すいたん健康プロジェクト

吹田市では、市民のみなさまの生活に身近な場所から健康づくりに関する情報をお届けすることをコンセプトにした健康情報拠点推進事業(愛称:すいたん健康プロジェクト)を実施しています。


啓発イベント

開催情報

現在、開催予定はありません。

 

開催結果

令和2年1月16日(木)すいたん健康お得情報市を開催しました。


健康情報の発信

市の公共施設や、商業施設などの民間施設において、健康づくりに関するポスター等による健康情報の発信を行っています。

市内のイオンリテール株式会社3店舗(イオン吹田店・イオン南千里店・イオン北千里店)に健康づくり啓発ポスターを掲示しています。

 

ポスターの内容

毎日のくらしにwithミルク(令和2年9月~12月上旬予定)

20~30歳代の3人に1人が牛乳・乳製品が不足している状況です。牛乳・乳製品にはカルシウムとたんぱく質をバランスよく含んでおり、これらは骨を形成する栄養素です。

骨の量は骨格の成長とともに20歳代にピークを迎え、その後、50歳頃から減っていきます。丈夫な骨を育てるためにも若い頃から、毎日牛乳・乳製品をとりましょう。


牛乳を飲もう  骨 裏  【売場内】牛乳①_s



おいしく減塩1日マイナス2g(令和元年10月~12月)

食塩を摂りすぎると、高血圧・胃がん等のリスクを高めてしまうことが報告されています。

食材の選び方や調理法の工夫で、塩分を控えてもおいしい食事をつくることができます。出汁や柑橘類、香辛料等を上手に使

い、素材の味を上手に使いましょう。コンビニやスーパーの惣菜や外食を購入する際には栄養成分表示の食塩相当量の表示を

認しましょう。

~食塩摂取量~

現状値*:男性11.0g女性9.3g

目標量**:男性7.5g未満女性6.5g未満


減塩  減塩 ①

   

毎日プラス1皿の野菜(令和元年7月~9月)

野菜には、ビタミンや食物繊維が多く含まれており、バランスの良い食事には欠かせません。

1日の野菜の摂取の目標量は350gですが、日本人の野菜の摂取量は281.4g*と約70g足りていない状況です。毎日の食事にも

う1皿足しましょう。

野菜  IMG_1683_s  IMG_1680_12s

* 平成30年度国民健康栄養調査

**日本人の食事摂取基準(2020年版)


〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp