歯と口の健康習慣

一生を共に歩む自分の歯

アジサイの中で歯ブラシを持つすいたん

口の健康は、こころとからだの健康に深くつながっています。

むし歯や歯周病の原因菌が血管に入って糖尿病をはじめとする全身の病気に影響を及ぼす

ことがあります。また、食べものが噛みにくい、飲み込みにくい、歯が痛いなどのストレスによって憂うつな気分にもなります。

コロナ禍によるマスク生活で口の中の環境悪化や機能の低下などを感じていませんか?

口の機能低下はオーラルフレイルと呼ばれ、若い方からご高齢の方まで、誰にでも起こる口の

衰えです。

オーラルフレイル対策は、心身全体の衰え(フレイル)を予防し、健康で自分らしい生活を

楽しむために取入れて欲しい生活習慣です。

あなたやご家族の未来のために今からお口の健康づくりについて考えていきましょう。


未来のために今からできること

1.定期的に歯科健診を受ける

むし歯や歯周病は、はじめのうちは自覚症状がわかりにくく、気づいた時には重症になっていることも…。

定期的に歯科健診を受けるメリット

        • むし歯や歯周病を早期に発見し治療できる。
        • 歯石除去など歯のクリーニングを受けられる。
        • 自分に合った歯のみがき方を教えてもらえる。


家族で通えるホームドクター(かかりつけ歯科医院)を見つけましょう



口の健康が人生の分かれ道になるかも…。

どこへ向かうかはあなた次第。

お口の健康は人生の分かれ道

吹田市の歯科健康診査(健診名をクリックすると関連ページに移動します。)

妊婦歯科健康診査産婦歯科健康診査

乳幼児歯科健康診査

成人歯科健康診査(障がい者、75歳以上対象歯科健康診査含む)

在宅要介護者・児訪問歯科健康診査

後期高齢者医療保険の歯科健康診査

後期高齢者医療歯科健康診査

2.自分に合った方法で口のケアをする

ていねいに歯をみがいても、歯ブラシだけでは60%程度しか汚れは落とせないと言われています。口の状態に合わせて、歯間ブラシやデンタルフロスを使いましょう。

自分の口に合った道具の選び方や、使い方を歯科医院に相談しましょう。

※口の健康や歯みがきについての情報は吹田市歯科医師会で詳しく紹介されています。

吹田市歯科医師会ホームページ

3.口をよく動かす

人と会って楽しく会話したり、歌ったりできればいいけれど…。

自粛生活やソーシャルディスタンスが必要な今は、自宅で、マスクの下でこっそりと、意識して表情筋・舌などを

動かしましょう。

ここでは、マスクをしたまま気軽に行える「顔トレ」をご紹介します。

顔トレの効果

    • 表情筋がほぐれ、咀嚼(そしゃく)しやすくなる
    • 唾液の分泌がよくなる。
    • 舌を動かしやすくなり、飲み込み、滑舌(かつぜつ)が良くなる。

普段やらない動作なので、まじめにやると、意外にきついかもしれませんよ。

【マスクの下でもできる顔トレ】 (PDFファイル; 1045KB)

4.健康教室等に参加する

令和3年度歯と歯ぐきの健康教室・市民健康教室家族のイラスト

「コロナ禍での家トレ教室~おくちの不調とカラダのゆがみ~」を開催しました。
教室の開催報告はこちら令和3年度歯と歯ぐきの健康教室をご覧ください

 お口の健康についての情報は

日本歯科医師会   子どものお口のことや、ライフステージごとのお口のケアの方法など役立つ情報がいっぱい

吹田市歯科医師会  吹田市の歯医者さんの紹介、お口の健康について質問もできます。

口腔ケアセンター  赤ちゃんからお年寄りまで、催しや、出前講座などもあります。



むし歯予防の動画

親子でむし歯予防「おやつ大好き!クマちゃんカバちゃん劇場」

Adobe Acrobat Reader DCをダウンロード

PDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Acrobat Reader DCが必要です。

AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp