アメリカ合衆国の核性能実験に抗議しました。

  吹田市は「非核平和都市宣言」の趣旨に基づき、核兵器の廃絶を訴えるため、あらゆる国の核実験に対し、中止の要請文や抗議文を送付しています。

 

○2014年9月4日と10月3日にアメリカ合衆国が実施したZマシンを使用した核性能実験に対し、

  2014年11月5日付、駐日アメリカ合衆国大使館特命全権大使あてに、以下の内容で抗議文を送付しました。

 

 

 

                                抗  議  文

 

 

駐日アメリカ合衆国大使館特命全権大使

キャロライン・ケネディ大使 殿

 

 貴国が、ニューメキシコ州のサンディア国立研究所において、今年9月4日と10月3日の2回、Zマシンを使用した核性能実験を実施したとの報道に接しました。
 核兵器のない世界の実現が、国際社会における人類共通の願いであり、また、オバマ大統領は、世界で唯一核兵器を使用した国の道義的責任として、「核のない世界」の実現に向けて世界をけん引していくことを誓われました。
 私は吹田市民を代表して、この願いに逆行する貴国の核性能実験に対して、強く抗議するとともに、21世紀を核兵器のない真の恒久平和の世紀にするためにも、今後一切の実験を中止するよう強く求めます。
 最後に、この抗議文を本国へ伝達いただくよう要請いたします。

 

 

 2014年11月5日

 平和首長会議加盟都市

 日本非核宣言自治体協議会会員

 大阪府吹田市長 井 上 哲 也

 

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟1階 134番窓口)


Tel:

【人権・平和】 06-6384-1513

【人権啓発推進協議会】 06-6384-1539

【男女共同参画】 06-6384-1461

Fax:

  06-6368-7345

Mail:

【人権・平和】jin_kent@city.suita.osaka.jp

【人権啓発推進協議会】suitajinken@wi.kualnet.jp

【男女共同参画】danjosan@city.suita.osaka.jp