平成25年度の活動状況


1  公益内部通報:1件

    【公益内部通報の内容及び対応】

         市立中学校教諭が、部活動で対外練習に生徒と共に参加する際、自家用車を用い、当該自家用車の

      定員を超える人数の生徒を乗車させた旨の公益内部通報があり、コンプライアンス審査会において、

      事実確認の上、市教育委員会に適切な対応を求めました。

 

2  不当要求行為

   (1) 各所属長が認定した件数:3

       【不当要求行為の内容及び対応】

          ア  生活保護に関する相談に来た市民が、応対した職員の身だしなみを正すよう所属課長に乱暴な

             言葉遣いで要求し、机を平手で叩き威嚇したため注意を行ったが、それに腹を立て所属課長の額を

             平手で叩いたため、警察に通した(生活福祉課)

          イ  生活保護に関する相談に来た市民が、応対中に机をひっくり返す、職員に対する暴言や脅しとも

             とれる行為、会議室の机や扉を蹴などの暴行為を行ったため、警察に通報した。(生活福祉課)

          ウ  市民が、市に関係のないことを執拗に質問し、業務終了後も居座り続け、再三の退去警告にも

             応じず、大声を出したり机を足で蹴ったため、察に通報した。 (市民相談課)

   (2) 各所属長からの審査依頼に基づきコンプライアンス審査会が認定した件数:0件

 

3  コンプライアンス研修会の実施

   (1) 地方自治体での不祥事が相次ぐ中、現場のトップである管理職が内部統制を正しく理解した上で職場

       全体のリスク対応能力を高めることが不可欠なため、課長級以上の職員を対象に研修会を開しました。

        (平成25年10月31日(木) 123名参加)

        【研修会の内容】

  ア  職場改善とリスクマネジメントについて

  イ  リスクの評価について

  ウ  管理職としてリスク発生を防止するための必要な姿勢について

  エ  コンプライアンスに関する取組の事例について

   (2) 公務員としての心構えや倫理観を高め、ルールを遵守することは、事件・事故の発生を回避し、職員自身

       を守ることにもつながります。職員のコンプライアンス意識を高めるため、課長代理級以下の職員を対象

       に研修会を開催しました。(平成25年11月7日(木) 83名参加)

        【研修会の内容】

          ア  公務職場に求められるもの

          イ  各職場における不祥事案等の具体例

          ウ  職場の課題発見”コンプライアンス遵守のためにどうする?”

 

4  公正職務監察員の委嘱

    平成24年4月1日から平成27年3月31日まで、2名の弁護士に委嘱を行っています。

 

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟8階)

Tel:

【法規】 06-6384-1330 

【文書】 06-6384-1232


Fax: 06-6337-1631(代表)

mail: somuhousei@city.suita.osaka.jp