B型肝炎

病気の説明

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気です。B型肝炎になると、多くの場合は無症状のまま自然治癒するとされていますが、2~3割の人は急性B型肝炎になります。悪化すると劇症肝炎になり意識障害や死に至ることもあります。また、症状としては明らかにならないままウイルスが肝臓の中に潜み、年月を経て慢性肝炎・肝硬変・肝がんなどになることがあります。

特に年齢が小さいほど、急性肝炎の症状は軽いか、あるいは症状はあまりはっきりしない一方、ウイルスがそのまま潜んでしまう持続感染の形をとりやすいことが知られています。感染は、肝炎ウイルス(HBs抗原)陽性の母親から生まれた新生児、肝炎ウイルス陽性の血液に直接触れたような場合、肝炎ウイルス陽性者との性的接触などで生じます。


ワクチンと副反応

主な副反応は、倦怠感、頭痛、接種局所の腫脹、発赤、疼痛などが認められます。



〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp