新型コロナウイルス感染症に係る留守家庭児童育成室の対応について(8月25日更新)

児童又は家族が、PCR検査を受けた又は濃厚接触者となった場合は、速やかに学校に連絡するとともに、必ず在籍留守家庭児童育成室の指導員にも連絡してください。

1 児童の場合

家族の感染が疑われる場合

(1) 家族が検査を受ける

①自宅待機を要請(検査結果が出るまで)

②応じた場合、出席の一時停止とする

 応じない場合、登室時の健康状態に注意

③家族が陰性の場合、通常登室

    陽性の場合、(2)または(3)へ

(2) 家族に感染者が確認されたが、

本人は濃厚接触者に該当しなかった

通常登室

(3) 家族に感染者が確認され、

本人が濃厚接触者として検査を受ける

①出席の一時停止とする(検査結果が出るまで)

②本人が陰性の場合、自宅で2週間の健康観察

陽性の場合、(5)の対応

本人の感染が疑われる場合

(4) 本人に症状があり検査を受ける

①出席の一時停止とする(検査結果が出るまで)

②陰性の場合、通常登室

陽性の場合、(5)の対応

(5) 本人の感染が確認された

①出席の一時停止とする(保健所から指示された期間)

②濃厚接触者の範囲特定し、感染状況を把握

③②の状況に応じ臨時休室の範囲・期間を決める


2 指導員の場合

家族の感染が疑われる場合

(1) 家族が検査を受ける

①自宅待機を要請(検査結果が出るまで)

②応じた場合、特別休暇 ※要診断書

 応じない場合、出勤時の健康状態に注意

③家族が陰性の場合、通常勤務

    陽性の場合、(2)または(3)へ

(2) 家族に感染者が確認されたが、

本人は濃厚接触者に該当しなかった

通常勤務

(3) 家族に感染が確認され、

本人が濃厚接触者として検査を受ける

①特別休暇とする(検査結果が出るまで)

②陰性の場合、2週間の自宅待機

陽性の場合は(5)の対応

本人の感染が疑われる場合

(4) 本人に症状があり検査を受ける

①特別休暇とする(検査結果が出るまで)

②陰性の場合、通常勤務

陽性の場合、(5)の対応

(5) 本人の感染が確認された

①特別休暇(保健所から指示された期間)

②濃厚接触者の範囲特定し、感染状況を把握

③②の状況に応じ臨時休室の範囲・期間を決める

※ここでの家族は、原則「同居家族」としますが、「単身赴任中に帰省した家族」や「近所に住み、行き来がある祖父母」など濃厚接触の可能性を踏まえ適宜判断してください。


3 その他のお知らせ

新型コロナウイルス感染症に係る留守家庭児童育成室の考え方について(8月25日更新)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟3階 311番窓口)

Tel: 06-6384-1599

Fax: 06-6380-6771