健都における複合医療産業拠点の形成に向けて

吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めてきました。

平成21年(2009年)から誘致を続けてきた国立循環器病研究センターが、平成25年(2013年)6月に同地への移転建替えを決定しました。また、市立吹田市民病院の移転や、医療関連企業・研究機関を誘致・集積し、医療機関と医療関連企業などが集積した国際級の複合医療産業拠点(医療クラスター)の形成を目指し、「健康・医療のまちづくり」を進めています。


北大阪健康医療都市の名称及び愛称

まちづくりの経緯等を踏まえ、この地区の名称及び愛称を次のとおりとしました。

詳しくは、「北大阪健康医療都市の名称・愛称について」のページをご覧ください。

名称

北大阪健康医療都市

英訳:Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)

愛称

健都(けんと)


 <JR岸辺駅北側の施設立地イメージ>

JR岸辺駅北側の施設立地イメージ.jpg


国立循環器病研究センターの移転建替え

吹田市が行ってきた国立循環器病研究センターの移転誘致の動きについて、詳しくは「国立循環器病研究センターの移転建替え」のページをご覧ください。

健都イノベーションパーク

北大阪健康医療都市における国立循環器病研究センターを中心とした国際級の複合医療産業拠点の形成を図るべく、「健康と医療」をキーワードに先端的な研究開発を行う企業等の研究施設を集積させる場として、摂津市域の健都イノベーションパークを医療及び健康関連の企業、大学・研究機関等の進出用地としています。

健都イノベーションパーク利用事業

国立循環器病研究センターを中心とした国際級の複合医療産業拠点の形成を図るべく、健都イノベーションパークへの進出事業者を募集しています。現在、アライアンス棟整備・運営を行う事業者募集(公募プロポーザル)の再公募をしています。他の進出用地については、公募実施に向けた募集条件等を検討中です。

アライアンス棟整備・運営事業【受付終了しました】

アライアンス棟整備・運営事業に係る公募プロポーザルの実施要項等は、こちらをご覧ください

平成28年度公募分

公募プロポーザル(平成28年度)の選定結果は、こちらをご覧ください

公募プロポーザル(平成28年度)の実施要項等は、こちらをご覧ください

イノベーションパーク(仮称)利用基本計画

北大阪健康医療都市に隣接する摂津市域の正雀下水処理場跡地は、国立循環器病研究センターの移転を契機として、産学官民が連携する医療イノベーション拠点の形成を図るため、企業や大学の研究機関等の進出用地としています。これらの観点から、同地を「健都イノベーションパーク」と位置付け、利用に係る基本方針を平成27年(2015年)3月に策定しました。


イノベーションパーク(仮称)利用基本計画については、こちらをご覧ください

地域未来投資促進法に基づく支援制度について

地域未来投資促進法は、企業立地促進法の改正法であり、地域の特性を活用した事業の生み出す経済波及効果に着目し、これを最大化しようとする地方自治体の取組を支援するものです。


北大阪健康医療都市(健都)を中心に、ライフサイエンス分野を対象として、大阪府、摂津市及び吹田市の三者で策定した基本計画(大阪府吹田市・摂津市基本計画)については、こちらをご覧ください

これを除く、本市の地域未来投資促進法に基づく基本計画(大阪府吹田市基本計画)については、こちらをご覧ください

北大阪健康医療都市(吹田操車場跡地)の主な経過

北大阪健康医療都市(吹田操車場跡地)のまちづくりに関連する主な経過と複合医療産業拠点の形成に向けた取組状況です。

とき 内容 

大正12年

(1923年)

吹田操車場  操業開始
  東洋一の規模を誇る物流拠点に

昭和59年

(1984年)

操車場の機能を廃止。信号場となる

昭和62年

(1987年)

旧国鉄分割・民営化、国鉄清算事業団発足

梅田貨物駅機能の吹田操車場跡地への全面移転計画が明らかになる

平成11年

(1999年)

梅田貨物駅の吹田操車場跡地への移転計画に関する基本協定書及び確認書の締結 (梅田貨物駅機能の半分を吹田操車場跡地に)

平成16年

(2004年)

梅田貨物駅機能の残り半分の移転先について、大阪市内「百済」駅を改修して整備する案が明らかになる

平成18年

(2006年)

吹田貨物ターミナル駅(仮称)建設事業の着手合意協定書の締結
  経済界、学識経験者、行政が中心となる「吹田操車場跡地まちづくり計画委員会」を設置

平成20年

(2008年)

「吹田操車場跡地まちづくり全体構想」を策定

まちづくり基本方針 ~「みどりと水につつまれた健康・教育創生拠点」の創出

 

「吹田操車場跡地まちづくりアイデア募集コンペ」を実施

平成21年

(2009年)

「東部拠点のまちづくり計画」の策定
  国立循環器病研究センターに吹田操車場跡地での事業展開について検討を依頼

平成24年

(2012年)

国立循環器病研究センター建替構想委員会において移転誘致に関するプレゼンテーションを実施
  JR岸辺駅北交通広場・南北自由通路の供用開始
  市立吹田市民病院の吹田操車場跡地への移転建替を決定

平成25年

(2013年)

吹田貨物ターミナル駅が開業
  国立循環器病研究センターの吹田操車場跡地への移転が決定
  国立循環器病研究センター、吹田市、摂津市、UR都市機構でセンターの移転に関し基本協定書を締結

平成26年

(2014年)

「健康・医療のまちづくり」基本方針の策定

平成27年

(2015年)

「吹田操車場跡地まちづくり実行計画」の策定
  「吹田操車場跡地地区低炭素まちづくり計画」の策定
  「イノベーションパーク(仮称)利用基本計画」の策定

平成28年

(2016年)

健都イノベーションパークへの進出事業者の公募プロポーザル(第1回)を実施

平成30年

(2018年)

健都レールサイド公園・健康増進広場の供用開始
健都イノベーションパークへの進出事業者(ニプロ株式会社)と土地売買契約を締結
JR岸辺駅前の駅前複合施設(VIERRA岸辺健都)が開業
市立吹田市民病院が健都へ移転開院

令和元年

(2019年)

おおさか・すいたハウス(おおさか健都ハウス)が健都へ移転


国立循環器病研究センターが健都へ移転


〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟3階)

Tel: 06-6384-2614

Fax: 06-6368-9901

mail:kento@city.suita.osaka.jp