フォトニュース 令和元年(2019年)11月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。   

 

三色彩道が見ごろを迎えています

三色彩道のようす

阪急北千里駅から水遠池(ずいおんいけ)までの様子

 

三色彩道は青山台1丁目から藤白台4丁目まで続く市道千里北公園古江線の愛称で、市民公募により名付けました。道沿いに並ぶトウカエデ、フウ、モミジバフウの葉が春の新緑から秋、初冬にかけて、黄・赤色へと色づく様子を表した名前です。


阪急北千里駅から藤白台保育園、千里北公園の水遠池(ずいおんいけ)へ向かう道は紅葉シーズンを迎え、道行く人も木々の様子を写真に収めながら歩いていました。


付近の道路は駐車禁止です。訪れる際は公共交通機関をご利用ください。また、車道上での写真撮影は非常に危険ですのでご遠慮ください。交通ルールを守り、秋の紅葉を楽しみましょう。

紅葉のようす


 


 

オーロラ市視察団が吹田市を表敬訪問

国立循環器病研究センターで説明を受ける視察団


11月12日(火)、アメリカ合衆国コロラド州オーロラ市の視察団が吹田市を訪れました。ボブ・ラガア(Bob Legare)市長ら21名で構成される視察団は、医療関連施設を中心に全国10か所を視察することを目的に、11月6日~16日の日程で来日しました。


12日に市役所本庁舎を訪れた視察団は、後藤市長・吉瀬市議会議長らに面会後、北大阪健康医療都市について説明を受けました。その後、国立循環器病研究センターへ移動し、企業・大学が同センターと共同研究を行う「オープンイノベーションラボ」や、模擬手術室や模擬ICU室など実践的なトレーニング設備が揃う「トレーニングセンター」を訪問しました。トレーニングセンターでは、同センターと企業により共同開発された3D心臓レプリカを実際に触り、熱心な意見交換が行われました。

ボブ・ラガア市長(左)を迎える後藤市長(中央)、

吉瀬市議会議長(右)

 

オーロラ市視察団と吹田市の集合写真(前列中央左がボブ・ラガア市長)

 

中核市への移行決定

「速報」の配布を行うようす



11月13日、中核市指定に係る政令の公布があり、2020年4月1日から吹田市が中核市へ移行することが決定しました。決定を受けて、吹田市では市役所本庁舎正面玄関など市内3か所で、中核市の移行を知らせる「速報」を配布しました。

 

中核市への移行により、およそ2500の事務が府から吹田市へ移譲され、保健衛生・まちづくりなどの分野において、地域の特性に合わせたきめ細かな行政が可能となります。


中核市について、詳しくはこちら

中核市移行準備室トップページ


中核市決定の横断幕

JR吹田駅とさんくす三番館の連絡通路に掲げた横断幕

 

バックナンバー

令和2年(2020年)

[1月]

平成31年(2019年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成30年(2018年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成29年(2017年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成28年(2016年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]