国民健康保険の脱退に関する問い合わせ

★新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送による届出をご利用ください。


各質問の回答だけでなく、各種届出については「こんなときには届出を」にまとめて掲載していますので、合わせてご確認ください。なお、国民健康保険の脱退にかかる手続きは、本人及び住民票上の同一世帯の方が市役所の国民健康保険課の窓口または出張所で行ってください。

 

Q1、会社の保険に加入しました。手続きは必要ですか?

A1、国民健康保険の脱退手続きが必要です。職場から自動的に届出されることはありません。新しい社会保険証(世帯全員分)、国民健康保険被保険者証(吹田市)、本人確認書類(マイナンバーカード等)をもって手続きをしてください。また、郵送による手続きもできます(申請様式はこちら)。

 

Q2、市役所本庁以外でも脱退の手続きは可能ですか?

A2、各出張所(千里出張所、山田出張所、千里丘出張所)でも手続きができます。ただし、保険料の精算にあたっての相談などについては市役所本庁の国民健康保険課の窓口でのみとなります。

 

Q3、吹田市で国民健康保険に加入していますが、4月に他市へ転出します。国民健康保険はどのような手続きが必要ですか?

A3、吹田市の市民課または出張所で先に住民票の転出届を行ってから、被保険者証(世帯員のうち、引っ越しする人全員分)、本人確認書類(マイナンバーカード等)をもって国民健康保険の脱退手続きを行ってください。他市(引越先)での転入日の前日までが吹田市の国民健康保険の資格を有することになります。なお、引っ越しと同時期に会社の保険に加入するなどの場合や、転出理由が就学や入院、介護施設への入所などの場合には、手続きが異なることがありますので、国民健康保険課の窓口または電話でご相談ください。

 

Q4、海外に行くのですが、保険証は使用できますか?また、保険料はその間もかかるのですか?

A4、住民票の状態によって異なります。

(1)吹田市に住民票を残す場合

 国民健康保険被保険者証は、そのまま使用できます。ただし、海外では被保険者証が使用できないため、現地で支払後、日本で保険給付のための請求手続きを行えば、保険給付金が支払われることになります。保険料は、日本(吹田市)に住んでいるのと同じくかかります。

(2)住民票登録を削除し、海外転出する場合

 国民健康保険被保険者証は、海外転出日(出国日)までしか使用できません。保険料も海外転出日までしかかかりません。


〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:

【給付】 06-6384-1337

【収納】 06-6384-1240

【資格・賦課】 06-6384-1241

【庶務】 06-6384-1239

Fax: 06-6368-7347

mail: kokuho@city.suita.osaka.jp