子宮頸がん予防ワクチン

国では、平成25年6月14日から、子宮頸がん予防ワクチンの接種を、積極的にお勧めすることを一時的にやめています。

 

  平成25年4月1日から、子宮頸がん予防ワクチンが定期接種化されましたが、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に特異的に見られたことから、平成25年6月14日に開催された国の専門委員会の意見を受け、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。

 

  子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありませんので、希望者は定期接種として接種を受けることができます。

  ただし、ワクチンの接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

 

  なお、今後、国の新たな情報が入り次第、市報やホームページ等によりお知らせいたします。

 

子宮頸がん予防ワクチンに関する情報

  大阪府の相談窓口が開設されました。

    大阪府の相談窓口(別ウインドウで開きます)

 

 

  厚生労働省 ホームページより (別ウインドウで開きます)

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ(病気の説明、ワクチンの有効性とリスク等について)
 子宮頸がん予防ワクチンに関する情報(子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A等について) 
「子宮けいがん予防ワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」 (PDFファイル; 417KB)(ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種に関するリーフレット)
「子宮頸がん予防ワクチンを受けるお子様と保護者の方へ」 (PDFファイル; 389KB)(ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種に関するリーフレット)

子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

   厚生労働省から、子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について、通知がありました。概要は次のとおりです。

 

   ワクチン接種後の急性炎症が軽快せず、痛みやしびれ等の症状が持続(目安として2~4週間以内)している場合は、専門の医療機関(痛みセンター連絡協議会所属医療機関)への受診をお勧めします。受診の際は、それまで受診していた医療機関での検査結果や紹介状(診療情報提供書)が必要になります。

 

   ※詳しくは、厚生労働省通知「子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について」(PDFファイル; 188KB)をご覧ください。

PDFファイルの閲覧にはアクロバットリーダーが必要です。
必要な方は右のボタンからダウンロードしてください。

 getacro.gif

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp