ようこそ平和祈念資料館ライブラリーへ

   平和祈念資料館には、約4,000冊を超える広く「平和」に関する書籍を所蔵しています。
 

   平和祈念資料館の職員がお勧めする本や、ぜひ読んでいただきたい本を紹介して
   

   いきますので、ご利用ください。 



   『あの日のオルガン  疎開保育園物語』        久保つぎこ 著  朝日新聞出版 発行

 

  初版『君たちは忘れない』(原題)発刊から36年後の2018年、復刻・改訂版『あの日のオルガン 疎開保育園物語』

と改題して再刊され、それに伴い映画化もされました。

  著者は、太平洋戦争末期に日本で初めて開設された「疎開保育園」の記録を残そうと、多くの関係者から詳細な取材

を行い、初版にこぎつけるまでに約3年もかかっています。関係者が戦禍の中で子どもを守ろうと奔走した様子や、若

い保母たちが子どもたちと必死で生きぬいていく姿などが克明に記された感動作となっています。

  1944年11月、東京から集団疎開先である埼玉県南埼玉郡平野村字高虫の妙楽寺に、保母と幼児の集団は辿り着きま

す。荒れ果てたお寺の掃除から始まり、当初は周囲の農家からの食糧補給援助もなく、親から引き離された幼児53人

を二十代中心の保母8人が親代わりとなって必死に保育を行います。

  壮絶な生活の中、戦争が終わることを夢に見続けた保母たちが、親を求めて泣き叫ぶ子どもたちにオルガンを鳴らし

て勇気付けたり、食糧援助をして貰っている農家のために農繁期保育所を開設したりと、葛藤しながらも奮闘する姿は

感動的です。終戦とともに「疎開保育園」は終了となりますが、保母たちの幾人かは、東京の新たな保育園で活躍を続

け、戦争体験を語り継いでいきます。

  戦争に翻弄されつつも、たくましく生きる保母たちの思いやパワーを感じる一冊となっています。



バックナンバーの紹介はこちら

 


 

   

 


        

 ご利用案内

 

  本や雑誌を借りるには図書借出カードが必要です。

  ◎原則、吹田市内にお住まいの方、市内の事業所や学校に在勤・在学されている方

     であれば借りることができます。

  ◎図書借出カードを作るときは、住所、氏名の確認できるもの(健康保険証、

     運転免許証、学生証など)をご用意ください。吹田市外にお住まいの方は、

     在勤、在学を確認できるものをあわせてご用意ください。

     また、ご本人名義の吹田市立図書館の借出カードをご提示いただければ、

     図書借出カードをお作りいたします。

  ◎図書借出カードを紛失したときや、住所、氏名などが変わったときは、すぐに

     お知らせください。

 

 

  貸 出
  5冊まで、3週間

  ※一部、貸出できない資料もあります。
  
  返   却
  平和祈念資料館のカウンターへご持参ください。( 開館時間内 )

  吹田市立図書館(図書館返却ポストを含む)に、返却できます。

  ただし、図書館の本を資料館には返却できません。
  
  延   長
  返却期間内にご連絡いただければ、予約がない場合の貸出期間を

  3週間延長することができます。
    
  予   約 

  貸出中の図書は、予約できます。

     

〒565-0862 大阪府吹田市津雲台1丁目2番1号  (千里ニュータウンプラザ8階)

【業務時間】 午前10時~午後6時

【休日】月曜日、祝・休日(月曜日と重なるときはその翌日も)、

            年末年始(12月29日~1月3日)

【Tel】 06-6873-7793     【Fax】 06-6873-7796