新型コロナウイルスに関する受診について

更新日:令和4年(2022年)8月9日


現在、医療がひっ迫しています。受診の際の参考にしてください。

「限りある医療資源を有効活用するための医療機関受診及び救急車利用に関する4学会声明」(令和4年8月2日)

※ただし、療養証明書の発行については、医師から発生届が提出された方のみが対象となります。


有症状時の検査体制について

新型コロナウイルス感染症の感染急拡大を受け、大阪府では、抗原定性検査キットや無料検査センターで若年軽症者が検査する場合の陽性確定やオンライン診療による解熱剤処方を可能とする制度が開始されました。
※「若年軽症者」とは、府内在住の20歳から49歳で軽症者(発熱、咳、倦怠感等)の方です。ただし、重症化リスクに該当する基礎疾患がある方や妊娠している方を除きます。

20歳から49歳の軽症者の方を対象に

直接医療機関を受診しないで発生届が提出される制度が開始されました

 

   

上記の対象外の場合や上記を利用しない場合は

医療機関を受診してください

 

「診療・検査医療機関」(大阪府ホームページ)

※診療・検査医療機関とは、府が指定している発熱患者の診療・検査が可能な医療機関です。
受診の前に、対応可能かどうか必ずお電話で連絡をお願いします。

        

受診相談について

吹田市新型コロナ受診相談センター

どこに受診したらいいかわからない場合など、吹田市新型コロナ受診相談センターまでご相談ください。
             

 電話番号:06-7178-1370

              

受付時間:平日の午前9時~午後5時30分

上記時間以外の受診相談(電話:050-3531-4455

※電話番号のおかけ間違いにより、ご迷惑をおかけする事象が多発しております。お問い合わせ、ご連絡の際は、電話番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようお願い申し上げます。

 

FAX:06-6339-2058(吹田市保健所)

電話での対応が困難な方は、FAXでご相談ください。

         

新型コロナの受診相談の流れについて

(1) まずは電話でかかりつけ医などに相談する

  • かかりつけ医や身近な医療機関に必ず電話で相談してください。
  • 特に新型コロナウイルス感染の心当たりがある場合(最近1週間以内に3密の状態にあった。発熱や体調不良者と接触した等)は必ず医師に伝えてください。
  • 医師が、受診の必要性等を判断します。医師の指示に従ってマスクを着用して受診してください。状況に応じて他院を紹介する場合があります。

(2) 医師の診察を受ける(受診が必要と判断された場合)

  • 医師の指示に従い指定された場所・時間・方法で受診します。受診の際には健康保険証が必要です。
    ※検査の要否は医師が判断します。患者の希望により検査が受けられるわけではありません。
  • かかりつけ医や近くの医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(※)の徹底をお願いします。
    ※咳エチケットとは、咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえること。

(3)PCR検査等について

  • 唾液または鼻咽頭ぬぐい液(鼻もしくは喉から綿棒を入れて粘膜を採取します。)を用いて検査を行います。行政検査の場合は検査費用はかかりません。ただし、初診料・診察料が必要です。
  • 検査が実施できる医療機関は限られています。できる限りお住いの市町村に所在する医療機関を受診してください。


検査結果が陽性となった場合

検査結果が陽性と判明した場合はこちらへ⇒「新型コロナウイルス感染症(陽性者)と診断された方へ」



〒564-0072 大阪府吹田市出口町19-3(吹田市保健所内)


Tel:

【感染症・難病・精神保健・事業推進】

06-6339-2227 

【予防接種】

06-4860-6151

Fax:06-6339-2058

mail:

【感染症・難病・精神保健・事業推進】

chi-hoken@city.suita.osaka.jp

【予防接種】

chiho-yobo@city.suita.osaka.jp