使い捨てコンタクトレンズの空ケースのリサイクル活動の開始について

令和2年(2020年)10月15日提供

 

問い合せ先

      環境部環境政策室(電話:06-6384-1782



吹田市とHOYA株式会社アイケアカンパニー(カンパニープレジデント橋本和武(はしもと・かずたけ))は、吹田市内の使い捨てコンタクトレンズ空ケース(以下「空ケース」という)を回収し、廃棄物の減量を目的として、空ケースの回収に係る協定を締結します。

市内公共施設に空ケース回収ボックスを配置し、リサイクル活動を行い、これまで廃棄されていた空ケースのリサイクルに取り組みます。

プラステチックはその機能の高度化を通じて食品ロスの削減やエネルギー効率の改善等に寄与し、社会的課題の解決に大きく貢献してきました。しかし、その一方で、不適正な処理のため世界全体で年間数万トンを超える陸上から海洋へのプラスチックごみの流出があると推計され、2050年までに魚の重量を上回るプラスチックが海洋環境に流出する予測がされ、地球規模での環境汚染が懸念されています。

現在、青年層において、コンタクトレンズに係る年間支出額は眼鏡の倍になっており、空ケースの回収を通じて、特に若い世代に対してプラスチックごみ削減等、環境問題を意識するきっかけにもなると考えています。

なお、今回のような自治体との協定については、東京都東大和市、3自治体で構成する環境組合(東京都日野市、国分寺市、小金井市)に次いで3例目となり、西日本では初めてとなります。

【協定名称】

使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定

【協定締結事業者】

HOYA株式会社アイケアカンパニー

東京都中野区中野4丁目10番地2号中野セントラルパークサウス6階

【協定締結日】

令和2年(2020年)10月15日(木)

※なお、新型コロナウイルス感染拡大防止に鑑み、締結式は実施しておりません。

【回収拠点】

市役所本庁舎2階環境政策室窓口、千里出張所、パスポートセンター、夢つながり未来館、千里山コミュニティーセンター、北千里市民サービスコーナー、江坂市民サービスコーナー、資源リサイクルセンター(※今後、拡充予定)




Adobe Acrobat Reader DCをダウンロード

PDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Acrobat Reader DCが必要です。

AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟2階 231窓口)

Tel:

【市報・ホームページ】 06-6384-1276

【広報番組】 06-6384-1274

【報道】 06-6384-1272

Fax:06-6384-7887

mail:s_koho@city.suita.osaka.jp