子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

 

     子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、持続的な痛みなどの副反応報告が特異的に見られたため、現在は国の方針に基づき

   積極的な勧奨は控えております。

     しかし、定期接種は継続しておりますので、接種対象者の方の中で希望される場合は定期接種として受けていただくことができ

   ます。

     なお、対象となるお子様や保護者の方が、接種について検討し判断していただくために、HPVワクチンの有効性や安全性などに

   ついての情報提供を行っておりますので、よく理解したうえで接種ください。


    →ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~(厚生労働省ホームページ)


病気の説明


ヒトパピローマウイルス感染症とは

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん※1罹患が増えています。


※1:子宮頸がんについては、こちらをご覧ください。

 

HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年~高校1年相当の女子を対象に、定期接種が行われています。

対象者      

12歳となる日の属する年度の初日から、16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子(小学校6年生~高校1年生相当)
   ※標準的な接種期間:13歳となる日の属する年度の初日から当該年度末の末日までの間(中学1年生)


HPVワクチンの接種効果

HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいウイルス16型と18型の感染を防ぐことができます。
そのことにより、子宮頸がんの原因の約50~70%を防ぎます※2
HPVワクチンの接種を1万人が受けると、受けなければ子宮頸がんになっていた約70人※3ががんにならなくてすみ、

約20人※4の命が助かる、と試算されています。



※2  ワクチンで防げるHPV16型と18型が、子宮頸がんの原因の50~70%を占めます

※3  59~86人

※4  14~21人


HPVワクチンのリスク

HPVワクチン接種後には、多くの方に、接種部位の痛みや腫れ、赤みなどが起こることがあります。
また稀に、重い症状(アレルギーによる呼吸困難やじんましん、神経の病気)が起こることがあります。

詳細については下記のリーフレットをご覧ください。



接種場所

予防接種協力医療機関


費用

     無料


接種時に必要なもの

     (1)予診票              保健センター、もしくは保健センター南千里分館(津雲台1-2-1千里ニュータウンプラザ4階)にて発行して

                                います。窓口に直接来所いただくか、お電話等にて受付し後日郵送となります。


     (2)母子健康手帳



接種回数・種類・接種間隔

接種回数

     3回



ワクチンの種類

    (1)サーバリックス(2価)

    (2)ガーダシル(4価)



接種間隔

     (1)サーバリックス(2価)の場合

           :1か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の 接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上

     (2)ガーダシルの(4価)場合

           :1か月以上の間隔をおいて2回接種した後、2回目の接種から3か月以上


HPVワクチン接種の注意点

●筋肉注射という方法の注射で、うでや太ももに接種します。
( インフルエンザの予防接種等と比べて、痛みが強いと感じる方もいます。)


●注射針を刺した直後から、強い痛みやしびれを感じた場合はすぐに医師にお伝えください。


●痛みや緊張等によって接種直後に一時的に失神や立ちくらみ等が生じることがあります。

接種後30分程度は安静にしてください。


●接種を受けた日は、はげしい運動は控えましょう。


●接種後に体調の変化が現れたら、まずは接種を行った医療機関などの医師にご相談ください。
※HPVワクチン接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関をお住まいの都道府県ごとに設置しています。
協力医療機関の受診は、接種を行った医師又はかかりつけの医師にご相談ください。


●ワクチンを合計3回接種しますが、1回目、2回目に気になる症状が現れた場合は、2回目以降の接種をやめることが出来ます。



HPVワクチン接種後に症状が生じた方の相談窓口

ワクチン接種後、健康に異常があるとき

     →接種を受けた医師やかかりつけの医師等に相談してください。

不安や疑問があるとき、困ったとき

        大阪府の相談窓口:大阪府の相談窓口(別ウィンドウで開きます)

HPVワクチンを含む、予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談

         国の相談窓口:「感染症・予防接種相談窓口」では、HPVワクチンを含む、予防接種、インフルエンザ、性感染症、

         その他感染症全般についての相談にお答えします。
         電話番号:03-5276-9337
         受付時間:平日9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

         ※行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。
         ※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています。

予防接種による健康被害についての補償(救済)に関する相談

   下記、保健センターにご相談ください。

   ※HPVワクチンを含むワクチン全体の健康被害救済制度については、

    国のページ:「予防接種健康被害救済制度」(別ウインドウで開きます)のページをご覧ください。



HPVワクチンに関するリーフレット(令和2(2020)年10月 厚生労働省作成)

小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版・詳細版)

  概要版

  詳細版                          

H P V ワクチンを受けた お子様と保護者の方へ 

医療従事者の方へ~HPVワクチンの接種に当たって~ 

 


ワクチンを受けた人も、20歳を過ぎたら2 年に1回は必ず検診を受けてください。ワクチンで感染を防げないタイプのウイルスがあります。
そのためワクチンを受けても、子宮頸がん検診※5は必要です。

※5:吹田市が実施する子宮頸がん検診は、20歳から受診可能です。詳細は、こちらをご覧ください。


〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp