すこやかライフ

保健・医療の情報コーナー すこやかライフ

保健センター(〒564-0072出口町19-2電話6339-1212ファックス6339-7075)

保健医療室(〒564-0072出口町19-3保健所内電話6339-2225ファックス6339-2058)

地域保健課(〒564-0072出口町19-3保健所内電話6339-2227ファックス6339-2058)

国民健康保険課(電話6384-1239ファックス6368-7347)

口腔ケアセンター(〒565-0862津雲台1-2-1電話6155-8020ファックス6873-3030)

新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の期間は検査・健診を休止しています

◆新型コロナウイルス感染症の影響で掲載内容が中止・延期・変更になる場合があります

各種健(検)診

 加入している公的医療保険の種類に関係なく受診できます。誕生月かその翌月の受診を推奨しています。費用は表のとおり。65歳以上は無料。64歳以下で吹田市国民健康保険の加入者は国民健康保険課へ、市民税非課税・生活保護世帯は検診を受ける2週間前までに保健センターへ申請すれば、いずれも無料。◆問い合わせ/保健センター。

保健センターの検診

肺がん検診

X線検査。40歳以上。400円。喀痰検査は50歳以上、問診・診察の結果、必要な人のみ別途500円。血痰のある人は肺がん検診の対象外。速やかに医療機関を受診してください。

大腸がん検診

便潜血反応検査。40歳以上。300円。

胃がん検診

X線検査。50歳以上。1000円。4月から対象を50歳以上に変更しました。いずれかを選んで受診してください。胃内視鏡検査を受けた翌年は、市の胃がん健診を受診できません。ペプシノゲン胃検診は3月末で終了しました。

集団がん検診は当面の間中止します。再開決定後、ホームページなどでお知らせします。

市内の協力医療機関で受診できる健(検)診

胃がん検診

胃内視鏡検査。50歳以上で、生まれ年が西暦で偶数年の人。2000円。いずれかを選んで受診してください。胃内視鏡検査を受けた翌年は、市の胃がん健診を受診できません。ペプシノゲン胃検診は3月末で終了しました。

30歳代健康診査

血圧測定、尿検査、血液検査など。30~39歳。無料。

成人歯科健康診査

30~74歳。障がいのある15~74歳の人は通年受診できます。無料。

乳がん検診

マンモグラフィと視触診。40歳以上の女性で、生まれ年が西暦で偶数年の人。1000円。

子宮がん検診

頸部細胞診。20歳以上の女性で、生まれ年が西暦で偶数年の人。500円。体部細胞診は問診・診察の結果必要な人のみ別途500円。

大腸がん検診

便潜血反応検査。40歳以上。300円。

肺がん検診

65歳以上の人はいずれかを受診(血痰のある人は肺がん検診の対象外。速やかに医療機関を受診してください。)。X線検査。40歳以上。400円。喀痰検査は50歳以上、問診・診察の結果、必要な人のみ別途500円。

結核検診

65歳以上の人はいずれかを受診。X線検査。65歳以上。無料。

B型・C型肝炎検診

血液検査。20歳以上で、B型・C型肝炎ウイルス検査を受けたことがない人。無料。4月から対象を20歳以上に変更しました。

前立腺がん検診

血液検査。50歳以上の男性。700円。

骨粗しょう症検診

20~70歳で、今年の誕生日で年齢の下1桁目の数字が0か5の人。1000円。

聴力検診

昭和25・30・35・40・45年生まれの人。500円。

◆申し込み/直接、協力医療機関へ。

協力医療機関は市報すいた別冊(4月号と一緒に配布)と保健センターのホームページに掲載しています。

その他の検査・健診

国保健康診査(特定健診)

 無料。身体測定、尿検査、血液検査など。◆対象/40~74歳の吹田市国民健康保険加入者。対象者には、誕生月の前月末に受診票を送ります。誕生月かその翌月に受診できない場合や、今年4月2日以降の加入者は国民健康保険課へ問い合わせてください。国保以外の保険の加入者は、加入している健康保険の保険者に問い合わせてください。

相談

◆とき/月曜日~金曜日。祝日・休日、年末年始は除く。

健康相談

 育児、健康、食事、禁煙、生活習慣病の予防など。保健師などが電話や面接で相談に応じます。面接は予約制。◆ところ/保健センター。◆申し込み/電話で同センターへ。

こころの健康相談

 統合失調症や気分障がい、アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症、認知症など。面談は予約制。◆ところ/保健所。◆問い合わせ/地域保健課。

医療相談

 医療機関に関する相談や苦情などに応じます。面談は予約制。◆ところ/保健所。◆問い合わせ/保健医療室。

くらしの情報

在宅要介護者・児訪問歯科健診

 当面の間休止します。年1回、自宅で行います。◆対象/要介護者・児で通院ができない人。◆費用/治療が必要な場合は健康保険扱いで自己負担。◆問い合わせ/吹田市歯科医師会(電話6389-6881ファックス6389-3387)か保健センター。

5月31日は世界禁煙デー

 5月31日~6月6日は禁煙週間です。喫煙はがん、心臓病、脳血管疾患などの生活習慣病の要因です。また、喫煙者の周囲の人の健康にも悪影響を与えます。市は受動喫煙防止のため、公共施設の敷地内禁煙に取り組んでいます。禁煙や受動喫煙防止に理解と協力をお願いします。◆問い合わせ/健康まちづくり室(出口町電話6384-2614ファックス6339-2058)。

 また、禁煙治療を受ける人には助成制度があります。詳しくは保健センター(電話6339-1212ファックス6339-7075)へ。

ドクターメモ

子供とスマホ 利用にはルール作りが大切

 スマートフォン(以下、スマホ)が発売されてから約10年が経ち、私たちの生活は大きく変化しました。スマホは電話機能だけでなく、インターネットに接続することで、さまざまなサービスをいつでも気軽に手に入れることができます。この間、子供のスマホ利用率も上がり、平成30年の内閣府調査によると、小学生40.7%、中学生65.8%、高校生94.3%となっています。大人の使用目的としては、メールやSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagramなど)といったコミュニケーションツールの利用が多いのですが、子供では動画視聴とゲームが圧倒的に多いことが特徴です。

 平成27年に日本小児科学会から「子どもとICT(スマートフォン・タブレット端末など)の問題についての提言」が行われています。そこでは、不適切なICT利用により、子供の成長発達や心身の健康に悪影響が及ぼされると提言されています。

 子供のスマホ使用による具体的な問題点は、(1)SNS利用による個人情報の流出やいじめ、それらが犯罪に発展し子供が関与する危険性、(2)長時間の動画視聴による学力や視力低下、睡眠時間の低下など生活リズムの破綻、(3)ゲームによる生活リズムの乱れ、アプリ内課金による金銭トラブルなどが挙げられます。

 子供にスマホを与えるときは、必ず「購入前に」保護者と子供でルールを作ることが大切です。7年前にアメリカの親子が交わしたスマホの使用ルールが有名です。「スマホ18の約束」で検索してみてください。

吹田市医師会 下野卓爾