住まい・環境

費用の記載がないものは参加無料。申し込みの記載がないものは当日直接会場へ。

メールアドレスの記載がないものは、市ホームページに問い合わせ一覧があります。

夏のエコスタイルを実施します

 省エネルギーを進め、地球温暖化を防ぐため、10月までは市役所の事務室や施設内の冷房温度を高めに設定し、ノーネクタイなどの軽装で業務を行います。◆問い合わせ/環境政策室(電話6384-1701ファックス6368-9900)。

公園での花火について

 市内の公園では、手持ち花火などの使用はできます。次のルールを守ってください。(1)近くに家がないかを確認し、煙や臭いが届かない場所を選ぶ。(2)水を張ったバケツを用意し、火の後始末をする。(3)打ち上げ花火といった危険なものは避けるなど、火事になるような行為は行わない。(4)花火のごみは持ち帰る。(5)大声を出さない。

 ルールを守って楽しい公園にしましょう。◆問い合わせ/公園みどり室(佐竹台1電話6834-5366ファックス6834-5486)。

ボール遊びはルールを守って

 野球やサッカー、硬式テニスなどの専用施設がある広い場所で行いましょう。やわらかいボールで遊ぶときも次のことに注意してください。(1)家に向けてボールを飛ばさない。ガラスが割れたり、家の中の人がけがをしたりする可能性があります。(2)道路にボールを飛ばさない。ボールを追いかけて車や自転車にはねられたり、走っている車にボールが当たったりして事故を起こす可能性があります。公園などで、ほかの人の迷惑になる危険なボール遊びはやめましょう。◆問い合わせ/公園みどり室(佐竹台1電話6834-5366ファックス6834-5486)。

南吹田駅前線立体交差事業 市民見学会

今しか見られない工事現場を体感しよう

 平成31年春に南吹田地域で開業する新駅に合わせて、JR東海道本線と立体交差する都市計画道路南吹田駅前線の工事を進めています。鉄道下を通る工事途中の道路トンネルを見学できます。◆とき/6月9日(土曜日)午前9時30分~正午。◆ところ/南吹田1丁目(上新田公園前)。◆問い合わせ/地域整備推進室(電話6831-9697ファックス6831-9674)。

トンネルの通り抜け

 工事中のトンネルを自由に見学できます。午前10時、11時から各20分程度、工事説明ツアーも。

お絵かきコーナー

 現代美術を愉しもう塾指導のもと、コンクリート床面に絵を描きます。◆定員/先着40人程度。

建設機械体験コーナー

 大小のショベルカーが登場。運転席で記念撮影ができます。

鉄道コーナー

 JR西日本のこども制服を着て記念撮影ができます。先着180人にJR西日本の工事関連グッズのプレゼントあり。

アジェンダ21すいた

 地球規模の環境問題に市民・事業者・行政が協働して取り組む組織です。◆問い合わせ/アジェンダ21すいた事務局(環境政策室内電話6384-1782ファックス6368-9900)。

総会や映画上映会などの参加者募集

 いずれも◆とき/7月1日(日曜日)。◆ところ/千里山コミュニティセンター。◆申し込み/6月22日(金曜日)までに同事務局へ。

総会

 午後1時~2時30分。同会の活動報告など。会員以外も参加できます。議決権は正会員のみ。

映画上映会

 午後2時45分~4時10分。食糧危機を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー「0円キッチン」。

懇親会

 午後4時30分~5時30分。◆費用/500円。

会員募集

 豊かな環境を次世代に引き継ぎ、持続可能な社会を実現するために活動しませんか。◆対象/市民か市内で活動する市民団体や事業者。◆費用/正会員は個人・年1000円、団体・年5000円。賛助会員は年1口1000円。準会員は無料。◆申し込み/環境政策室で配布する所定の用紙を同事務局へ。

6月は土砂災害防止月間

 土砂災害への備えや避難場所などを再確認しましょう。次の場合は速やかに避難してください。

  1. 崖や壁、地面などにひび割れができた。
  2. 川の水が急に濁った。流木が混ざり始めた。
  3. 崖から水が急に湧き出した。
  4. 降雨が続くのに川の水位が減りだした。
  5. 地面が急に盛り上がった、陥没した。

日頃から備えましょう

 避難場所や緊急時の持ち出し品を防災ハンドブック・洪水ハザードマップに掲載しています。市ホームページでも確認できます。◆問い合わせ/開発審査室(電話6384-1975ファックス6368-9901)。

違法屋外広告物の撤去ボランティア団体を募集

 道路柵や街路灯などに違法に設置されている貼り紙や立て看板などは、まちの美観を損ない、通行の妨げにもなります。撤去活動をしませんか。◆対象/次の(1)~(4)の条件を満たす5人以上の団体。(1)全員が18歳以上。(2)撤去活動に無償で参加できる。(3)撤去した広告物の保管場所を確保できる。(4)7月に実施する簡易広告物に関する講習会に参加できる。◆申し込み/6月29日(金曜日)までに所定の用紙を地域環境課(電話6384-1361ファックス6368-7350)へ。

ぶらっと吹田遊歩道めぐり

 ガイドの案内で楽しく歩きましょう。旧吹田・中の島コース。約4.5キロメートル。◆とき/6月15日(金曜日)午前9時にJR吹田駅中央改札口集合。午後1時に阪急吹田駅解散。◆問い合わせ/公園みどり室(佐竹台1電話6834-5364ファックス6834-5486)。

市営住宅入居者募集

 一般世帯向け4戸、新婚・子育て・ひとり親世帯向け7戸、高齢者世帯向け1戸、障がい者世帯向け1戸、障がい単身者向け1戸、高齢単身者向け2戸。◆対象/次の(1)~(5)と募集区分ごとの条件を満たす人。(1)現在、住宅に困っている。持ち家のある人は不可。(2)本人が市内に在住か在勤。(3)収入基準に合う。(4)過去に市営住宅で、家賃滞納や無断退去など不正な使用をしたことがない。(5)保証人を選任できる。◆申し込み/6月1日(金曜日)から市役所正面玄関、出張所、サービスコーナーで配布する所定の用紙を6月15日(金曜日)までに住宅政策室(電話6384-1923ファックス6368-9902)へ。

貯水槽は定期的に清掃を

 貯水槽のある施設の設置者か管理者は貯水槽を定期的に清掃し、衛生管理に努めてください。容量が10立方メートルを超える貯水槽は、水道法で厚生労働大臣登録検査機関の定期検査が義務づけられています。設置者や施設などに変更があれば環境保全課(電話6384-1850ファックス6368-7350)へ連絡してください。

井戸水は雑用水に利用を

 井戸水はできるだけ飲用以外に使用してください。飲用に利用している井戸は定期的な水質検査を実施し、安全を確認してください。井戸を所有している人は環境保全課(電話6384-1850ファックス6368-7350)へ連絡してください。

トイレに異物を流さないで

 水洗トイレに排せつ物やトイレットペーパー以外のものを流すと、排水管が詰まる原因になります。異物や水に溶けないものは流さないでください。ティッシュペーパーや新聞紙、たばこ、紙おむつ、布、ビニールなどは水に溶けません。また、ガソリンや灯油、農薬などの危険物は下水処理に悪影響を与え、施設の損壊の原因になり非常に危険です。◆問い合わせ/水循環室(電話6384-2054ファックス6368-9903)。

土のうの配布・回収

 大雨や台風による浸水被害を軽減するため、土のうを配布します。自宅などで保管してください。使用した土のうの回収も行っています。近隣と共同使用する土のう保管場所を無料で提供できる人は連絡を。◆問い合わせ/水循環室(電話6384-2073ファックス6368-9903)。

止水板設置に助成金

 止水板や止水シートを設置することで、集中豪雨などによる建物への浸水被害を軽減することができます。市内の浸水する恐れのある建物の出入口などに設置する場合、必要経費の2分の1(1000円未満切り捨て)を助成します。30万円が上限。事前に審査が必要です。◆問い合わせ/水循環室(電話6384-2073ファックス6368-9903)。