すこやかライフ

保健・医療の情報コーナーすこやかライフ

保健センター(〒564-0072出口町19-2電話6339-1212ファックス6339-7075)

国民健康保険室(電話6384-1239ファックス6368-7347)

吹田保健所(〒564-0072出口町19-3電話6339-2225ファックス6339-2058)

口腔ケアセンター(〒565-0862津雲台1-2-1千里ニュータウンプラザ内電話6155-8020ファックス6873-3030)

各種健(検)診

 加入している公的医療保険の種類に関係なく受診できます。誕生月かその翌月の受診を推奨しています。費用は表のとおり。65歳以上は無料。64歳以下で吹田市国民健康保険の加入者は国民健康保険室へ、市民税非課税・生活保護世帯は検診を受ける2週間前までに保健センターへ申請すれば、いずれも無料。◆問い合わせ/保健センター。

保健センターの検診

肺がん検診

X線検査。40歳以上。400円。喀痰検査は50歳以上、問診・診察の結果、必要な人のみ別途500円。血痰のある人は肺がん検診の対象外となります。速やかに医療機関を受診してください。3月13日(金曜日)、19日(木曜日)、30日(月曜日)に保健センターで。

大腸がん検診

便潜血反応検査。40歳以上。300円。3月3日(火曜日)、13日(金曜日)、16日(月曜日)、19日(木曜日)、30日(月曜日)に保健センター、3月6日(金曜日)に北千里市民体育館で。

胃がん検診

X線検査。35歳以上。1000円。4月から50歳以上になります。

3月3日(火曜日)、13日(金曜日)、16日(月曜日)、19日(木曜日)、30日(月曜日)に保健センター、3月6日(金曜日)に北千里市民体育館で。50歳以上の人はいずれかを受診してください。胃内視鏡検査を受けた翌年は市の胃がん検診を受けることはできません。

午前9時~10時30分。4月~3月に1度、誕生月に限らず受診できます。◆申し込み/ホームページか郵送、ファックスに検診名、希望日、住所、名前、性別、生年月日、年齢、電話番号を書いて保健センターへ。2月14日(金曜日)必着。多数の場合は翌月以降になることがあります。案内は検診日の2週間前までに送ります。

市内の協力医療機関で受診できる健(検)診

胃がん検診

胃内視鏡検査。50歳以上で、生まれ年が西暦で偶数年の人。2000円。50歳以上の人はいずれかを受診してください。胃内視鏡検査を受けた翌年は市の胃がん検診を受けることはできません。

30歳代健康診査

血圧測定、尿検査、血液検査など。30~39歳。無料。

成人歯科健康診査

30~74歳。障がいのある15~74歳の人は通年受診できます。無料。後期高齢者医療保険加入者は、はつらつを確認してください。75歳以上で同保険非加入者は、誕生日の前月に生活福祉室から送付する受診券を持参してください。

乳がん検診

マンモグラフィと視触診。40歳以上の女性で、生まれ年が西暦で偶数年の人。1000円。

子宮がん検診

頸部細胞診。20歳以上の女性で、生まれ年が西暦で偶数年の人。500円。体部細胞診は問診・診察の結果、必要な人のみ別途500円。

大腸がん検診

便潜血反応検査。40歳以上。300円。

肺がん検診

65歳以上の人はいずれかを受診。X線検査。40歳以上。400円。喀痰検査は50歳以上、問診・診察の結果、必要な人のみ別途500円。血痰のある人は肺がん検診の対象外となります。速やかに医療機関を受診してください。

結核検診

65歳以上の人はいずれかを受診。X線検査。65歳以上。無料。

B型・C型肝炎検診

血液検査。40歳以上で、B型・C型肝炎ウイルス検査を受けたことがない人。無料。

前立腺がん検診

血液検査。50歳以上の男性。700円。

ペプシノゲン胃検診

血液検査。昭和30・35・40・45・50・55年生まれの人。300円。3月末で終了します。

骨粗しょう症検診

20~70歳で、今年の誕生日で年齢の下1桁目の数字が0か5の人。1000円。

聴力検診

昭和25・30・35・40・45年生まれの人。500円。

◆申し込み/直接、協力医療機関へ。

協力医療機関は市報すいた別冊(4月号と一緒に配布)と、保健センターのホームページに掲載しています。

くらしの情報

国保健康診査(特定健診)

 身体測定、尿検査、血液検査など。◆対象/40~74歳の吹田市国民健康保険加入者。対象者には、誕生月の前月末に受診票を送ります。昨年4月2日以降の加入者は国民健康保険室へ問い合わせてください。国保以外の保険の加入者は加入している健康保険の保険者に問い合わせてください。

口腔ケアセンターの催し

障がい者(児)のお口のケアとリハビリテーション

 歯科医師による口腔の健康度チェックと口腔ケア指導。◆とき/3月19日(木曜日)午後1時30分~3時30分。◆定員/先着10人。◆申し込み/2月3日(月曜日)から電話かファックスに催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号と年齢を書いて同センターへ。

保健センターの相談

健康相談

 育児、健康、食事、禁煙、生活習慣病の予防など。保健師などが電話や面接で相談に応じます。面接は予約制。◆とき/月曜日~金曜日。祝日・休日、年末年始は除く。◆申し込み/電話で同センターへ。

保健所の検査・相談

 予約・日時などは問い合わせてください。◆ところ・問い合わせ/吹田保健所。

HIV抗体検査

 匿名可。診断書は発行しません。月3回平日に実施。火曜日・木曜日の夜間、土曜日・日曜日の昼間はchot CAST(Osaka Metro長堀橋駅)で実施。3月は実施しません。

肝炎ウイルス検査

 B型・C型肝炎。原則20~39歳で同検査未受診の人。月1回実施。予約制。3月は実施しません。

こころの健康相談

 統合失調症や気分障がい、アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症、認知症など。予約制。

医療相談

 医療機関に関する相談や苦情など。受診した医療機関のある地域の保健所で。電話相談は月曜日~金曜日午前9時15分~午後0時15分、午後1時~4時。祝日・休日は除く。面談は予約制。

ドクターメモ

胃内視鏡検査による胃がん検診 市でも1月から開始

 近年、日本人の胃がんは減っていると言われています。確かに胃がん死亡率は年々減少していますが、胃がんの罹患数は高齢化とともに増加しています。

 では、なぜ胃がんの死亡率は減少し始めているのでしょうか。それは、胃がんになる人は増えてはいるものの、完治する人が多く、死亡数は増加していないからです。そしてその理由は、胃がんの早期発見・早期治療が進歩しているからなのです。

 これまで胃がん検診は胃部エックス線検査が中心でした。しかし近年、国内外の臨床研究で、胃内視鏡検査は胃がんによる死亡率を減少させる効果があると明らかになったため、50歳以上を対象にした胃がん検診で胃部エックス線に加え、胃内視鏡検査が推奨されるようになりました。

 それ以降、徐々に胃がん検診で胃内視鏡検査が行われる地域が増えてきました。本市でも1月から胃部エックス線検査に加えて、胃内視鏡検査による胃がん検診が開始されました。対象者は満50歳以上の吹田市民で、2年に1回、偶数年齢に受診できます(胃部エックス線検査は年に1回受診できますが、胃内視鏡検査を受けた翌年は受診できません)。

 胃内視鏡検査は、胃部エックス線検査で発見が困難な小さな病変も見つけることが可能です。苦しい検査だと抵抗があるかもしれませんが、内視鏡検査も進歩しており、基本的には5~10分程度で終了します。

 胃内視鏡検査を受けて、早期発見・早期治療をめざしましょう。

吹田市医師会 天野 一郎