豪雨に伴う通電火災対策について

 令和2年7月の豪雨により、今後、広範囲にわたる長時間停電の発生が懸念されるところです。       

 停電からの再通電時において、電気機器又は電気配線からの火災、「通電火災」が発生する可能性があります。                                                                                

 「通電火災」とは?コンセントのイラスト                                    豪雨                             
  停電の復旧に伴い地震によって散乱した室内で電気ストーブや照明器具に通電し、近くの可燃物に着火し火災になったり、地震  により電気配線の被覆や電気機器本体が損傷している状態で通電すると火花が発生することがあります。その火花が可燃物や漏れているガスに引火することで火災になる場合があります。
  地震以外でも台風などの風水害による停電の際にも、雨漏りなどでコンセントや天井裏の配線が濡れた状態で復旧してしまう と、トラッキング現象やショートを誘発し、火災になる場合があります。


 豪雨による水害が発生した場合は、以下の対応をお願いします。


1、停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントか離脱すること。

2、停電中は自宅等を離れる際はブレーカーを落とすこと。

3、再通電時は漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、

     燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用すること。

4、建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、

     火災に至る場合があるため、煙の発生等の以上を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡すること。

                                避難準備の様子      ブレーカーを落とす様子


総務予防室 予防グループ

〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目21番6号  (消防本部)

Tel: 06-6193-1116

Fax: 06-6193-0101

mail: sfd-yobo@city.suita.osaka.jp