国民健康保険制度改革について

 これまで国民健康保険の財政運営などは市町村が行っていましたが、国民皆保険の要である国民健康保険を、安定的かつ持続可能な制度として次の世代に引き継げるよう、平成30年4月からは大阪府と市町村が共同保険者となって運営しています。大阪府も市町村とともに運営に加わり、財政運営を市町村単位から府単位に拡大することで、予期せぬ医療費増等の財政リスクの軽減など、運営の安定化を図っていきます。


 引き続き吹田市が、国民健康保険に関する身近な窓口です。

 

変更点

 高額療養費制度

   多数回該当(過去1年間で4回以上高額療養費に該当すれば、自己負担限度額が変更される場合がある制度)は市町村単位でし             たが、4月からは府内の市町村に転出した場合でも転出前と同じ世帯と認められれば多数回該当の回数が引き継がれます。

 

被保険者証(10月から)

     9月に送付する新しい被保険者証には、「大阪府」が表記されるようになります。


参考 

   大阪府国民健康保険運営方針(平成29年12月1日策定)

 


〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:

【給付】 06-6384-1337

【収納】 06-6384-1240

【資格・賦課】 06-6384-1241

【庶務】 06-6384-1239

Fax: 06-6368-7347

mail: kokuho@city.suita.osaka.jp