吹田市木材利用基本方針

   フレンドシップ協定を締結している能勢町との街と里の連携による持続可能な社会づくりに向けた取組の一環として、平成30年12月、「吹田市木材利用基本方針」を策定しました。この方針では、本市公共施設において、フレンドシップ協定を締結している大阪府能勢町産材をはじめとした府内産材を中心に国産材の利用に努めることとしています。
   ではなぜ、木材利用なのでしょうか?能勢町では、1年あたり、全体の1%未満の面積しか森林整備がされていません。木材を利用することで、森林に人の手が入り、森林の健全化につながります。森林健全化により、CO2吸収量増加による地球温暖化防止や災害防止等の街と里の双方にとってのメリットを享受することができます。更に、木材を供給することにより、収入が得られるため、継続的に森林に人の手が入り続け、持続可能なものとなります。
   本方針は、その第一歩の取組です。今後も持続可能な社会づくりに向け、能勢町産材等の利用に取り組みます。


図1


吹田市木材利用基本方針

吹田市公共施設等への能勢町産等木材利用推進検討会議

   吹田市木材利用基本方針に基づき、より具体的にどのように公共施設に木材利用を進めていくのかを検討するために、令和元年5月に、吹田市公共施設等への能勢町産等木材利用推進検討会議を設置しました。この会議では、令和元年度から令和3年度の3年間で、数年以内に建設が予定されている2つのモデル施設での木材利用検討を通して、木材利用推進ガイドラインを作成することを目的としています。会議は公開で行われ、議事要旨も閲覧できます。




〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟2階・232番窓口)

TEL:

【庶務】

06-6384-1701

【地域環境】

06-6384-1361

【ごみ減量・再資源化】

06-6384-1702

【アセス・エネルギー・環境学習・協働・計画・地域連携】

06-6384-1782

【中高層建築物】

06-6384-1793

 

FAX:【共通】06-6368-9900

Mail:

【庶務】

env-seisaku@city.suita.osaka.jp

【地域環境・中高層建築物】

env-chiiki@city.suita.osaka.jp

【ごみ減量・再資源化】

k_genryo@city.suita.osaka.jp

【アセス】

env-seisaku@city.suita.osaka.jp

【環境学習・協働】

env-keihatsu@city.suita.osaka.jp

【エネルギー】

env-energy@city.suita.osaka.jp

【計画・地域連携】

env-planning@city.suita.osaka.jp