平成26年度の活動状況


1 公益内部通報:0件

 

2 不当要求行為

(1) 各所属長が認定した件数:3

【不当要求行為の内容及び対応】

  ア. 臨時給付金の支給に関する電話に対し、職員が回答をしたところ、回答結果に納得がいかなかった市民に

   氏名を確認され、回答内容が間違っていた場合暴力を振るうと脅迫された。(臨時給付金支給事務担当チーム)

 

  イ. 市民が、職員の対応に対する不満を述べるために、職員の名前を叫び、カウンターの横から事務室内に入って

   来ようとしたため、職員が制止をしようとしたところ、職員に対し暴力を振るったため警察に通報した。

   また、その後も興奮状態が続き、備えてあった老眼鏡のケースを掴んで投げつけ破損させた。(市民相談課)

 

  ウ. 市民が、対応した職員の言動に問題があったとして、窓口で大声で怒鳴り、威圧的な言動を繰り返した。その後、

   大声を出さないように何度も注意を行ったが、大声で怒鳴ることを止めないため、警察へ通報した。(千里ニュータウン地域保健福祉センター)

 

(2) 各所属長からの審査依頼に基づきコンプライアンス審査会が認定した件数:0件

 

3 コンプライアンス研修会の実施

  公務員の基本に立ち返り、適切な法令遵守・リスクマネジメント・内部統制を実践することとともに、ハラスメント防止の意識を高めることによって、業務を円滑に遂行し、ひいては市民の信頼を高めることを目指して、管理職向けと一般職向けに実施しました。

(1)管理職向け

     平成26年6月24日(火)、25日(水)合計117人参加

     コンプライアンスの遵守実践において、「部下・組織に対するリーダーシップを発揮する」ことの再確認を目的に実施。

    【内容】

    ア. コンプライアンスとは

    イ. 管理職の役割(リーダーシップ)

    ウ. よりよい職場風土の醸成

        など

 

(2)課長代理級以下職員向け

     平成26年6月24日(火)、25日(水)合計100人参加

     コンプライアンスの遵守実践において、「自ら、リスクマネジメント・内部統制を確立する」ことの重要性について研修。

    【内容】

    ア. コンプライアンスとは

    イ. 意識の持ち方ととるべき行動

    ウ. 不適切な事案発生の公務内外への影響

         など


4 公正職務監察員の委嘱

  平成30年3月31日までの間、2名の弁護士を委嘱しています。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟8階)

Tel:

【法規】 06-6384-1330 

【文書】 06-6384-1232


Fax: 06-6337-1631(代表)

mail: somuhousei@city.suita.osaka.jp