健都における複合医療産業拠点の形成に向けて

医療クラスター(複合医療産業拠点)の形成に向けて

「クラスター」とは、本来、「(ブドウなどの)房」「群れ」などを意味します。そうした意味から、国立循環器病研究センター、市立吹田市民病院を中心に医療機関や医療関連企業等が集積し、有機的に連携した医療クラスター(複合医療産業拠点)の形成に向けて取り組んでいます。 


国立循環器病研究センターの移転

全国に6つある国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)の1つで、心臓病や脳卒中、高血圧などの循環器病を専門に世界最先端の治療と研究を行っています。心臓移植などの高度な医療分野において国内外で指導的な役割を果たしています。昭和 52年(1977年)に吹田市北部の藤白台に開設された同センターは、施設の老朽化などに伴う移転建替えが検討され、平成25年(2013年)6月に、北大阪健康医療都市(吹田操車場跡地)への移転建替が決定し、令和元年(2019年)7月に移転しました。

吹田市が行ってきた国立循環器病研究センターの移転誘致の動きについては、「国立循環器病研究センターの移転建替え」のページをご覧ください。


国立循環器病研究センター ホームページ(外部サイト)


市立吹田市民病院の移転

施設の老朽化などから、片山町から北大阪健康医療都市(吹田操車場跡地)への移転を決定し、平成30年(2018年)12月に新病院が移転開院しました。JR岸辺駅とつながり、バリアフリーの観点からも患者に優しい病院となります。国立循環器病研究センターと近接することで密に連携をとることができ、さらなる地域医療の向上が期待できます。


市立吹田市民病院 ホームページ(外部サイト)


企業誘致の取組

摂津市域の健都イノベーションパークを医療及び健康関連の企業、大学・研究機関等の進出用地としています。 


その他

駅前複合施設

JR岸辺駅北交通広場に接するエリアでは、「健康・医療のまちづくり」等の核となる、駅前にふさわしい魅力的な生活利便機能等や、医療・健康増進機能の導入が期待される複合施設を整備することとなりました。

当該土地(保留地)については、権利所有者であったUR都市機構が土地譲受事業者を公募し、平成27年(2015年)3月6日付けで、JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)が譲受事業者となり、本事業を推進していくことが決定しました。その後、平成30年(2018年)11月に、駅前複合施設(VIERRA岸辺健都)がオープンしました。


高齢者向けウェルネス住宅

居住者が、できる限り健康の保持・増進に努め、生きがいを持ち、自分らしく、安心安全で豊かな生活を送ることができるという基本的な考え方のもと、超高齢化社会における住宅環境のモデルケースとして整備しています。

詳しくは、「北大阪健康医療都市(健都)2街区高齢者向けウェルネス住宅整備・運営事業について【地域医療推進室】」のページをご覧ください。


都市型居住ゾーン

摂津市域の都市型居住ゾーンでは、多様な世代が暮らすための機能を充実させながら定住の魅力を高め、自然環境にも配慮した新しいまちづくりを掲げています。中高層住宅を中心とした都市型住宅が計画・整備されています。周辺施設等との予防医療や健康増進についての連携等も期待されます。


JR岸辺駅北側の施設立地イメージ

JR岸辺駅北側の施設立地イメージ.jpg

健都イノベーションパーク

北大阪健康医療都市における国立循環器病研究センターを中心とした国際級の医療クラスター(複合医療産業拠点)の形成を図るべく、「健康と医療」をキーワードに先端的な研究開発を行う企業等の研究施設を集積させる場として、摂津市域の健都イノベーションパークを医療及び健康関連の企業、大学・研究機関等の進出用地としています。

健都イノベーションパーク利用事業

過去に実施した健都イノベーションパークへの進出事業者の公募情報です。

現在、公募は実施していません。他の進出用地については、公募実施に向けた募集条件等を検討中です。

アライアンス棟整備・運営事業

公募プロポーザルの選定結果は、こちらをご覧ください

公募プロポーザルの実施要項等は、こちらをご覧ください

第1回公募(平成28年度実施分)

公募プロポーザル(第1回・平成28年度)の選定結果は、こちらをご覧ください

公募プロポーザル(第1回・平成28年度)の実施要項等は、こちらをご覧ください

イノベーションパーク(仮称)利用基本計画

北大阪健康医療都市に隣接する摂津市域の正雀下水処理場跡地は、国立循環器病研究センターの移転を契機として、産学官民が連携する医療イノベーション拠点の形成を図るため、企業や大学の研究機関等の進出用地としています。これらの観点から、同地を「健都イノベーションパーク」として位置付け、利用に係る基本方針を平成27年(2015年)3月に策定しました。


イノベーションパーク(仮称)利用基本計画については、こちらをご覧ください

地域未来投資促進法に基づく支援制度について

地域未来投資促進法は、企業立地促進法の改正法であり、地域の特性を活用した事業の生み出す経済波及効果に着目し、これを最大化しようとする地方自治体の取組を支援するものです。


北大阪健康医療都市(健都)を中心に、ライフサイエンス分野を対象として、大阪府、摂津市及び吹田市の三者で策定した基本計画(大阪府吹田市・摂津市基本計画)については、こちらをご覧ください

これを除く、本市の地域未来投資促進法に基づく基本計画(大阪府吹田市基本計画)については、こちらをご覧ください

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟3階)

Tel: 06-6384-2614

Fax: 06-6368-9901

mail:kento@city.suita.osaka.jp