1  民生委員・児童委員とは

   民生委員・児童委員とは、

    (1)民生委員は厚生労働大臣から委嘱された非常勤の特別職の地方公務員です。

    (2)民生委員は児童委員を兼ねています(児童福祉法第16条)

    (3)市(区)町村ごとに人数が定められています。

    (4)任期は3年です。(再任可

    (5)守秘義務を持っています。

    (6)給与の支給はありません。ボランティアとして活動しています。

      (ただし、活動に必要な費用(交通費、電話代等)の一部は支弁されます。)

 

       民生委員としての職務は、地域住民からの相談に対して社会福祉の精神をもって住民の立場で相談に応じ、

   住民が尊厳をもってその人らしい自立した生活ができるように支援を行うことです。誰もが安心して暮らせる

   地域社会づくりを目指して活動しています。

      また、児童委員としての職務は、地域の子どもや妊産婦、母子家庭に関する相談支援や、子育てに関する情

   報提供を行うほか、地域全体で子どもを育てる取り組みの展開や児童虐待の防止などの活動に取り組むことです。


2  主任児童委員とは

       主任児童委員も民生委員・児童委員の一員ですが、その中でも厚生労働大臣の指名を受け、児童に関すること

    を専門的に担当しています。平成6年(1994年)に制度が発足して以降、全国で活動しています。

       吹田市においては市立の小学校区ごとに主任児童委員が設置されており、各地域において児童に関わる機関・団体との連絡調整を行っているほか、学校と連携して児童福祉の醸成に取り組んでいます。また、市内の主任児童委員同士での連絡調整や情報交換を行うことを目的に主任児童委員連絡会を組織しています。

 

3  吹田市民生・児童委員協議会とは

       「吹田市民生・児童委員協議会」は吹田市内の民生委員・児童委員478名と主任児童委員36名の合計514名

     (いずれも定数)で組織されています。協議会の中で委員一人ひとりに割り当てられた担当区域において、日頃か

     ら地域福祉や児童福祉の推進を目指して活動しています。

        また、市内を大きく22地区に分け、それぞれで地区委員会を組織し、互いに連携して民生委員・児童委員活動を行っています。

                                      

                                吹田市民生・児童委員協議会の組織図

H30.4.1民児協組織図

4  吹田市民生・児童委員協議会の成り立ちと現況

       吹田市における民生委員制度の発端は、民生委員の前身となる方面委員が昭和6年(1931年)11月25日、

     当時の三島郡吹田町に13名設置されたことにあります。その後、昭和23年(1948年)に民生委員法が施行

     され、吹田市民生委員協議会が発足し、その後平成4年(1992年)に現在の名称である吹田市民生・児童委員

     協議会に改称しました。

       平成28年(2016年)11月25日、吹田市民生・児童委員協議会は方面委員の時代から数えて85周年を迎え

     ました。これからも地域住民の立場に立って、豊かな地域社会づくりに努めます。

       なお、全国的には、民生委員制度は、大正6年に岡山県に設置された「済世顧問制度」と大正7年に大阪府

     で始まった「方面委員制度」が始まりとされており、平成29年には、済世顧問制度発足から100周年を

     迎えます。

bu

bu

bu

bu

bu

bu

bu

bu

5  民児協福祉バザー  ~収益を福祉に役立てています~

       民児協福祉バザーは吹田市民生・児童委員協議会の2大事業のひとつで、昭和53年(1978年)の初開催以降、

     毎年夏に実施しています。一人でも多くの市民の皆様に社会福祉に対して関心を持っていただき、福祉の意識

     を向上させることを目指した社会福祉の啓発という意味から、毎年多くの民生委員・児童委員が運営に参加し、

     汗を流しています。

        バザーの全収益金は毎年、吹田市内の福祉施設や福祉団体等への寄付や福祉用具の寄贈のために使っていま

     す。東日本大震災などの大きな災害が発生した際には、被災地の復興支援のために収益金を寄付すこともあり

     ます。

ko

      長蛇の列.jpg    バザー会場.jpg

bu                                 「民児協福祉バザー」の様子

bu

bu

bu

bu

bu

bu

bu

 

6  夢のファミリーフェスタ  ~親子のふれあいの機会として開催~

       夢のファミリーフェスタは吹田市民生・児童委員協議会の2大事業のひとつで、平成8年(1996年)の初開催

    以降、毎年開催しています。

       広く市内の子育て家庭に対して民生委員・児童委員活動をPRすることを主眼に置きながら、子育て家庭の皆

    様の思い出づくりや子どもたちの健全育成の一助となることを目指して、吹田市民生・児童委員協議会が企画の

    段階から一丸となって取り組んでいます。

       楽しい映画の上映や手作りのクラフト作成体験コーナーのほか、地域の子育てサロンを紹介する展示コーナー

    も展開しているなど、子どもたちだけでなく保護者の皆様にも毎年好評をいただいています。

bu

bu  DSC00152.jpg    ファミフェス.jpg

b                           「夢のファミリーフェスタ」の様子

bu

bu

bu

bu

7  親子で遊ぼう  ~親子体操でスキンシップを~

       主任児童委員連絡会が中心になって、毎年2月頃に開催しています。就学前の児童がいる子育て家庭を対象に、

     親子で楽しくふれあいながら子どもたちの心身の発育にも役立つ親子体操などをしています。体操の後のレクリ

     エーションも大人気ですよ。

bu

       親子で遊ぼう2.png

                                      「親子で遊ぼう」の様子

      ko

bu

bu

bu

bu

bu

bu

bu

bu