吹田市旅館業法施行条例等の骨子案に対する意見募集結果について


案件名

吹田市旅館業法施行条例等の骨子案

 政策等の案の題名

  1. 吹田市旅館業法施行条例(吹田市旅館営業に対する規制に関する条例の廃止を含む)
  2. 吹田市旅館業法施行細則(吹田市旅館営業に対する規制に関する条例施行規則の廃止を含む)

政策等の案の公表日

令和元年(2019年)7月1日(月)

政策等の案の趣旨と概要

  現在、大阪府が大阪府旅館業法施行条例に基づいて行っている旅館業に関する規制は、令和2年(2020年)4月に予定している中核市への移行後は本市が行うこととなります。

  現在の同条例では、都市計画法上の用途地域のうち、(1)第1種低層住居専用地域等の住居系地域の全域、(2)近隣商業地域及び商業地域であって学校、病院等の特定施設の敷地の周囲から200メートル以内のエリアを善良風俗保持地域と定め、当該地域においては、周囲の善良の風俗を害することのないよう、施設の外壁、屋根、広告物等の外観やフロント等の設備に関する基準が定められています。

  また、本市が昭和46年(1971年)に制定した吹田市旅館営業に対する規制に関する条例では、住宅密集地や規則で定める教育施設、児童福祉施設等の附近において、旅館営業を目的とする建造物の建築等が本市の善良な風俗の保持に反する場合には、市長はこれに同意しないことを定めています。

  旅館業に関する規制を行うに当たっては、大阪府旅館業法施行条例と同様に、旅館・ホテル営業の施設の構造設備の基準等を定める予定ですが、上記の2条例により善良な風俗を保持すべき地域は本市のほぼ全域にわたっているため、当該地域に限り適用されている基準を市内全域に適用し、市内全域について善良の風俗を害することがないよう、吹田市旅館業法施行条例等の制定等を行うものです。

意見募集案

意見募集案  吹田市旅館業法施行条例等の骨子案 (PDFファイル; 112KB)
意見提出者
  1. 市内に住む人、市内に通勤している人、又は市内に通学している人
  2. 市内に事業所を置いて事業活動などを行う個人又は団体
  3. 上記のほか、本条例等が定められることによって何らかの影響を受ける可能性がある個人又は団体
意見提出期間

 令和元年(2019年)7月1日(月曜日)~令和元年(2019年)7月31日(水曜日) 必着

意見提出方法

 郵送、ファックス、電子メール、直接提出

意見提出件数

  0件

結果の公表日

  令和元年(2019年)11月下旬頃(条例案)、令和元年12月下旬頃(細則)

結果の概要

  上記期間中に市民の皆さまのご意見を募集しましたが、お寄せいただいたご意見はありませんでした。

  このため、現在、意見募集案の内容に基づいて、条例案と細則を定めるための作業を進めているところです。最終的な結果につきましては、条例案を令和元年(2019年)11月下旬頃に、細則を令和元年(2019年)12月下旬頃に公表する予定ですので、しばらくお待ちください。

問い合わせ先

 健康医療部 保健所設置準備室

 電話:06-6170-4815

〒564-8550大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟3階)

Tel: 06-6170-4815


Fax:06-6368-7347

mail:s-hokenjyo@city.suita.osaka.jp