フォトニュース 令和2年(2020年)1月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。   

 

更新日 内容

1月28日(火)

中核市シンポジウム「NATS 0」を開催

1月14日(火)

吹田市消防出初式を開催

1月10日(金)

吹田市新年懇談会を開催


中核市シンポジウム「NATS 0」を開催

シンポジウム中のようす(写真)

 シンポジウムのようす

 

1月25日、大阪学院大学を会場に、今年4月に中核市に移行する吹田市と、隣り合う豊中市、尼崎市、西宮市の市長4人が一堂に会し、府県の枠組みを超えた連携の方法を探るシンポジウムを開催しました。


全国の中核市の数は60市となりますが、中核市が隣接することは珍しく、まして、中核市が4市も隣り合うのは、全国でもこの4市のみです。このような特徴を持つ4市の頭文字を、西から東に位置する順に並べて表現したのが「NATS(ナッツ)」です。


シンポジウムでは、4市の連携について各市長がディスカッションを繰り広げ、職員の人事交流や環境負荷を軽減させるための共通の仕組み作りについて、多岐にわたり意見が交わされました。


吹田市消防出初式を開催

式典のようす(写真)

 式典のようす

 

1月12日、神崎川河川敷で吹田市消防出初式を開催しました。消防職員や消防団員、家庭防火クラブのメンバーなど、合わせて約1200人が参加し、行進や救助訓練、一斉放水などを行いました。


式典では、消防音楽隊の演奏に合わせて、幼年消防クラブ、自衛消防隊、家庭防火クラブなどで編成された徒歩部隊が行進を行ったほか、市のイメージキャラクターのすいたんとガンバ大阪のマスコットキャラクターのガンバボーイが登場しました。


出初式の終盤には、消防車両19台と可搬式小型動力ポンプ14台を使った一斉放水を実施。神崎川の両岸から赤、黄、緑の色水が放たれると、見学者から大きな歓声が上がりました。

電動のミニ消防車に乗り式典の行進に参加するすいたん(写真)

電動のミニ消防車に乗り式典の行進に参加するすいたん

 

一斉放水のようす(写真)

一斉放水のようす(写真奥は色水を使っての放水)

 

吹田市新年懇談会を開催

新年懇談会のようす(写真)

 新年懇談会のようす

吹田市と市議会が主催する恒例の新年懇談会を、1月6日にアサヒビール吹田工場内ゲストハウスで開催しました。


この新年懇談会は、市内で活動する団体などの交流や懇談を目的に毎年行われており、今年は約500人が参加しました。


式辞で後藤市長は、今年、市制施行80周年を迎えることや、4月1日に中核市に移行することについて、「数十年先につながる吹田市のまちづくりにバトンをつないでいきたい」と新年の抱負を述べ、吉瀬議長は「今年は大きな変化の年、節目の年となる。今後も吹田市が住みやすいまちであるように、行政と市議会もなお一層大きな責務を果たしていかなければならない」とあいさつしました。


 

バックナンバー

令和2年(2020年)

[1月]

平成31年(2019年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成30年(2018年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成29年(2017年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成28年(2016年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]