下水道工事について

 


・下水道工事の方法

大きく分けて3種類あります


開削工法

地面を直接掘って管を設置し埋め戻す

工法です。一般的な管工事はこの方法で

行われます。

 
kaisaku
 
kaitoku


 
トンネル工法 (推進・シールド工法など)

地面を掘らずに両端部(発進と到達)に

縦の穴(立坑)掘り、地中をモグラの様に

推進して管を設置する工法です。

 
suishin
        suitoku


 

管渠更生工法

地面を掘らずに古くなった管の中に

新しい管をつくっていく工法です。

 
無題3.bmp
        プレゼンテーション1.gif





line2





開削工法の特徴

仕事が比較的単純でやり易い。

直接掘るので、障害物などを確認しながら工事が出来る。

深い位置に管を設置するのが難しい(最大で4mくらいまで)

狭い道路では交通確保が難しい。
 




推進工法の特徴

立坑を掘る場所があれば、狭い道路にでも管を設置できる。

深い位置にでも管を設置できる。

いろいろな工法が開発されているが、開削に比べて内容が複雑

予想外の障害物などがあると工事がストップしてしまう。
 

 

 

 

管渠更生工法の特徴

老朽化した管渠を、非開削で工事を行い機能を回復させる。

 

道路を開削せずに工事を行うため、コスト面、住民や交通に

 

与える影響を軽減できる。