ようこそ平和祈念資料館ライブラリーへ

   平和祈念資料館には、約4,000冊を超える広く「平和」に関する書籍を所蔵しています。
 

   平和祈念資料館の職員がお勧めする本や、ぜひ読んでいただきたい本を紹介して
   

   いきますので、ご利用ください。 



       『「戦争」が生んだ絵、奪った絵』

                                                        野見山 暁治  橋秀文 窪島誠一郎 著  (株)新潮社 発行


   本書は、第一部「戦争」が生んだ絵と第二部「戦争」が奪った絵の二部構成となっています。第一部は画家たちが、第二部は戦没画学生と遺族たちが主人公です。

   表紙を開けると、直ぐに飛び込んでくる文章は、読む者の胸を打ちます。

『「戦争」を生き抜いた画家は、今度は戦争体験と戦わねばならなかった。戦争の激浪に拉致された画学生、画家たちは、沈黙を強いられることとなった。青春の夢・希望を奪われたことでは、両者は同じ、犠牲者だった。』とあり、ここに著者たちの思いが込められています。みんな戦争に翻弄され、その叫びと抗いは作品によって、私たちに届けられます。

  第一部の最初から、著者たちの選考した作品とその作品に対する思いや、時には作者の生い立ちや家族の様子が綴られ、作品に向き合う前から、より深く入り込むことができます。単に美術書を見るというよりも、作品と文章を通して戦争の真実と残酷さ等を感じ取ることができる構成になっており、実際に作品のある美術館へ駆けつけ、目と心で触れ合いたくなります。

  第二部の第二章、第三章で触れている、戦没画学生慰霊美術館「無言館」は長野県上田市にあります。美術学校に合格し夢を膨らませていた若者たちが戦地に赴き散り、残していった遺作を発掘・保存しています。戦後何十年と経て、人々の記憶から画学生のことは薄れていっていますが、彼らの「まだまだ絵を描きたかった。生きたかった」という思いや事実は残ります。戦争の痛ましさや悲しみを美術という側面から教えてくれる本書は、一人、ゆっくりと読みたい本と言えます。



バックナンバーの紹介はこちら

 


 

   

 


        

 ご利用案内

 

  本や雑誌を借りるには図書借出カードが必要です。

  ◎原則、吹田市内にお住まいの方、市内の事業所や学校に在勤・在学されている方

     であれば借りることができます。

  ◎図書借出カードを作るときは、住所、氏名の確認できるもの(健康保険証、

     運転免許証、学生証など)をご用意ください。吹田市外にお住まいの方は、

     在勤、在学を確認できるものをあわせてご用意ください。

     また、ご本人名義の吹田市立図書館の借出カードをご提示いただければ、

     図書借出カードをお作りいたします。

  ◎図書借出カードを紛失したときや、住所、氏名などが変わったときは、すぐに

     お知らせください。

 

 

  貸 出
  5冊まで、3週間

  ※一部、貸出できない資料もあります。
  
  返   却
  平和祈念資料館のカウンターへご持参ください。( 開館時間内 )

  吹田市立図書館(図書館返却ポストを含む)に、返却できます。

  ただし、図書館の本を資料館には返却できません。
  
  延   長
  返却期間内にご連絡いただければ、予約がない場合の貸出期間を

  3週間延長することができます。
    
  予   約 

  貸出中の図書は、予約できます。

     

〒565-0862 大阪府吹田市津雲台1丁目2番1号(千里ニュータウンプラザ8階)

【業務時間】 午前10時~午後6時

【休日】月曜日、祝・休日(月曜日と重なるときはその翌日も)、年末年始(12月29日~1月3日)

【Tel】 06-6873-7793

【Fax】 06-6873-7796