吹田市で実施する職域接種について

吹田市で行う職域接種について

接種の加速化を図る観点で制度化された「職域接種」を活用し、市内大学と連携し、子どもと接触の多い保育・学校教育施設従事者等にワクチン接種を実施します。

市内の保育・学校教育施設において、職員・児童・学生が安心・安全に社会生活を送っていくことができるように、2学期までに対象者全員が2回目接種を打ち終える予定で進めます。

接種に係る医療従事者等は連携する大学が独自に確保し、ワクチンについても市で進める集団接種・個別接種とは異なる(別供給)ものを用いますので、本市で進める高齢者接種等のスケジュールに影響はありませんし、市で定める接種計画が前倒しで進むことが想定されます。



保育・学校教育施設従事者等への接種について

%E5%9B%B31


対象者・対象施設

【教育施設従事者】

小・中学校施設従事者(教員・給食調理員・障がい児介助員及び補助員・医療的ケア看護師)、

放課後児童支援員及び補助員

【保育施設従事者】

認可保育所・認定こども園・幼稚園、認可外保育施設、病児・病後児保育施設、一時預かり事業従事職員、こども発達支援センターの保育業務従事者、児童養護施設、障害児通所支援事業所
※対象は吹田市在勤の方となります。

※当接種への参加については、施設ごとに申請をいただきますので、所属施設にお問い合わせ下さい。



対象者数

約7,500人

 

開始時期

6月末から7月初旬以降

 

連携大学

大阪大学、関西大学
※会場案内等はこちら
 

使用ワクチン

モデルナ社製ワクチン

※接種に係る医療従事者等は連携する大学が独自に確保し、ワクチンについても市で進める集団接種・個別接種とは異なる(別供給)ものを用いますので、本市で進める高齢者接種等のスケジュールに影響はありませんし、市で定める接種計画が前倒しで進むことが想定されます。

 

※職域接種とは、ワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、企業や大学等において、職域(学校等を含む)単位でワクチンの接種を行うものです。

詳しくはこちら


「吹田市新型インフルエンザ等対策行動計画」、「吹田市インフルエンザ等対策行動マニュアル」に基づく接種について

本市におきまして、職域接種を活用し「吹田市新型インフルエンザ等対策行動計画」、「吹田市新型インフルエンザ等対策行動マニュアル」に準拠し、接種を実施します。

対象者

職務 該当職員
市町村対策本部の意思決定、統合調整等に関する事務を行うもの

市対策本部員
(市長、副市長、特別職、危機管理監、その他部長の職にある者)

市町村対策本部の事務を行うもの

市対策本部事務局職員
(危機管理室職員)

新型インフルエンザ等対策に必要な予算の議決、議会への報告を行うもの 市議会議員
地方議会の運営を行うもの

市議会関係職員
(議会事務局職員)


開始時期

7月中旬を予定

連携大学

大阪大学、関西大学

地域保健課 新型コロナウイルスワクチン接種事業担当

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

(フリーダイヤル)

TEL:0120-210-750(コールセンター)


Fax:06-6339-7075

mail: corona-v@city.suita.osaka.jp