令和元年度(2019年度)の取組

中核市市長会事務担当者会議に出席しました。

 令和元年(2019年)9月26日、長野市で開催されました「中核市市長会事務担当者会議」に、中核市候補市として中核市移行準備室職員が出席しました。

 10月31日に開催される「中核市サミット2019 in 長野」に関する説明が行われました。今年度の中核市サミットでは、全国の中核市市長が長野に集まります。次に、中核市市長会が取り組んでいるプロジェクト活動や令和2年度の事業計画の骨子案などについての報告があり、意見交換が行われました。その後、中核市サミット2019 in 長野の会場視察が行われ、会議は終了しました。

 

 中核市市長会事務担当者会議


 

 

市報すいた「令和元年9月号」に総務省への中核市の指定に係る申し出の記事を掲載しました。

 市報すいた令和元年9月号のP6で、「総務省に中核市の指定を求め申し出」と題した記事を掲載しています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

中核市の指定を申し出ました。

  令和元年(2019年)8月7日、後藤市長が総務省を訪れ、石田総務大臣に対して「中核市の指定に係る申出書」を手渡し、移行を求める申し出をしました。後藤市長が申出書を手渡すと、石田総務大臣は「申出に基づいて指定手続きを行いたい。」と述べられました。


(左が後藤市長。右は石田総務大臣)

 IMG_7701_R_s IMG_7698

 その後、吹田市と同時期に中核市に移行する予定の茨城県水戸市と合同の記者会見が開かれました。
 冒頭に後藤市長からは
「4月1日から中核市として市民のみなさんに直接きめ細やかに、その命を守ることができる。その権限を持つことにワクワクしております。」
「中核市になってこれをしたいというよりも、本来すべきことを中核市になったからこそ責任を持ってやりたい。」
「吹田市はこの5年間で37万5千人まで急速に人口が増えています。こういう中で健康寿命をしっかり伸ばしていく。医療、健康のまちを進めていく。」
と話されました。


 IMG_7742(右が後藤市長。左は水戸市の高橋市長)


 また、記者の方から「中核市になると周辺市長との関係づくりも課題になってくると思うが、周辺の自治体とこれからどのように連携を深めていくか?」と質問されたことに対し、
「西宮市、尼崎市、豊中市、吹田市の4市が、吹田市が中核市になると連坦することになるんです。中核市が4市連坦することは、日本にないんですね。」
「大阪でも全体の人口は減っているんですけれども、北大阪だけは人口が増えています。そこの強みを生かせたら、サスティナブルな地域ができますよね。」
と答えられました。
 IMG_7758_R_s
 
 今後は手続きが進めば、10月頃に閣議決定・政令公布され、本市の中核市移行が正式に決定します。移行が決まれば、ホームページや市報などを通じて、皆さんにお知らせいたします。
 IMG_7691
 
 

中核市移行に係る事務の引継計画に関する説明会を開催しました。

 


 令和元年(2019年)8月5日、中核市移行に係る事務の引継計画に関する説明会を開催し、中核市移行に向けて、円滑な事務の引継が行われるよう、引継計画の見方や留意点などの説明を行いました。

 今後、府から引継状況の報告を受けながら、引継計画に基づいて着実に事務の引継を進めていきます。


 ※左の写真は、出席者の方に協力していただき、中核市のうちわを持って撮影したものです。

中核市うちわを配布しました。

 令和元年(2019年)7月27日に水道部で実施された「すいすいくん祭り」、29日に千里ニュータウンプラザで開催された「にぎわいライブ『アンサンブルコンサート』」、31日に千里山コミュニティセンターで開催された「市民文化祭夏休みこども伝統文化体験」において、中核市うちわを配布しました。

 このうちわは、公益財団法人大阪府市町村振興協会がサマージャンボ宝くじのPRを行うために作成したもので、片面は宝くじのPR、もう片面は本市の中核市移行に関するPRに使わせていただきました。暑い中、多くの方にうちわを受け取っていただきました。

 すいすいくん祭り2


 すいすいくん祭り3 すいすいくん祭り1


 にぎわりライブ

  

 

出前講座を実施しました。

 令和元年(2019年)7月9日、高齢者生きがい活動センターにおいて出前講座を実施し、34名の方と意見交換を行いました。会場では、「保健所の職員数は何人増えるのか。増員分の人件費はどうなるのか。」などの御意見をいただきました。 

 出前講座は、市内に在住・在勤・在学の10人以上で構成された団体・学習活動グループに対し、職員が皆さんのもとへ出向いて説明を行うものです。これまでに実施しましたものも含め、詳しくは、出前講座のページをご覧ください。

 出前講座(7月9日分)の様子

 

  

第8回保健衛生・保健所設置検討部会を開催しました。

 令和元年(2019年)7月9日、保健衛生・保健所設置検討部会を開催しました。中核市移行に伴う新組織体制の事務分掌や今後のスケジュールなどについて、検討を行いました。


 吹田保健所と市立保健センター

 

  

出前講座を実施しました。

 令和元年(2019年)6月20日、総合福祉会館において出前講座を実施し、18名の方と意見交換を行いました。会場では、「中核市に移行することで、市の組織や審議会はどう変わるのか。」などの御意見をいただきました。 

 出前講座は、市内に在住・在勤・在学の10人以上で構成された団体・学習活動グループに対し、職員が皆さんのもとへ出向いて説明を行うものです。これまでに実施しましたものも含め、詳しくは、出前講座のページをご覧ください。

出前講座一覧のページ

 ↑クリックすると出前講座のページに移動します。

 

  

中核市への移行について大阪府の同意を得ました。

 令和元年(2019年)6月6日、大阪府議会5月定例会において、総務大臣に対する中核市指定の申出についての同意に関する議案が賛成多数で可決されたことに伴い、6月11日付けで、大阪府知事の同意を得ました。また、同日に、大阪府と吹田市の担当職員による第4回中核市移行会議が大阪府庁にて開催され、中核市移行までのスケジュールや事務の引継について、協議しました。

 今後は、8月頃に総務省に中核市指定の申出を行うとともに、令和2年(2020年)4月の中核市移行に向けた準備を進めていきます。


 府知事同意書及び中核市移行会議次第

  

 

Panasonic Stadium Suita(市立吹田サッカースタジアム)で中核市移行についてのPR活動を行いました。

 令和元年(2019年)5月4日、Panasonic Stadium Suita(市立吹田サッカースタジアム)で行われたガンバ大阪対FC東京戦の試合前に、中核市移行についてのクリアファイルとリーフレットを配布しました。試合開始の4時間前から、来場者にお配りしましたが、用意していた約1,300部があっという間になくなりました。

 また、この日は「吹田市民応援デー」ということもあり、ハーフタイムには「いこう! 中核市!」のたすきを着けたすいたんと、「令和Tシャツ」を着たガンバボーイがサポーターを盛り上げていました。

 

市民応援デー_リーフレット配布 市民応援デー_ハーフタイム

 

 

市報すいた「令和元年5月号」に大阪府への中核市の指定に係る同意申し入れの記事を掲載しました。

 市報すいた令和元年5月号のP16で、「中核市移行 府に同意を申し入れ」と題した記事を掲載しています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

平成31年度全国施行時特例市市長会事務担当者会議及び中核市市長会事務担当者会議に出席しました。

 平成31年(2019年)4月23日、神奈川県茅ケ崎市で開催されました「平成31年度全国施行時特例市市長会事務担当者会議」及び「中核市移行に関する意見交換会」に中核市移行準備室職員が出席しました。

 会議では全国から集まった施行時特例市の担当者が、中核市移行に関する検討状況について意見交換・情報共有を行いました。

 また、平成31年(2019年)4月26日、東京都で開催されました「中核市市長会事務担当者会議」に、中核市候補市として中核市移行準備室職員が出席しました。

 中核市市長会には、平成18年(2006年)10月から中核市候補市として参加していますが、中核市移行と同時に正式加入し、各種会議やプロジェクト、中核市サミット等の活動を通して、全国の中核市と連携を強化し、市政の円滑な運営と更なる発展を図ります。

 

 中核市事務担当者会議


 

 

第2回中核市移行推進本部幹事会を開催しました。

 平成31年(2019年)4月18日に第2回中核市移行推進本部幹事会を開催しました。

 今回は、中核市移行に伴い、新規制定や改正、廃止が必要な条例や規則について、パブリックコメントの実施の有無や実施時期に関する情報共有を行いました。また、令和2年度(2020年度)の中核市移行に向けたスケジュールの確認を行いました。

 今後、パブリックコメントを実施する条例や規則については、市報すいたやホームページ等で市民の皆様にお知らせする予定です。

 
例規一覧
 ↑ クリックすると一覧のページに移動します。 

 

 

新規採用職員向けに研修を行いました。

 平成31年(2019年)4月2日、新規採用職員に対し「中核市移行について」の研修を行いました。

 中核市移行準備室の職員が講師として、中核市移行に関するクイズを行ったり、令和2年度(2020年度)の中核市移行を目指した本市のこれまでの取組状況を伝えました。



 新採研修風景

 

 

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟5階)

Tel: 06-6155-5782

Fax: 06-6368-7343

mail : chukakushi@city.suita.osaka.jp