4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

4種混合ワクチンとは、従来実施していた3種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風)に不活化ポリオワクチン(急性灰白髄炎)を加えたワクチンです。

くわしくは、厚生労働省の不活化ポリオワクチンのホームページをご覧ください。(別ウインドウで開きます)

logo 病気の説明
■ジフテリア

ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。1981年に3種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)ワクチンが導入され、現在では患者発生数は年間0~1名程度です。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状が出ない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。
主にのどに感染しますが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって、心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるため注意が必要です。
1990年代前半には、3種混合ワクチンの接種率が低下したロシアで流行しました。予防接種を続けていかないと、日本でも再び流行する可能性があります。


<飛沫感染>
ウイルスや細菌が、せきやくしゃみなどで細かい唾液や気道分泌物に包まれて空気中に飛び出し、約1mの範囲で人に感染させることです。

■百日せき
百日せき菌の飛沫感染で起こります。
1948年に百日せきワクチンの接種がはじまって以来、患者数は減少していましたが、平成19年に国内の大学で集団感染が報告されました。
百日せきは普通のかぜのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔をまっ赤にして連続的にせき込むようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。通常、熱は出ません。乳幼児はせきで呼吸ができず、くちびるが青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起きることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症を起こし、乳児では命を落とすこともあります。

■破傷風
破傷風菌はヒトからヒトへと感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、菌の出す毒素のために、筋肉のけいれんを起こします。最初は、口が開かなくなるなどの症状で気付かれ、やがて全身性のけいれんを起こすようになり、治療が遅れると死亡することもあります。患者の半数は本人や周りの人では気づかない程度の軽い刺し傷が原因で感染しています。土の中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。お母さんが抵抗力(免疫)を持っていれば、出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことができます。

 

■ポリオ

「小児まひ」とも呼ばれ、わが国でも1960年代前半までは流行を繰り返していました。

現在では予防接種の効果で、国内での自然感染は報告されていません。しかし、現在でもインド、パキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアなどの国ではポリオの流行があることから、これらの地域で日本人がポリオに感染したり、日本にポリオウイルスが入ってくる可能性があります。
ウイルスは口から入り、のど又は腸に感染します。感染したウイルスは、3~35日間(平均7~14日間)腸の中で増えます。しかし、ほとんどの場合は症状が出ず、終生免疫を獲得します。
症状が出る場合、ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染し、まひを起こすことがあります。ポリオウイルスに感染すると100人中5~10人はかぜ様の症状がみられ、発熱し、続いて頭痛、嘔吐が現れています。
また、感染した人の中で約1,000~2,000人に1人の確率でまひを起こすことがあります。一部の人はまひが永久に残ります。まひ症状が進行して呼吸困難により死亡することもあります。

ポリオワクチンは、2012年9月に生ワクチンから不活化ワクチンに変更されました。

 

 
logo ワクチンと副反応
1981年に百日せきワクチンが改良されて以来、副反応の少ないワクチンになっています。主な副反応は接種部位の発赤、腫脹(はれ)、硬結(しこり)などの局所反応です。接種後、7日目までに認められることが多いです。
なお、硬結(しこり)は少しずつ小さくなりますが、数か月残ることがあります。特に過敏な子どもで肘を超えて上腕全体が腫れた例がまれにありますが、冷湿布などでの対症療法で徐々に治まります。通常高熱は出ませんが、接種後24時間以内に37.5℃以上になった例がごくまれにみられます。

 


 

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp