新しい生活様式における熱中症予防


新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、「3密(密集・密接・密閉)を避ける」や「マスクの着用」、「手洗い」等の対策を取り入れた新しい生活様式を実践することが大切です。

例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただきたく、新しい生活様式における熱中症予防のポイントをまとめました。


新しい生活様式における熱中症予防のポイント

1)暑さを避けましょう

  • 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
  • 暑い日や時間帯は無理をせず、急に暑くなった日は特に注意しましょう。


2)適宜マスクを外しましょう

  • 気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。そのため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。
  • マスクを着用している場合には、負荷のかかる作業や運動は避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜、マスクをはずして休憩をとるようにしましょう。


3)こまめに水分補給しましょう

  • のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう。(一般的に、食事以外に1日当たり1.2Lの水分の摂取が目安とされています。)
  • 激しい運動、作業を行ったとき、多くの汗をかいたときは塩分も補給しましょう。


4)日ごろから体温測定など健康チェックをし、健康管理をしましょう

  • 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう


*高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密(密集・密接・密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。


〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp