吹田操車場跡地地区低炭素まちづくり計画

策定の趣旨

平成24年(2012年)12月に、都市の低炭素化の促進に関する法律(略称:エコまち法)が施行され、各地で都市の低炭素化に向けた取り組みが推進されています。

吹田操車場跡地では、市域を先導する先進的環境モデル地区の実現に向けて、平成21年(2009年)3月には、東部拠点環境まちづくり計画を策定していましたが、このたび東部拠点環境まちづくり計画の内容を継承・発展させた実行計画として、平成27年(2015年)3月に「吹田操車場跡地地区低炭素まちづくり計画」を策定しました。


概要

計画の内容

吹田操車場跡地地区低炭素まちづくり計画(PDFファイル; 3226KB)


計画区域

約17.5ヘクタール

(吹田操車場跡地土地区画整理事業施行区域のうち、吹田市域15.1haに緑の遊歩道2.4haを加えた範囲)

 

計画対象分野

本計画は、エコまち法に示された取組事項のうち5つを対象分野として設定し、それぞれに方針や施策を位置付けました。

 

計画期間

計画策定から10年間(令和7年(2015年)3月まで)

〒564-0072 

【総務・健都・健康づくり担当】大阪府吹田市出口町19-2(市立総合福祉会館5階)

【公害・原爆担当】大阪府吹田市出口町19-3(吹田市保健所1階)

Tel:

【総務・健都・健康づくり担当】06-6384-2614

【公害・原爆担当】06-6384-1827

Fax: 06-6339-2058

mail:ken_machi@city.suita.osaka.jp