マンションや事業所等で自衛消防訓練を検討中の皆様へ


   自衛消防訓練等の実施について

(新型コロナウイルス感染症拡大防止対策)


 新型コロナウイルス感染拡大に伴い消防法令に定める消火、通報避難訓練の

実施義務が免除されることはありません。

 消防訓練実施の方法等は下記を参考に状況を踏まえ、各事業所での判断

お願いします。

1 自衛消防訓練実施の注意事項

  ・ 訓練参加者はマスクを着用してください。

  ・ 3密、「密集」「密接」「密閉」にならない人数と場所で訓練を実施

      してください。

  ・ 風邪症状等がある方の参加は控えてください。

  ・ 訓練実施前後の手洗い及びうがいの徹底、参加人員の把握、検温の実施

         及び記録等、その他事業所の実態に応じた感染防止対策をお願いします。

  ・ テーブルや手すり、ドアノブなどの他、使用した資器材についても

         こまめに消毒してください。

2 消防訓練の方法及び延期について

  ・ 年間に定めた回数を達成できるよう十分留意したうえで、期間内

      (年度内等)に実施するよう努めてください。

    なお、防火対象物定期点検報告若しくは、防災管理定期点検報告

         特例適用を受けている防火対象物の関係者は、上記内容に留意して

   ください。

    自衛消防訓練を延期する場合は感染流行収束後、速やかに実施して

         ください。延期しない方法のひとつとして、以下のような訓練方法が

   ありますので参考にしてください。

(訓練方法の例)

  ・ フロアや係等の小さな単位毎に少人数で行う。

   (1) 消火訓練:消火器等の消火設備の設置場所や使用方法の確認をする。

   (2) 119番通報訓練要領の確認や通報装置の設置場所や使用方法の

     確認をする。

   (3) 避難訓練:避難経路や避難誘導の方法等について確認する。

  ・ リーフレット 等により自衛消防訓練のポイントや、消火器等の設備

   の使用方法を確認し、個人で実際に設置位置を確認する。終業後、個人で

   実際の避難経路を通って退社する。

  ・ 訓練終了後の講評等を中止し、社内メール等で実施する。

 自衛消防訓練への消防職員の派遣(立合い)について

  吹田市消防本部では、管内のマンションや事業所等からのご依頼を

 受けた場合、訓練指導のために消防職員を派遣することができますので、

 詳細については各消防署へお問い合わせください。

  南消防署 警防担当:06-6317-0119

  北消防署 警防担当:06-6872-0766

  西消防署 警防担当:06-6384-0151

  東消防署 警防担当:06-6876-9119

総務予防室 予防グループ

〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目21番6号  (消防本部)

Tel: 06-6193-1116

Fax: 06-6193-0101

mail: sfd-yobo@city.suita.osaka.jp