福祉

費用の記載がないものは参加無料。申し込みの記載がないものは当日直接会場へ。

メールアドレスの記載がないものは、市ホームページに問い合わせ一覧があります。

◆新型コロナウイルス感染症の影響で掲載内容が中止・延期・変更になる場合があります

ひきこもり一人で悩まず相談を

経済的な面も含めた相談

生活困窮者自立支援センター

(生活福祉室内電話6384-1350ファックス6368-7348) ◆とき/市役所開庁時間。

おおむね39歳までの青少年の相談

子ども・若者総合相談センター(ぷらっとるーむ吹田)

(青少年活動サポートプラザ内電話6816-8534ファックス6816-8532) ◆とき/月曜日~土曜日午前10時~午後10時。日曜日、祝日・休日は午後6時まで。

府の電話相談

大阪府ひきこもり地域支援センター

(電話6697-2890) ◆とき/午前10時~午後4時。年末年始、土曜日・日曜日、祝日・休日は除く。

その他の相談事業

ニート・ひきこもり就労相談 

◆とき/第4火曜日午後2時~5時。祝日・休日の場合は第3火曜日。◆ところ/勤労者会館。◆申し込み/電話かファックスに催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号を書いて地域経済振興室(電話6384-1365ファックス6384-1292)へ。

ふれあい交流サロン

 乳幼児から高齢者まで気軽に利用できる交流の場です。カフェや介護予防体操などを実施。午前10時~午後4時開所。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間、休所しています。◆問い合わせ/高齢福祉室生きがい担当(電話6384-1336ファックス6368-7348)。

西山田ふらっとサロン

◆ところ/山田西2-4-A1-109 ◆開所曜日/月曜日~金曜日

陽だまりルーム

◆ところ/泉町5-1-39 ◆開所曜日/月曜日~金曜日

さくらカフェ

◆ところ/元町6-6 ◆開所曜日/火曜日~土曜日

ふれあい交流サロンたけのこ

◆ところ/竹見台3-3-1 ◆開所曜日/月曜日、水曜日~土曜日

ほっとサロンちさと

◆ところ/原町2-12-2 ◆開所曜日/月曜日、水曜日、金曜日

さたけん家

◆ところ/佐竹台2-5-5 ◆開所曜日/月曜日、火曜日、木曜日~土曜日

南正雀ふれあい交流サロンまるっと。

◆ところ/南正雀2-10-9 ◆開所曜日/月曜日、水曜日、金曜日

運営団体を募集

 同サロンを設置・運営する団体に運営費などを補助します。◆対象/10月以降に事業を開始する団体など。◆申し込み/6月1日(月曜日)~15日(月曜日)に所定の用紙を同担当へ。用紙は市ホームページからダウンロードできます。

認知症初期集中支援チーム

 認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、早期診断・対応に向けた支援を行います。認知症や認知症が疑われる人のもとに医療・介護の専門職が訪問し、専門医の助言のもと、本人にとって必要なサービス・機関につなぐなどの支援をおおむね3~6か月間を目安に行います。支援を受けるには、各地域包括支援センターか、かかりつけ医へ相談してください。支援が必要と判断した場合は、同センターやかかりつけ医から同チームへつなぎます。◆対象/自宅で生活する認知症か、疑いがある40歳以上で、次のいずれかに該当する人。◇適切な医療・介護サービスを受けていない。◇何らかのサービスを利用しているが、どのように対応したらよいか困っている。◆問い合わせ/高齢福祉室支援担当(電話6384-1375ファックス6368-7348)。

5月・6月は赤十字運動月間

 赤十字社への寄付金は、国内での救援活動や献血、各国の紛争・災害や病気などに苦しむ人への援助などに役立てています。協力をお願いします。◆問い合わせ/日本赤十字社大阪府支部(電話6943-0707)か福祉総務室(電話6384-1815ファックス6368-7348)。

要約筆記奉仕員養成講座

 聴覚障がい者へ筆記通訳をする奉仕員を養成します。連続で参加が必要。◆とき/6月曜日~10月の金曜日午後1時30分~4時30分。◆ところ/総合福祉会館。◆定員/20人。多数抽選。◆費用/実費。◆申し込み/はがきに催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号と年齢を書いて障がい福祉室(〒564-8550住所不要電話6384-1347ファックス6385-1031)へ。5月15日(金曜日)消印有効。