福祉

費用の記載がないものは参加無料。申し込みの記載がないものは当日直接会場へ。

メールアドレスの記載がないものは、市ホームページに問い合わせ一覧があります。

地域で活動しています

子育て・福祉の相談相手 民生委員・児童委員・主任児童委員

 厚生労働大臣に委嘱された地域のボランティアです。みなさんの心配ごとを解決するため、福祉サービスに関する情報の提供や関係機関とのつなぎ役を担っています。また、市や社会福祉協議会などと連携し、高齢者の安否確認や見守り訪問活動を行うほか、地区敬老行事では運営の中心になるなど、高齢者が生き生きと幸せに暮らせるよう活動を行っています。

民生・幸齢 すまいるフェスタ

6月20日(水曜日)メイシアター

演芸

 正午~午後4時。中ホール。

ノルディックウォーキング体験など 

 午前11時~午後4時。集会室など。

囲碁・将棋コーナー

 午前11時~午後4時。展示室。

◆問い合わせ/福祉総務課(電話6384-1815ファックス6368-7348)

災害時要援護者名簿の同意確認

 災害発生時、避難に支援が必要な人の名簿です。新たに対象となった人へ6月中旬に同意確認書を郵送します。記入して6月30日(土曜日)までに返送してください。同意者の情報は、平常時から市と協定を結んだ自治会や自主防災組織に提供し、見守り活動、避難訓練などに活用します。◆問い合わせ/福祉総務課(電話6384-1363ファックス6368-7348)。

災害時ボランティア登録者募集

 災害時のボランティア活動は多岐にわたります。特技や資格などを含む個人登録をあらかじめしておくことで、迅速で効果的な被災者支援につなげることができます。登録者への研修会などもあり。◆対象/18歳以上。◆申し込み/6月1日(金曜日)から電話で吹田市社会福祉協議会(総合福祉会館内電話6339-1205ファックス6339-1202)へ。

介護相談員を募集

 特別養護老人ホームなどを訪問し、入所者や家族からの相談に応じます。8月から始まる研修修了後、11月から2年間。月5回。1回3時間程度。活動経費支給あり。◆対象/1年以上、市内在住の20歳以上。要介護認定を受けていないなどの条件あり。◆定員/2人。選考あり。◆申し込み/6月1日(金曜日)から配布する所定の用紙と「高齢者とのコミュニケーションについて」を800字程度にまとめ、6月15日(金曜日)までに高齢福祉室介護保険担当(電話6384-1341ファックス6368-7348)へ。

府介護支援専門員 実務研修受講試験

◆とき/10月14日(日曜日)。◆ところ/大阪府立大学や大阪工業大学など。◆費用/8700円。◆申し込み/市高齢福祉室介護保険担当(電話6384-1341)などで配布する所定の用紙を6月25日(月曜日)までに府地域福祉推進財団(電話6763-8044ファックス4304-2941)へ。

軽スポーツ教室

 バドミントンやレクリエーションゲームなど。◆とき/6月9日(土曜日)、23日(土曜日)午前10時~11時30分。◆ところ/片山市民体育館。◆対象/中学生以下を除く知的障がい者。◆定員/先着30人。◆申し込み/同館(電話6389-2681ファックス6389-2682)へ。健康ポイント対象。

高次脳機能障がい家族交流会

 介護の悩みや不安を話し合いましょう。◆とき・対象/6月23日(土曜日)。◇福祉制度や障がい福祉サービスなどの話=午前10時~10時25分。◇家族交流会=午前10時40分~11時40分、当事者の家族。◆ところ/千里山コミュニティセンター。◆定員/先着30人。◆申し込み/電話かファックス、メールで吹田市社会福祉協議会(電話6339-1254ファックス6339-1202メールアドレスsuisyakyo@mua.biglobe.ne.jp)へ。