腸管出血性大腸菌O157等による感染症に注意しましょう!

夏が近づくと、O157などの腸管出血性大腸菌による感染症の報告数が増加します。

   

腸管出血性大腸菌(O157等)とは

大腸菌は、家畜や人の腸内に存在し、そのほとんどは無害ですが、人に下痢などの症状を引き起こすものがあり、病原大腸菌と呼ばれています。病原大腸菌の中には、毒素を出して、ときに溶血性尿毒症症候群(HUS)と呼ばれる重症の病気を起こす腸管出血性大腸菌と呼ばれるものがあり、代表的なものは「O157」で、他に「O26」、「O111」などがあります。

通常の細菌性食中毒は、100万個単位の細菌で感染しますが、O157等は50~100個程度の菌量で感染するため、感染力が強いのも特徴です。


どんな症状が起きるのか

症状は人により様々で、まったく症状がないものから軽い腹痛や下痢のみで終わるものもあれば、繰り返す下痢、激しい腹痛と血便とともに重篤な合併症を起こし、時に死に至るものまであります。

通常、菌が体の中に入ってからおよそ3~5日後に軽い腹痛や下痢の症状が起こり、数日かけて症状が悪化します。

ほとんどの方は、5~7日以内に回復しますが、時に重篤化し、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などの重症合併症を発症すると、死に至ることがあります。

特に、乳児・高齢者は重症化しやすいので注意が必要です。


感染はどのように広がるのか

①菌が付いている飲食物を飲み食いする

O157等は牛などの腸内に存在する菌なので、牛肉などの食肉に付いていたり、調理する人の手指や調理器具などを介して他の食品に付いたりして、人の体内に入ります。牛肉、牛レバー料理(焼肉、ユッケ、レバ刺し等)、ひき肉料理(ハンバーグ等)の加熱不足のものを食べて感染することが多いですが、菌が付いた生野菜から感染することもあります。

  

②感染した人の糞便から出ている菌が口に入る

感染した人がトイレの後に、手洗いが不十分のまま調理をすると、他の人にも食べ物を介して感染が広がります。

乳幼児の場合、おむつや便を触った手でおもちゃ等に触れると、物を介して感染する可能性があります。

   

③プール遊びなど

乳幼児がよく使用する簡易のビニールプール等の消毒が十分でない場合、集団感染につながることがあります。

  

  

感染を防ぐには

  • トイレやおむつを替えた後、食事の準備や食事の前には手をよく洗いましょう。
  • 肉(特にひき肉)は中心部までしっかり加熱しましょう(中心部75℃1分間以上)。
  • 集団でこども用のプールを使うときは、下痢のあるこどもは入らないようにしましょう。適切な濃度で塩素消毒をしましょう。
  • 生肉を触った後は、よく手を洗い、調理器具を消毒しましょう。


 ※以下の厚生労働省ホームページを参考にしてください。
腸管出血性大腸菌O157等による食中毒(厚生労働省ホームページ)

        

溶血性尿毒症症候群(HUS:Hemolytic Uremic Symdrome)

様々な原因によって生じる腎不全で、貧血、血小板減少、腎機能障害を特徴とします。初期症状として、顔色不良、尿量が減る、手足がむくむ、声掛けに反応が鈍くなるなどがあります。死に至るまたは後遺症を残すことがあり、腸管出血性大腸菌感染の重症合併症の一つです。



〒564-0072 大阪府吹田市出口町19-3(吹田市保健所内)


Tel:06-6339-2227

Fax: 06-6339-2058

mail: chi-hoken@city.suita.osaka.jp