後期高齢者の医療費について

医療機関等での窓口負担と高額療養費支給手続き

医療機関等の窓口負担は、1割(現役並み所得者は3割)負担です。同じ月に外来(入院)で支払った一部負担金が、下表の自己負担限度額を超えた場合、超えた額を高額療養費として支給します。

医療機関等からの請求を基に、大阪府から高額療養費の通知が送付されますので申請してください。指定の口座に振込みます。一度申請されると以降は該当したとき、自動的に振込まれます。

口座の変更を希望される場合は再度申請が必要です。 


1か月の自己負担限度額は?

●平成30年8月1日から

自己負担限度額
(月額)
自己負担限度額
外来
(個人ごと)
自己負担限度額
外来+入院
(世帯)
現役並み所得者
(注1)
課税所得
690万円以上
252,600円
医療費が842,000円を超えたときは超えた分の1%を加算
(140,100円)(注2)

課税所得

380万円以上

167,400円
医療費が558,000円を超えたときは超えた分の1%を加算
(93,000円)(注2)

課税所得

145万円以上

80,100円
医療費が267,000円を超えたときは超えた分の1%を加算
(44,400円)(注2)
一 般
18,000円
(年間上限額144,000円※)
57,600円
(44,400円)(注2)
住民税非課税世帯(注3)
区分Ⅱ
8,000円
24,600円
住民税非課税世帯(注3)
区分Ⅰ(注4)
8,000円
15,000円

※年間上限額は8月から翌年7月までの医療費に対して適用されます。


●平成29年8月1日から

自己負担限度額
(月額)
自己負担限度額
外来
(個人ごと)
自己負担限度額
外来+入院
(世帯)
現役並み所得者
(注1)
57,600円
80,100円
医療費が267,000円を超えたときは超えた分の1%を加算
(44,400円)(注2)
一 般
14,000円
(年間上限額144,000円※)
57,600円
(44,400円)(注2)
住民税非課税世帯(注3)
区分Ⅱ
8,000円
24,600円
住民税非課税世帯(注3)
区分Ⅰ(注4)
8,000円
15,000円

※年間上限額は8月から翌年7月までの医療費に対して適用されます。


●平成29年7月31日まで

自己負担限度額
(月額)
自己負担限度額
外来
(個人ごと)
自己負担限度額
外来+入院
(世帯)
現役並み所得者
(注1)
44,400円
80,100円
医療費が267,000円を超えたときは超えた分の1%を加算
(44,400円)(注2)
一 般
12,000円
44,400円
住民税非課税世帯(注3)
区分Ⅱ
8,000円
24,600円
住民税非課税世帯(注3)
区分Ⅰ(注4)
8,000円
15,000円

 

(注1)同一世帯に属する後期高齢者医療被保険者のうち、住民税課税所得(所得控除後の額)が145万円以上の方がいる世帯に属する方。ただし、後期高齢者医療被保険者と70歳以上の同一世帯員の収入が520万円(単独世帯の場合は、383万円)未満の場合は、申請により窓口負担が1割になります。

(注2)過去12ヶ月以内に4回以上高額療養費の支給がある場合の4回目以降の限度額。 

(注3)住民税非課税世帯とは、同一世帯の世帯主及び国民健康保険加入者全員が住民税非課税の世帯です。

(注4)住民税非課税世帯の方で世帯全員の所得(所得控除後の額。年金所得は、公的年金等控除額を80万円として算定)が0円の方。世帯の範囲は住民票を基に判定します。

 

「限度額適用認定証・標準負担額減額認定証」の交付を受けるには?

詳しくは、「限度額適用認定証・標準負担額減額認定証」をご覧ください。

なお、吹田市で課税状況が確認できない場合は、世帯全員の非課税証明書が必要ですのでご注意してください。

 

入院したときの食事代の負担は?

入院時の食事代の標準負担額(1食あたり)

療養病床以外の食事療養費

現役並み所得者
460円
(平成30年3月まで  360円)
一般 
住民税非課税世帯区分Ⅱ
90日まで
210円
※91日目から
160円
住民税非課税世帯区分Ⅰ 
100円

※過去12か月の入院日数で計算します。申請には、入院期間を証明するもの(領収書等)が必要です。


療養病床生活療養費

 
食費
(1食あたり)
居住費
(1日あたり)
現役並み所得者
460円
医療区分

370円

(平成29年9月まで 320円)

一般
住民税非課税世帯区分Ⅱ
210円
Ⅱ・Ⅲ

370円

(平成30年3月まで 200円)

住民税非課税世帯区分Ⅰ
130円
老齢福祉年金受給者
100円
0円

療養病床とは、主として長期にわたり療養を必要とする方が入院するための病床です。
療養病床であっても、入院医療の必要の高い状態(人工呼吸器、中心静脈栄養等を要する状態等)が継続する方や、回復期リハビリテーション病棟に入院している方の負担額は、療養病床以外の食事療養費と同額になります。
療養病床に入院の現役並み所得の方又は一般の方の食費は、医療機関の規模によっては、1食あたり420円のところもあります。
 

後期高齢者医療制度の運営について

平成20年4月1日より新たな医療制度として、75歳以上の方(一定の障がいのある65歳以上の方含む)を対象に後期高齢者医療制度が始まりました。
同制度の運営は、府内の全市町村が加盟する「大阪府後期高齢者医療広域連合」が行います。
同連合が行う主な業務は次のとおりです。

  • 対象者の資格認定
  • 被保険者証などの交付
  • 保険料賦課
  • 各種医療給付
  • 保健事業


なお、受付業務については、これまでどおり市の窓口で行います。

大阪府後期高齢者医療広域連合のホームページはこちら







〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:

【給付】 06-6384-1337

【収納】 06-6384-1240

【資格・賦課】 06-6384-1241

【庶務】 06-6384-1239

Fax: 06-6368-7347

mail: kokuho@city.suita.osaka.jp