文字サイズ

背景色

新型コロナウイルス感染症による保育所等の入所事務及び幼児教育・保育の無償化の認定に関する取扱いについて

最終更新日:令和3年10月1

  

  新型コロナウイルス感染症対策における保育所等の入所及び在園中の方、ならびに幼児教育・保育の無償化の認定に関する取扱いは以下のとおりとなります。

  なお、感染発生の拡大及び収束の状況によっては、見直す場合があります。

  保護者の皆様におかれましては、今般の対応についてご理解とご協力をお願いしますとともに、お子さまの健康状態の把握ならびに感染予防に努めていただきますようお願いします。

 

新型コロナウイルス感染症対策により、保育幼稚園室の相談窓口は引き続き規模を縮小しています。保護者の皆様におかれましては、感染拡大防止の観点から保育幼稚園室への来室はできるだけ控えていただき、入所に関する相談等は電話やメールでお願いします。



令和3年4月以降に利用内定となられた方

育児休業期間の取扱い

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う一時的な育児休業等の延長については、緊急的な事情によるものであるため、延長された場合でも、利用内定月からの就労での利用開始とみなします。

ただし、延長される場合は、個別ご相談をお願いします。

また、この取扱いは、吹田市から育児休業の延長を要請するものではありません。

※上記の取扱いとした場合でも、保育所等の利用開始日に変更はありません。(利用料についても開始日より発生します。)


就労状況の変更の取扱い(例:時差出勤、在宅勤務など)

利用内定月からの復職時には、当初提出いただいた就労状況での復職が原則です。

ただし、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う緊急的な事情による場合は、入所決定後、ご提出をお願いする「就労状況確認書」に、会社とご相談のうえ、通常の復職時には、当初提出どおりの就労状況での復職になる旨を証明していただき、時限的な対応については、個別ご相談をお願いします。


求職活動

「求職活動の認定期間」については法律による定めがあり、吹田市では、従来から認定できる期間上限の3か月間(90日間)としています。

大阪府への「緊急事態宣言」の発出により、4/25~6/20、8/2~9/30までは、申立書の提出により通常の求職活動ができない期間としてカウントします。

ただし、年度内に再認定ができる期間の上限は3か月間としているため、4月から「求職活動」の認定で入所された場合の認定期限は、9月末までとなります。10月以降も保育の継続を希望される場合は、「求職活動」以外の保育の要件が必要となります。

 

保育所等に在園中の方

育児休業期間の取扱い

育児休業期間中の在園児童の保育実施継続は、当該児童の2歳の誕生日を迎える月末まで認められており、それ以上となる場合は、保育要件がなくなり退園となります。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、会社より更なる延長を打診されている場合についても、保育要件がなくなるため、継続は認められません。


休園期間の取扱い

通常、「2か月連続欠席の場合は退園」となりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う、やむを得ない事情があると認められた場合は、当該欠席日数に含めないものとします。


求職活動

「求職活動の認定期間」については法律による定めがあり、吹田市では、従来から認定できる期間上限の3か月間(90日間)としています。

大阪府への「緊急事態宣言」の発出により、4/25~6/20、8/2~9/30までは、申立書の提出により通常の求職活動ができない期間としてカウントします。

ただし、年度内に再認定ができる期間の上限は3か月間としているため、4月から「求職活動」の認定で在園している場合の認定期限は、9月末までとなります。10月以降も保育の継続を希望される場合は、「求職活動」以外の保育の要件が必要となります。



 


幼児教育・保育の無償化の認定に関する取扱い

 上記入所事務の取扱いに準じた取扱いとします。

 

 

関連情報

  • 保育所等入所申込みの郵送受付について

〒564-8550 大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟2階 217番窓口)

Tel:

【入園】 06-6384-1592

【経理・整備】 06-6384-1592

【管理・運営】 06-6384-1541

Fax: 06-6384-2105

mail: 

【入園】hoiku_nyuen@city.suita.osaka.jp

【経理・整備】hoiku_keiriseibi@city.suita.osaka.jp

【管理・運営】hoiku_k@city.suita.osaka.jp