平成30年度の活動状況

1 公益内部通報:1件

 【公益内部通報の内容及び対応】

 職員の人事異動の理由について、異動した職員が上司から説明された内容とは異なる理由(異動した職員による後輩職員への指導方法)を上司以外の職員から聞いたため、当該人事異動に不信感を抱くこととなった。異動した職員による後輩職員への指導方法に問題があるのならば、調査や注意等が必要であったが、それらを行わずに人事異動がなされたことから、当該人事異動は不当であるとの通報がありました。

   関係職員に対する聞き取り等調査を進めています。(令和元年7月調査終了)

 

2 不当要求行為

(1) 各所属長が認定した件数:5件

 【不当要求行為の内容及び対応】

ア 職員の服装や髪形に対する要望があり、対応した職員に対して大声で暴言を浴びせたため、本市本庁舎危機管理

 業務非常勤職員(元警察職員)が対応しました。(市民総務室)

イ 窓口対応の職員の名札が見えないとの指摘があり、対応した職員に対して、大声で怒鳴り、威圧的な言動を繰り

 返したので、大声を出さないよう注意をしましたが、止めなかったため、本市本庁舎危機管理業務非常勤職員(元 

 警察職員)に対応を依頼するとともに、警察に通報しました。(子育て給付課)

ウ 窓口対応の職員の名札が見えないとの指摘があり、対応した職員に対して、大声を出すことを繰り返したため、   

 相手方が落ち着くまで、当該職員が対応しました。(税務部)

エ 住民票の写しの交付申請に対し第三者申請の要件を満たしていないため交付できない旨を説明したところ、交付

 できる要件を教えろと長時間におよび大声を出したため、警察に通報しました。

 (市民課)

オ 庁舎内の標示、職員の名札、服装、髪型等に関する苦情に対応した職員に対して、杖で職員を突くなどの暴行を

 行ったため、警察に通報し、暴行容疑で現行犯逮捕となりました。(総務室)

(2) 各所属長からの審査依頼に基づきコンプライアンス審査会が認定した件数:0件

 

3 コンプライアンスに関する研修会の実施

(1) コンプライアンス研修

 職務遂行に必要な知識を持ち、法令を遵守することは公務員の基本であり、その実践が市民からの信頼につながります。コンプライアンスを徹底することの意義と重要性を再認識すること等を目的に、課長代理級以上の職員向けと主査級以下の職員向けの研修を実施しました。

ア 課長代理級以上の職員向け

 平成30年6月7日(木)合計47人参加

       【内容】

・ なぜ今、コンプライアンスの強化・確立が重要か

・ コンプライアンスの基本的な考え方

・ コンプライアンス違反を発生させない組織管理のあり方 など

イ 主査級以下の職員向け

 平成30年9月27日(木)合計45人参加

 【内容】

・ コンプライアンスの基礎と組織管理の意義の確認

・ 内部統制の実務への活用

・ コンプライアンス違反や事故を題材とした事例演習

(2) 行政対象暴力の予防・排除に関する研修

 行政対象暴力の特徴、日頃の業務の中で注意するポイントや悪質クレームへの対応等を学ぶことによって、今後の冷静かつ毅然とした対応につなげ、公正な業務遂行を確保することを目的に、吹田警察署及び大阪府警察本部捜査4課の協力により研修を実施しました。

 平成30年11月15日(木)合計51人参加

       【内容】

            行政対象暴力等不当要求の予防・排除に関する講演、ロールプレイング、護身術・さすまたの使い方、質疑応答等

 

4 公正職務監察員の委嘱

 令和3年3月31日までの間、2名の弁護士を委嘱しています。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟8階)

Tel:

【法規】 06-6384-1330 

【文書】 06-6384-1232


Fax: 06-6337-1631(代表)

mail: somuhousei@city.suita.osaka.jp