40人。多数抽選。◆費用/テキスト代実費。◆申し込み/はがきに催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号と昼か夜、手話学習歴、応募動機を書いて障がい福祉室(〒564-8550住所不要電話6384-1347ファックス6385-1031)へ。4月10日(金曜日)消印有効。

傾聴ボランティア養成講座

連続で参加が必要。◆とき/5月17日~6月14日の日曜日午後1時30分~3時30分。◆ところ/特別養護老人ホーム高寿園(山手町1)。◆定員/先着30人。◆費用/2000円。◆申し込み/4月1日(水曜日)~5月1日(金曜日)に電話かファックスで吹田市社会福祉協議会(電話6339-1210ファックス6339-1202)へ。

府要約筆記者養成講座

 手書きコースとパソコンコース。連続で参加が必要。◆とき/6月27日~12月5日の土曜日。21回。◆ところ/府立福祉情報コミュニケーションセンター(JR森ノ宮駅)。◆対象/5月30日(土曜日)の受講判定試験に合格した人。◆定員/各10人。多数選考。◆費用/テキスト代実費。◆申し込み/市障がい福祉室で配布する所定の用紙を5月11日(月曜日)までに大阪府中途失聴・難聴者協会へ。府ホームページでも申し込み可。◆問い合わせ/府民お問い合わせセンター(電話6910-8001)か同室(電話6384-1347ファックス6385-1031)。

戦没者の慰霊巡拝

◆とき・ところ/◇カザフスタン共和国=8月25日(火曜日)~9月3日(木曜日)。◇インドネシア=9月2日(水曜日)~11日(金曜日)。◇中国東北地方=9月2日(水曜日)~11日(金曜日)。◇東部ニューギニア=9月12日(土曜日)~19日(土曜日)。◇イルクーツク州・ブリヤート共和国=9月15日(火曜日)~24日(木曜日)。◇ハバロフスク地方・ユダヤ自治州=9月15日(火曜日)~24日(木曜日)。◇沿海地方=10月6日(火曜日)~10日(土曜日)。◇ビスマーク諸島=10月10日(土曜日)~17日(土曜日)。◇トラック諸島=10月23日(金曜日)~28日(水曜日)。◇ミャンマー=11月12日(木曜日)~20日(金曜日)。◇硫黄島=11月中旬、2月中旬。◇フィリピン=2月19日(金曜日)~26日(金曜日)。◆対象/戦没者の遺族。◆問い合わせ/生活福祉室(電話6384-1334ファックス6368-7348)。

障がい者

福祉タクシー利用券の申請

 昨年度の利用券は4月以降に使用できません。4月以降の利用券が必要な人は申請してください。2月中に申請した人には、3月末に新しい利用券を郵送しました。◆対象/身体障がい者1・2級で視覚、肢体(上肢障がいのみは除く)、内部の障がい者(児)。重度(A)の知的障がい者(児)。1級の精神障がい者(児)。いずれも在宅の人。所得制限あり。◆申し込み/4月1日(水曜日)から直接、障がい福祉室(電話6384-1347ファックス6385-1031)へ。

社会参加促進事業補助金

 障がい者の社会参加の促進や自立した生活を支援するため、障がい者理解や啓発、社会参加活動などに補助金を交付します。上限15万円。◆対象/障がい者とその家族、啓発活動を行っている団体など。◆申し込み/5月15日(金曜日)までに所定の用紙を障がい福祉室(電話6384-1347ファックス6385-1031)へ。

身体障がい者卓球教室

◆とき/4月~7月18日の土曜日午後7時~8時30分。◆ところ/北千里市民体育館。◆対象/身体障がい者。15歳以下は保護者同伴。◆定員/先着30人。◆申し込み/同館(電話6833-8105ファックス6833-8106)へ。

軽スポーツ教室

 バドミントンやレクリエーションゲームなど。◆とき/4月11日、25日、5月9日、23日の土曜日午前10時~11時30分。◆ところ/片山市民体育館。◆対象/知的障がい者。中学生以下は除く。◆定員/各先着30人。◆申し込み/同館(電話6389-2681ファックス6389-2682)へ。