新型コロナワクチン接種に関するQ&A



問1:吹田市ではどのような接種方法があるのか。

集団接種と市内協力医療機関で行う個別接種、また府が行う大規模接種等があります。集団接種は、令和4年1月(受付終了)まで初回(1・2回目)接種者を対象に、保健センターで実施しています。追加(3回目)接種者を対象とした集団接種は、令和4年2月からメイシアター及び千里市民センターで実施予定です。


問2:吹田市の集団接種・個別接種で用いるワクチンの種類は何か。国・府の大規模接種センターのワクチンとは異なるのか。

実施主体 接種方法 ワクチン
吹田市

集団接種(保健センター)

【初回(1・2回目)接種者を対象として令和4年1月まで】

ファイザー社製

集団接種(メイシアター・千里市民センター)

【追加(3回目)接種者を対象として令和4年2月から】

武田/モデルナ社製
個別接種 ファイザー社製
大阪府 大規模接種 武田/モデルナ社製、
アストラゼネカ社製

実施主体等によって、使用するワクチンが異なります。初回接種の場合、1回目と2回目の接種は同じワクチンを用いる会場・医療機関で接種を行ってください。

 

問3:市コールセンターの受付は何時まで行っているのか。

午前9時から午後8時の時間で受付を行っています。なお、土日祝日も同様の時間で行っています。

 

問4:集団接種の会場や時間が知りたい。

ホームページの「新型コロナワクチンの接種場所」をご覧ください。

 

問5:1回目を集団で、2回目を個別で接種することは可能か。または1回目と2回目を別会場で予約することが可能か。

集団接種を予約いただく場合は、1回目と2回目をセットで予約することとなるため、両日共に集団接種で接種をお願いします。キャンセルの場合は、1回目枠と2回目枠の両日共にキャンセルとなります。

2回目の接種時間・会場は1回目の3週間後の同時間・同会場となりますので、別会場で予約を行うことはできません。

 

問6:集団接種の予約状況の確認はどのようにするのか

予約サイトのマイページでご確認いただけます。ログイン後ページの下に予約情報が表示されます。表示がない場合は予約ができていない状態です。(参考画像) (PNGファイル; 50KB)

問7:初回(1・2回目)接種について個別接種の予約はどのようにすればよいのか。ワクチン接種取扱医療機関にかかりつけのクリニックがないが、予約は可能か。

初回(1・2回目)個別接種の場合は、医療機関に直接お問い合わせください。

接種取扱医療機関の中には、初診でもワクチン接種出来るクリニックもあります。
初診の方は、コロナワクチンナビ(厚生労働省)で、一般受入可の医療機関等の検索が可能です。

図2

 

問8:12-15歳が接種できる医療機関はどこで調べることが出来るのか。

12-15歳の接種が可能な医療機関は、コロナワクチンナビ(厚生労働省)の補足情報にその旨の記載があります。


図2

 

問9:個別接種は吹田市内の医療機関でなければ受けることはできないのか。市外のかかりつけ医でも接種が可能か。

市外のかかりつけ医で接種いただくことは可能です。

 

問10:国(自衛隊)や大阪府が実施する大規模接種について、どのようにして予約出来るのか。

国(自衛隊)・大阪府が行う大規模接種については、ぞれぞれ以下のホームページをご確認ください。


問11:追加(3回目)接種の接種券はいつ発送されるのか。

追加(3回目)接種については、初回(1・2回目)接種完了から原則8か月経過した方が対象となっていましたが、現在、その期間は前倒しとなっています。65歳以上の方は、令和4年2月から6か月を経過した方、それ以外の方は、令和4年3月から7か月を経過した方が対象となっているため、それぞれの接種時期に合わせて順次接種券を送付していきます。

接種券発送時期はこちらをご確認ください。


※2回目接種完了後に吹田市に転入された方については、接種券発行の手続きが必要です。

手続きの方法はこちらをご覧ください。


※医療従事者等については、初回接種完了後6か月を経過した方が対象となり、別途接種券発行の手続きが必要です。

申請方法等詳細はこちらをご確認ください。

問12:新型コロナウイルスワクチンの接種は必ず受けなければならないのか。

接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行います。受ける方の同意なく接種が行われることはありません。


問13:新型コロナウイルスワクチンには副反応があるのか。

ワクチン接種後に、接種部位の痛みや頭痛、倦怠感、筋肉痛等がみられています。まれにアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生したことが報告されています。

問14:新型コロナウイルスワクチンにはどれぐらいの有効性があるのか。

日本では現在、ファイザー社、武田/モデルナ社、及びアストラゼネカ社(※)のワクチンが薬事承認されており、予防接種法における接種の対象となっています。いずれのワクチンも、薬事承認前に、海外で発症予防効果を確認するための臨床試験が実施されており、ファイザー社のワクチンでは約95%、武田/モデルナ社のワクチンでは約94%の発症予防効果が確認されています。また、アストラゼネカ社のワクチンは、海外で実施された複数の臨床試験の併合解析の結果から、約70%等の発症予防効果が確認されています。


問15:新型コロナウイルスに感染したことのある人でもワクチンを接種することはできるのか。

既に感染した人も、ワクチンを接種することができます。
ただし、接種まで一定の期間をおく必要がある場合があります。かかりつけ医療機関にご相談ください。


問16:新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)とは何か。

予防接種法に基づいて実施された新型コロナウイルスワクチンの接種記録等を接種者からの申請に基づき交付するものです。「海外用」と「国内用」の2種類があり、それぞれ申請必要書類等が異なります。

申請方法等詳細はこちらをご確認ください


問17:中学生の子供についてワクチン接種を希望しているが、接種にあたって何か制限はあるのか。

吹田市では日本小児科学会の見解を踏まえ、12-15歳の接種については医療機関での個別接種を基本としています。
また、接種にあたっては、以下の通り、保護者による同意・同伴が必要です。

  • 小学生の場合は、保護者の同意・同伴が必須です。
  • 中学生及び中学校卒業後、接種日時点で16歳未満の場合は、原則、保護者の同意・同伴が必要です。ただし、接種医療機関が認める場合に限り、予診票に保護者自らが署名することによって、保護者の同伴がなくてもワクチン接種が可能です。その場合、予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(予診や接種の際に、必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)の記載が必要です。

※医療機関での個別接種を基本としておりますが、児童・生徒に感染が拡大する状況を踏まえ、保護者の同意・同伴がある場合に限り、12歳から15歳を集団接種の対象としています。

保健センター 新型コロナウイルスワクチン接種事業担当

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

(フリーダイヤル)

TEL:0120-210-750(コールセンター)


Fax:06-6339-7075

mail: corona-v@city.suita.osaka.jp