限度額適用認定証・標準負担額減額認定証


あらかじめ「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、

医療機関窓口で提示することで医療費の支払いが自己負担限度額までとなります。

  ※1つの医療機関ごと、1か月ごとの支払い(入院と外来は別)

70歳未満の制度と70歳以上の制度があり、世帯の所得によって区分が決定します。


(1)住民税非課税世帯の被保険者は、入院時の食事代の軽減も受けられます。

      >>詳しくは、「入院時の食事代」のページへ

(2)限度額適用認定証等を使用しなかった場合でも、高額療養費の支給がある場合は、

   お知らせが届きます。

   申請により払い戻しが受けられます。

      >>詳しくは、「医療費が高額になったとき(高額療養費)」のページへ。



手続き方法

「限度額適用認定証」「限度額適用認定標準負担額減額認定証」の申請

(1)70歳未満の国民健康保険被保険者の方は申請できます。

(2)70歳以上の国民健康保険被保険者で住民税非課税世帯Ⅱ・Ⅰの方と

   現役並み所得(3割負担)の方で課税所得が690万未満の区分Ⅱ・Ⅰの方は申請できます。

(3)限度額適用認定証等の有効期限は、毎年7月末です。

   70歳・75歳を迎える年を除く。

(4)引き続き必要な場合は、申請が必要です。

<申請に必要なもの>

●国民健康保険被保険者証

●世帯主の印鑑(認印。シャチハタ等やゴム印は不可)

※ 吹田市で課税状況が確認できない場合は、世帯全員の課税(非課税)証明書が必要です。


住民税非課税世帯で90日を超える入院の場合

※住民税非課税世帯の区分「オ」と区分「Ⅱ」の方は、

 申請月以前の12か月の入院が90日を超える場合、長期該当の認定証を発行します。

<申請に必要なもの>

入院日数が90日を超えていることが確認できるもの(領収書など)

●国民健康保険被保険者証

●世帯主の印鑑(認印。シャチハタ等やゴム印は不可)



申請場所

吹田市役所国民健康保険室の窓口(低層等1階113番窓口

※各出張所では手続きできません。

 


負担区分と自己負担限度額(月額)

(1)70歳未満の方の区分と自己負担限度額(月額)

区分

所得基準

限度額(外来+入院)



総所得金額※1

901万円超又は未申告

 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

(多数該当:140,100円※2)

総所得金額

600万円超~901万円以下

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

(多数該当:93,000円※2)

総所得金額

210万円超~600 万円以下

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

(多数該当:44,400円※2)

総所得金額

210万以下

(住民税非課税世帯除く)

57,600円

(多数該当:44,400円※2)

住民税非課税世帯

35,400円

(多数該当:24,600円※2)


※1  自己負担限度額の区分

総所得金額とは、同一世帯の国民健康保険加入者全員の住民税の基礎控除後の総所得金額です。

住民税非課税世帯とは、同一世帯の世帯主及び国民健康保険加入者全員が住民税非課税の世帯です。 

※2  高額多数該当世帯の負担軽減措置

過去12か月のうち4回以上高額療養費に該当したとき、4回目以降の限度額が軽減されます。  


(2)70歳以上の方の区分と自己負担限度額(月額)

区分

外来

(個人ごと)

外来+入院

(70歳以上の国保加入者すべて)





課税所得

690万円以上

252,600円+(総医療費ー842,000円)×1%

(多数該当:140,100円)

課税所得

380万円以上

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

(多数該当:93,000円※2)

課税所得

145万円以上

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

(多数該当:44,400円※2)

一般

18,000円

(年間上限額144,000円)

57,600円

(多数該当:44,400円)

非課税世帯 Ⅱ

8,000円

24,600円

非課税世帯 Ⅰ

15,000円


   

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:

【給付】 06-6384-1337

【収納】 06-6384-1240

【資格・賦課】 06-6384-1241

【庶務】 06-6384-1239

Fax: 06-6368-7347

mail: kokuho@city.suita.osaka.jp